2017年07月24日(月) 更新

高圧ガス移動監視者を志望する際にまずするべき職種研究

高圧ガス移動監視者の仕事は危険が伴う高圧ガスの輸送監視を行うプロフェッショナル

専門資格の講習と取得で仕事に勤められる

高圧ガス移動監視者とは、その名の通り、高圧ガスを輸送する際に問題がないか確認するものです。タンクローリーなどに乗車して、輸送状況をチェックします。高圧ガス移動監視者は資格名であり、講習と試験に通過して取得する必要があります。高圧ガス保安協会が主催する講習に参加してください。講習自体の参加には条件はありませんが、危険物取扱者などの資格をあらかじめ持っておいた方が受講内容を早く理解できるでしょう。なお、移動監視者は2つの種類があり、すべてのガスを取り扱える「総合」と液化石油ガス(LPG)のみ取り扱えるかの違いがあります。講習を受けたら、全国試験を受けなければならず、問題の正答率が60%以上と認められれば晴れて高圧ガス移動監視者としての一歩を踏み出せるでしょう。

高圧ガス移動監視者のニーズは高く安定して働ける

高圧ガス移動監視者は上記にもある通り国家資格となります。問題があった場合に迅速に対応できる力も必要となりますが、基本的には見守り係としての立場が中心となるので、ドライバーと比べると肉体的な負担は少ないかもしれません。その一方で重大な事故が発生したときは監視者としての責任を問われることになりますので、どんな時も緊張感を持って見守る必要はあるでしょう。自動車社会である限り高圧ガス移動監視者のニーズは求められ続けますので、安定して働けるのは間違いありません。

ガスを運搬する際は高圧ガス移動監視者が必ず同情しなければならないためニーズがある

ではなぜ、高圧ガス移動看視者のニーズは高いのでしょうか。理由は運搬の際に定められたルールにあります。基本的に、高圧ガスなど、事故を起こした際に重大な被害を及ぼしかねない物質に対しては必ず専門知識を持った人を同乗させるよう義務付けられているのです。そのため、運送会社としてもなるべく高圧ガス移動監視者の資格を持っている人を採用しようとするでしょう。もし仕事を始める前からその資格を持ち合わせていれば、一気にその業界で採用される可能性が高まりますし、安定した収入を得られるチャンスでもあります。

高圧ガス移動監視者に向いているのは責任感を持って物事を丁寧に進められる人

すでに高圧ガスの販売店で実務を行っている方は、キャリアアップにピッタリな資格です。では、高圧ガス移動監視者は、どのような性格の方に向いた仕事でしょうか。一歩間違えれば大惨事につながる物質のため、常に細心の注意を払わなければなりません。そのため、責任感を持って、物事を丁寧に進められる方に向いている仕事だといえるでしょう。

高圧ガス移動監視者になるには講習と試験通過が必要だが就職には有利になりやすい

高圧ガス移動監視者について確かめましたがいかがでしたか。その名の通り、危険物である高圧ガスの移動が問題なく行われているかを、同乗して確認する立場です。そのため、責任感が強い仕事であり、無事に到着したときの達成感は確かなものでしょう。運送会社からの需要も多いため、取得後の就職も比較的容易に進むかもしれません。だだし、一定の講習と試験の合格が必要となりますので、あらかじめ自事前に勉強をすることをおすすめします。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント