2019年10月24日(木) 更新

就活で必要な企業への資料請求の方法と情報の活かし方

資料請求では就職したい企業から資料を取り寄せられる

就活のための資料請求は、企業によっても違うので注意が必要です。資料請求というと、一般的には就職したい・関心のある会社から資料を取り寄せ、比較するための企業研究用として資料請求しますが、会社によっては事前に登録をしないと資料を送ってくれない場合があります。企業も立派な会社案内を作成するため相当な経費をかけているでしょう。一部の会社では有料にし、冷やかしの人には送りませんよという意味が込められるケースもあります。

入社したいという気持ちで資料請求をしなければならない

就活に必要な、企業研究のために資料請求をする会社選びは、請求する時期も大事でしょう。早い人は企業に対する本気度をアピールするため、また本命は別で流れを確認する練習用として、2年次や3年次の早い時期に請求する人がいます。しかし、就活の本番の時期には職種や業界が決まり、企業そのものを比較研究するため、入社したいという気持ちが伝わるように資料請求をしなければなりません。

資料請求の方法にはメールや電話などがある

就活のために会社に資料請求する方法はいくつかあります。応募者が多い会社ほどメールで事務的に受け付けていたり、手紙やはがき、電話、直接会社に訪問してきた人に渡したりと様々です。ただメールで事務的と思っていても、企業では備考欄などにしっかりコメントを入れているかチェックしている場合もあるでしょう。いずれの方法でも、真剣さが伝わるように工夫することが大事です。

プレエントリーとしての資料請求方法もある

就活で、プレエントリーという言葉が最近出てきました。プレエントリーは、「企業研究のために情報をもらえませんか?」という資料請求の意味合いがあります。プレですので直接エントリーに関係がないと思わず、アンケートで設問・文字数が多い企業は本エントリーに影響が出ること場合がありますので、アンケートもしっかり記入する必要があります。

適職診断もできる自己分析マニュアル

自分にどんな職が向いているか考える際にやっておきたいのが、自己分析です。でもいざ始めようと思っても、何を参考にすればいいのか解らず、すぐに行動に移せないことがあります。そこでおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプが診断できます。技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

就活の面接などには資料の内容を活かす

就活のために資料請求をして届いた資料をどのように活かせば良いのでしょうか。本当にその会社に入社したいなら、届いた資料からどれだけ読み取れるかが大事になります。会社として採用したい人材像、あるいは他社の資料と比較し違いを明確に理解しましょう。そして、応募書類の志望動機の表現や、面接での対話に影響する内容がたくさん含まれてる大事な資料として活かす必要があります。

資料請求をする時は人柄や熱意が伝わるようにすることが大事

就活のため請求される資料は、企業としては時間と資金をかけて作成しており、さらに配送料をかけて発送されています。本当に必要な人材を集めたい一心で、人件費を含め経費をつぎ込んでいます。本当に必要な人材とは、スキルや技術的なことだけではなく、人間性として当たり前のことを当たり前にできるかどうかも判断材料になるでしょう。資料請求をする時は、届いたときの文章がマニュアル的ではなく、人柄や熱意が伝わるようにすることが大事です。

就活の際の資料請求はメールや電話で行い届いた資料の内容は面接などでしっかり活かそう

求人倍率が改善されたといわれても業界が偏ったりしています。就活のために資料請求をするにもエントリーしなければならない、エントリーさえも受け付けられなかったなど会社により様々です。しかし、企業から送られる資料は自分の一生の仕事につながるかも知れない重要な資料だといえるでしょう。就活では、希望する企業の資料を多く集めて比較をし、自分に合った会社を根気強く諦めずに探し続けることが就活では大事です。思いがけないところから就活のチャンスが出るケースもあるでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント