2016年11月29日(火) 更新

インターンシップを農協ですることによって得られる知識

農協のインターンシップは短期集中型

近年は農業に興味を持つ若者が増加傾向にありますが、農協ではどのようなインターンシップを実施しているのでしょうか。主に短期集中型で実施されているケースが多く、農協に在籍する職員とともに施設の見学や座談会が行われています。その中で意外と知られていない農協の働き方や業務内容を知ることができるため、インターンシップに参加すると、農協の仕事の具体的な像を描けます。

インターンシップでは農協の仕事に従事する場合もある

基本的に農協のインターンシップでは、座談会やグループワークといった内容で、短期間もしくは1日単位での実施が一般的となっています。その中で営農指導の仕事を体験できるインターンシップも開催されており、実際に農業の仕事に従事することも可能となっています。この場合は数日間にわたって業務を体験するため、現地に宿泊してのインターンシップとなる場合が多くなります。

営農指導者の下でのインターンシップがベスト

農協が実施するインターンシップでは様々な内容が実施されています、中でも農業に興味がある学生であれば、営農指導者のもとでのインターンシップがベストでしょう。実際に農協が行っている仕事で野菜の集荷や施設見学、農家の巡回など体験できるため、インターンシップといえどその価値は計り知れません。農協の仕事は多岐にわたりますが、直接農業と触れ合える内容となっています。

農学部の学生限定が多い

農協のインターンシップで、その中でも直接農業に関わりたいと思う学生がいるかもしれません。しかし対象は農学部に在学する人限定など、参加者が限られているケースが多くなっています。また、インターンシップに参加するために、長靴や手袋といった用具を持参しなければならないこともあり、参加のハードルが高くなっているのも事実です。

農協の仕事の全体像を掴めるインターンシップ

農協の仕事は農業に関連したものが一般的ですが、直接関わるだけではありません。インターンシップでは、農協が行う仕事の実態を把握してもらうために開催している意味合いが強いのです。そのため、1日単位での座談会やグループワークを実施しているケースが多くなっています。農協を良く知ってもらうためにインターンが開催されているため、企業研究や業界研究のために参加するといいでしょう。

共済やローンなどの農協の実態に迫れる

農協はテレビCMでもよく目にする機会がありますが、実際にはどのような存在なのかを把握しきれていないのが大多数でしょう。そこで、インターンシップでは正しく農協のことを理解してもらうための機会として、開催されているのです。農協が行う事業は、非常に多岐にわたるのを初めて知る人も少なくありません。正しい企業の実態を知ることで、他企業への就職活動にも生きてくるため、今後の参考としても参加する価値はあると言えます。

農協でのインターンシップは短期集中型のものが多く実態や仕事の全体像が掴める

若者の農業に対する興味が徐々に増加している傾向にありますが、実際には農協の行う事業を正しく理解して貰えていないのが実情です。そこでインターンシップという機会で農協の仕事や事業内容を正しく理解してもらい、より農業に対する興味を深めていくのを目的としています。そのため短期間開催で行っているケースが多く、正しい企業研究や業界分析を行う意味でも、インターンシップに参加すれば就職活動にも生かせます。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント