2016年11月29日(火) 更新

インターンシップで学べる空港での仕事内容

空港で働きたい人は航空会社のインターンシップを探す

インターンシップは仕事現場で業務をしたり、意見交換をしたりすることで学生の成長を図る場です。こうしたインターンシップは、企業が自主的に開催しています。したがって、働きたい現場があるなら、そこで業務をしている企業のインターンシップに応募すべきです。もし、空港で働きたいと考えているのであれば、航空会社が主催しているインターンシップを探すべきでしょう。

大手航空会社では学生向けのプログラムを開催している

空港でのインターンシップは主として「航空会社」が開催をしています。航空会社と一言で言っても様々ありますが、大手航空会社では学生向けにインターンシップ・プログラムを開催しています。ただし、全ての会社がやっているわけではありませんので注意をしてください。なお、場合によっては「空港」が主体となって開催しているケースもあります。したがって、空港でのインターンシップは「航空会社」か「空港」のいずれかがあります。

インターンシップ・プログラムの内容は2つの業務で分けられる

空港や航空会社が開催しているインターンシップ・プログラムの内容は、どのようになっているのでしょうか。例えば現場の社員と意見交換をして、空港業務の「安全性の大切さ」を学んだり、実際に現場に出て滑走路で整備作業をしたりしています。こうしたプログラムは企業ごとに異なります。なお、大別すると「グランドスタッフ業務」と「グランドハンドリング業務」に分けられます。

グランドスタッフとグランドハンドリングの業務が学べる

グランドスタッフとグランドハンドリングは、どちらも空港内で行われているサービスです。決定的な違いは、グランドスタッフ業務はお客さんの搭乗受付や搭乗案内をする点にあります。また、グランドハンドリング業務は滑走路に出て航空機を整備したり、手荷物を運んだりする業務になっています。航空会社のインターンシップでは主として、この2つの業務を学べるようです。

インターンシップに参加すると空港で働くイメージが掴める

空港でのインターンシップに応募するかしないかは、学生本人の自由です。しかし、インターンシップを受けて、「働くイメージ」を掴めたり、「就職のモチベーション」になったりします。また現場の声を聞けるので、就職活動で有利になる可能性も少しはあるでしょう。多くの学生は、こうしたメリットを期待してインターンシップを受けています。

必ず就職で有利になるわけではないが経験は大事

空港でのインターンシップを受けていると、採用試験の時に有利になるのでしょうか。結論から言うと、必ずしも有利になるとは言えません。しかし、インターンシップを受けていない学生と比べると、少なからず現場経験を踏んでいることになります。したがって、インターンシップが身になっているのであれば、採用担当の質問に対して、一歩踏み入った答えができるでしょう。

空港のインターンシップではグランドスタッフとグランドハンドリングの業務が学べる

空港のインターンシップについて見ていきました。空港でインターンシップを受けたいのであれば、航空会社が募集を掛けているインターンシップ・プログラムに応募するといいでしょう。また、場合によっては空港自体も募集を掛けているので、こうした応募を見逃さないようにしてください。空港のインターンシップで、貴重な体験を得るといいでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント