2016年11月29日(火) 更新

デンマークをインターン先に選ぶ際に活用できる制度

インターンシップとはいわゆる職場体験

インターンシップとは、いわゆる職業体験のことです。実際に就職する前に、インターンシップ制度を利用して仕事上の経験を積んでおくことで、就職後も業務に適応しやすくなるというメリットが得られるのです。そのため、大学生の中にも、インターン制度を利用して、企業で一時的に働く人々が多くいるのが現状となっています。

インターンで卒業後の就職の不安を取り除く

大学を卒業すると、大学院へ進学するか、就職するかを選ぶのが基本です。そのため、新卒で就職する人々も非常に多くなります。しかし、これまで働いた経験が全くなかったという人が、卒業後に突然働くとなると、なかなか適応が難しいケースもあります。不安も大きいでしょう。そこで、有用な制度とされているのが、インターンシップ制度なのです。

インターン先に海外を選ぶケースもある

インターン制度では、必ずしも国内の企業だけを対象とするとは限りません。海外にある多くの国を対象とするケースもあります。例え、日本で長く働きたいという希望があったとしても、インターン制度を利用して、海外の企業で少しでも経験を積んでおくことは無駄にはなりません。そのため、インターンの地に海外を指定する若者も一定数以上いるというわけです。

デンマークは安全なのでインターン先に選ばれるケースが多い

インターンの対象として、デンマークを選ぶ人々もいます。デンマークは、国民の幸福度が非常に高い国だとされていて、過ごしやすい環境であることが特徴となっています。また、治安についても、周囲の国々と比べても比較的穏やかであることから、安全性という面を考慮して、インターン先にデンマークを選択する人々もいます。

インターンでデンマークに行くならワーキングホリデー制度を活用する

インターンの目的でデンマークへ行くと言っても、どういった方法で行けばいいのかについての問題があります。最低限の準備だけでインターンでデンマークへ行っても、ビザがないとなると90日間の滞在しかできません。海外へのインターンの際に便利だとされている制度が、ワーキングホリデー制度です。次はこのワーキングホリデー制度について具体的に説明していきます。

ワーキングホリデーとは滞在の目的等のために就労できる制度

ワーキングホリデーとは、滞在の目的等のために就労できる制度です。この制度を利用すれば、インターンであっても長期間にわたってデンマークに滞在できるため、その点がメリットになります。ただし、デンマークで休暇をとるというのが渡航の主目的である必要があります。また、この制度を利用するためには、専用のビザを取得する必要があるので注意しましょう。ただ、デンマークへのインターンを考えるのであれば、是非活用したい制度です。

インターンでデンマークへ行く際はワーキングホリデー制度を活用すると良い

デンマークをインターン先に選ぶ際に活用できる制度について見ていきました。インターンは、就職後を踏まえても非常に意義があります。ただし、インターン先をどう選ぶかという点は重要なため、慎重になる必要があります。また、ワーキングホリデーの制度を利用してデンマークへ行くという手段をとる場合であっても、生活資金等の準備は前もってしておく必要がある点を理解しておかなければなりません。デンマークへインターンを考えているのなら、必要な物をしっかりと準備して、ワーキングホリデー制度を活用してみましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント