2016年11月25日(金) 更新

【履歴書で落とされる…】書類選考の通過率を高めるにはどうすればいい?

根本的なこと!手当たり次第に履歴書を送らない!

失業中の人なんかはとくに、生活もあるので早く転職先を決めたい気持ちは強いでしょう。だから手当たり次第に履歴書を送ってしまうことも多くなります。でもそれ、転職活動が失敗し続ける負のスパイラルに落ちいる要因になってしまうかもしれません。

不採用のせいで自信をなくすと、面接で堂々とアピールできなくなる

手当たり次第に履歴書を送ると、結果多くの企業で落とされてしまい、自己嫌悪に陥ってしまったり、自信を失ってしまったり、気持ちがどんどんマイナスになっていきます。
自分に対する自信を失ってしまうと、面接に進んだときに、極度に緊張してしまったり、ボロをださないよう必死になってしまったりして、適切に自己アピールをすることができません。
そうなると、面接を勝ち取るどころか、少ないチャンスを逃したと余計に自己嫌悪してしまい、どんどん負のスパイラルに陥ってしまいます。

自分に合った、書類選考が通りそうな企業にだけ履歴書をだそう!

自分を精神的に追い詰めないためにも、書類選考を受けるのは自分の適性やキャリアに合った企業だけにしましょう。

書類審査において重要なのは、自分のキャリアにマッチしている企業を見つけることです。
企業としても、無駄は省きたいです。だから、自社の役に立つキャリアを持っていない人は、書類選考で落とします。
なので、数を追い求めるのではなくて、採用の見込みがある企業だけを選んで書類を送ることが重要と言えます

そして、書類選考が通った企業を分析し、なぜ書類選考をクリアできたのか理由を探ることも大事です。
自分の何が評価されたのかが分かれば、それを面接でアピールすれば内定の可能性がアップします。
また、次の書類選考のために作成する履歴書にも活かすことができるので、結果を分析し学んでいくことが重要です。

履歴書の自己PR・志望動機は適性な文字数で書く!

履歴書を記入する際、書式によって自己PRや志望動機を書く欄が用意されている場合があります。この欄は本人のやる気や意思表示をするためのスペースとして、履歴書の中でも特に重要なスペースになります。
そのため、気合を入れすぎて枠内からはみ出そうなほど、いっぱいいっぱいに書いてしまっている…なんてことになっていないでしょうか。
もしあなたが、そもそも注目されている応募者であれば、人事担当者もその履歴書をしっかり読み込んでくれることでしょう。しかし、学歴がそこまで高くない場合なら、少々暑苦しい履歴書に見えてしまいがちです。

自己PR・志望動機欄には250~300文字、もしくは800~1000文字で書く!

そこで、だれが書いた履歴書でも「読みやすい・見やすい」と思わせるために、あまり大きくないスペースであれば250~300文字程度で記入することで、履歴書の見え方がきれいになります。この文字数であれば枠内に2~3行で収まるため、細かい文字にならずに記入することができます。
スペースが大きく、履歴書のページ半分くらいの大きさがある場合には、800~1000文字程度を目安に作成をしましょう。この場合であれば、5~6行で収めることができます。

自己PRや志望動機は履歴書にいきなり書き出すのではなく、一度ワードなどを使用して、本文を作成し、そこから添削、文字数調整といった方法で下書きを作成してみましょう。その下書きを見ながら書き写すことで、行数や文字数が整った履歴書になるでしょう。もし履歴書のスペースで自己PRが不十分と感じたら、その際は面接中に話すとよいでしょう。

特技・資格取得の欄は「書かない」という選択肢を捨てる!

正直に無いものは無いと書くよりも、ここでは少しでもプラスの評価になったり、面接官の興味をひくことを記入したほうが絶対にいいです!

「特になし」と書くのはとにかく勿体ない!

履歴書のフォーマットによっては、項目の中に特技や資格の欄がある場合もあります。資格については、所有していない場合「特になし」でも問題はありません。しかし、保有していないから書かなくてもよいというわけではなく、この欄も自己PRできる大切なスペースです。
例えば、応募企業で生かせる資格を取りたいと思っているのであれば「~の資格取得について現在勉強中」など記入することで意欲を示すことができます。また面接でもその話ができますので前向きな印象を与えることができます。

また、特技についても、これといって誇れるようなものがなくても、これから始めようとしていることや長年やってきたこと、人がやったことがないような事を記入します。
例えば、これから始めようと思っている事柄について、人事担当者が興味あることであったり、経験者である場合であれば、面接中に話が弾む可能性があります。初めて面接をする際にもし共通の話題があるのなら、こんなうれしいことはありません。
そうでない場合でも、自分をアピールできる大切なスペースですので、書かないという選択肢は自分の中で持たず、最低でも20~40文字は書くようにしてみましょう。

書類選考の通過率を高めるにはどうすればいい?まとめ

いかがでしたでしょうか。
履歴書の通過率は一般的に30%ですが、もう一度自分の通過率がどれくらいか振り返ってみましょう。
その中で、「30%に達してないけどどうしてだろう」と思った場合、上記の文字数を目安にしていなかったり、特にない事柄について「書かないという選択」をしていないでしょうか。
履歴書は、人事担当者とあなたが初めてコンタクトをとる大切なツールです。見やすい・読みやすいと思ってもらえるように、丁寧に書くことを心がけることはもちろん、文字数や空白も意識して通過率の高い履歴書目指してください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント