2016年11月29日(火) 更新

キャビンアテンダントの就職に有利な短大を選ぶポイント

キャビンアテンダントには語学力の高さが求められる

キャビンアテンダントといえば、日本国内を就航する航空機の他、海外の諸国家との間に就航された飛行機の担当スタッフとして配属される職業です。このため、飛行機という特性上、外国人の乗客への接客やサービスを行う必要性が高く、こうした特殊な環境から、キャビンアテンダントとして働く人材に対しては、原則として語学力の高さが求められるのが通例だといえます。なので、語学力が養える短大を選ぶのがキャビンアテンダントを目指すにはいいでしょう。

英文科など外国語を学ぶ短大を選ぶのがおすすめ

キャビンアテンダントという職業への就職を目指す上で適している短大としては、英文科を初めとした英語など外国語を授業で学ぶ学科や学部が挙げられます。短大では2年間にわたって学業に専念するため、4年制大学の同学科よりも集中して言語を学ぶカリキュラムが導入されていたり、留学を率先して大学側がバックアップしているそうです。外国語や外国人と触れる機会が多くなるので、キャビンアテンダントという職業に適した短大の学科だと言えます。

特殊な免許があるとキャビンアテンダントの採用試験でアピール材料になる

キャビンアテンダントの採用条件の中に、特定の資格を有している人材を優先的に採用するというものがあります。例えば、医師免許を有している人や看護師免許、保育士免許などの各資格が対象で、こういった特定の資格を有していれば、キャビンアテンダントの採用試験や面接の際に、自身をアピールできる好材料として活用できます。

看護学科や保育学科を持つ短大に通うと就職するのに有利

こうした特定の資格を取得した上で、キャビンアテンダントとしての仕事を目指す就職活動を行うという方法は大変有効です。このため、短大の中で看護学科や衛生看護学科など看護に関する資格取得ができる学科であったり、保育士の資格が取得出来る保育系の学科を持つ短大を選ぶことで、キャビンアテンダントへの就職の際に強みを発揮できます。

キャビンアテンダント養成コースを設ける短大がある

専門的な職業に対する知識や技術を学ぶのを目的に開設された専門学校とは違い、大学や短大では、基本的には職業に関する知識ではなく、学業を学ぶ場所としてこれまで運営されてきました。しかし、近年では特定の大学や短大を中心に、学生から見てより魅力的な要素を演出するため、専門学校的な養成コースを設置するところも増加しており、それらの中には、キャビンアテンダントへの就職を目指した特化コースも登場しています。

キャビンアテンダントに必要な知識やノウハウが習得できる

短大や専門学校を中心に、将来の職業に対する専門的な知識やノウハウを事前に学ぶのを目的に、特定の職業に対する専門学科を併設している教育機関が増加しています。そんな中、キャビンアテンダントという職業に特化した学科やコースを設置する短大もあり、こうしたコースを選ぶことで、学生の段階で既に将来の職業に対する経験や知識を学べるでしょう。こうした学歴は航空会社側にとっても即戦力と判断できるため、就職にも有利です。

キャビンアテンダントの就職には高い語学力や特殊な資格を取得できるような短大を選ぶのがポイント

今も女性を中心に高い人気を持つ職業の1つがキャビンアテンダントです。この職業に求められるスキルとして、英語などの語学力をはじめ、緊急時の対応ができる看護師免許など特定の資格が採用時に遊具されています。こうした点を加味した上で、これらのスキルや資格の取得が可能なコースを持つ短大を選べば、キャビンアテンダントへの道をより有利に進められるでしょう。最近ではキャビンアテンダントへの就職に特化した学科も登場するなど、時代と共に大きな変化を迎えています。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント