2016年11月29日(火) 更新

客室乗務員のインターンで得られるメリットと参加方法

インターンに参加すると就労後のミスマッチを防止できる

インターンとは、新卒での採用に向け、選考の前段階に行われる就労体験です。就職する前に仕事体験をし、実情を知った上で、選考に進むことができる仕組みになります。インターンに参加すると、自身が持っているイメージと、実際の仕事の内容とのギャップを少なくでき、就労後のミスマッチを防ぐ効果があるのです。その期間は、1日から数ヶ月など様々あり、選考の一部としている企業もあります。

客室乗務員のインターンでは選考に有利な情報が得られる

就活生と企業の両方にメリットのあるインターンですが、客室乗務員にもあります。客室乗務員は、キャビンアテンダントという呼び名で親しまれており、花形職業としても有名です。客室乗務員ならではの選考条件があるなど、専門的な選考知識や準備が必要となります。インターンに参加できれば、業務内容や、求められる人物像などの選考に有利な情報が得られるため、客室乗務員を目指す方にとっては、価値のある経験となるのです。

航空業界ならではの情報を社員から伺える

客室乗務員のインターン内容としては、主に「業界説明」「企業説明」「仕事内容説明」「グループワーク」「社員懇談会」「職場訪問」などがあります。内容としては、一般的な企業のインターンと差異はありませんが、客室乗務員や航空業界ならではの情報を、実際の社員から伺うことができるのです。客室乗務員のインターンの場合は、空港内部などの施設見学もあり、就活生にとっては貴重な体験となります。

理解を深めて就職活動に臨むことができる

客室乗務員のインターンに参加すれば、業界研究や企業風土などを身をもって勉強でき、より理解を深めて就職活動に臨むことができます。業界説明や企業説明で、会社側が伝えたい事・求める事を理解できれば、選考でのエントリーシートや面接に役立つでしょう。また、インターンに参加した学生への、選考が用意されている場合もあります。志望度が高いのであれば、事前準備を十分にして挑みましょう。

インターン参加に必要なエントリーシートは丁寧に書き上げる

インターンに参加するには、選考に合格しなければなりません。選考の主な内容は、エントリーシートと面接です。まずは、エントリーシート突破が不可欠になります。客室乗務員のインターンは、倍率が高い傾向にあります。そのため、企業研究を十分に行い、志望動機や目的意識を、しっかりと持つ必要があるのです。また、エントリーシートは重要な選考書類です。誤字脱字が無いことはもちろん、丁寧かつ読みやすい文章を心がけましょう。

面接も行われるため質問に対する回答を準備しておく

エントリーシートで合格できれば、インターン参加となる企業は多くあります。しかし、客室乗務員のインターンの場合、面接まで行うのが一般的です。面接前には、エントリーシートで記載した内容だけでなく、その内容から考え得る面接官からの質問を予想しておき、確実に答えられるようにしておきましょう。自分自身の印象や振る舞いから、納得できる内容であるか、一貫した内容であるかを、逐次自問しながら準備する必要があります。訪問時の表情や身だしなみ、挨拶など、面接マナーを順守した振る舞いの練習も繰り返し行いましょう。

選考に役立つ情報が得られる客室乗務員のインターンに参加するにはエントリーシートと面接の対策が必要

ここまで、客室乗務員のインターンについて、概要や選考フロー、選考のポイントについて紹介してきました。強く志望する企業があるならば、いきなり採用選考に進むのはプレッシャーが大きいはずです。インターンはエントリーシート作成、面接、業務体験、社員とのコミュニケーションなど、就職活動から就職後までを短期間で体験できる良い機会です。インターンをうまく活用し、就職活動に役立てましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント