2016年11月29日(火) 更新

派遣社員としてマージン率が低い会社を選ぶ重要性と確認方法

派遣会社のマージン率は20~42%前後

派遣会社のマージン率というのは、当然のことながら会社によって違うところがあります。明らかにマージンが高いところもあれば、とても低いところもあるでしょう。その数字はだいたい、20~42%前後になっています。20%はマージン率として少ないですが、42%はかなり多いといえるでしょう。

マージン率が低い派遣会社に入った方が健全

このように派遣会社によって、20%のマージンのところもあれば、40%のところもあるので、2割くらい違うということになります。それはもし同じ仕事をしているのだとしたら、給料が全然違ってくるでしょう。もちろん、そのマージンの差が営業力の差でもあります。マージンが違う場合でも給料は同じという可能性もあります。しかし、それでもマージン率が低い派遣会社に入った方が健全でしょう。

マージンが20%台なら健全

できれば20%台前半のマージン率のところを狙いところです。しかし、もしそういうところで良い仕事を紹介してくれなさそうだったら、マージン率が20%台のところで妥協しても問題はないでしょう。そちらの方がまだ健全といえるので、しっかりとバランスの良いマージンで働けるでしょう。

マージン率は改正労働者派遣法で公開されている

では、マージン率が低い派遣会社に入るためには、どのようにしたら良いのでしょうか。それは決して難しいことではありません。なぜなら、派遣会社のマージン率というのは、公開義務があるのです。改正労働者派遣法でしっかりとマージン率を公開するように決められているので、少し調べればすぐにわかるようになっているのです。

マージン率は就業条件明示書でも確認できる

今既に派遣として働いている、すでに仕事が決まっている、あるいはHPなどを見てもマージン率がどこに書かれているのか見つけられない、派遣会社に聞いても教えてくれないという場合は、自分で調べられます。派遣で働く際には就業条件明示書を渡されるはずです。それを見て、自分で計算をしてみましょう。

自分の身を守るためにもマージン率の確認は大事

就業条件明示書には、派遣料金と働く人の賃金が書かれているはずです。それが書かれていたら、派遣料金から賃金を引いて、出た数字を派遣料金で割れば、パーセンテージが割り出せます。そうしてどのくらいのマージン率か計算していけば、派遣会社が健全かどうかは分かるでしょう。自分の身は自分で守るためにも、マージン率はしっかり見ていくべきです。

派遣会社は改正労働者派遣法で公開されているマージン率の低いところを狙おう

派遣のマージンというのは、高いところは高いといえます。ですから、注意してみていかないとなりません。そうでないと知らず知らずのうちに、自分だけがとても損をしてしまう可能性があります。そうなっては人生が勿体ないですので、しっかりとマージンをチェックして、その率が低いところに入っていきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 21年卒
  • 18年卒
  • 19年卒
  • 24年卒
  • 22年卒
  • 23年卒
  • 20年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

45100 view

おすすめの就活イベント