2019年10月01日(火) 更新

TOEFLの特徴と就活で有利に働く理由

TOEFLの特徴

TOEFLとは非英語圏の人々が英語圏の高等教育機関へ入学する際に英語力を測るための試験です。大学受験の準備に勉強をする英語検定や、社会人になってから、もしくは就活時の英語力の指針とするTOEICなどとはちがい、TOEFLは総合的な英語力を測る試験です。英語検定やTOEICでは高校までの学習と同じくリーディングとリスニングでの点数で英語力を測ります。

TOEFLは総合的な英語力を判断される点が支持される理由

一方、TOEFLではリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングのテストを行いその総合点で英語力を測ります。これによって文章を読むだけなら出来るなどといった、偏った英語力ではなく実際に使える英語力を身につける必要があります。

これは一般的に日本人には苦手とされる分野が入っていることから敬遠されがちですが、TOEFLの勉強をすることで実際に使える、身になる英語力をつけ、就活の準備をすることが出来ます。

TOEFLが就活に有利な理由

TOEFLのテストでは海外の大学や大学院などの高等機関で使えるように専門的な知識の内容のトピックを学んでゆきます。これによって見地を広げることができます。そして、TOEFLは実用的な英語であるために就活時に自分は海外で働く意思があることをしめし、このグローバル社会でいかに戦力になるかを示すことが出来ます。

TOEFLは海外で働く意思を見せるアピール材料になる

また、ただの英会話学校で学ぶような形だけの英語ではないために、実際にビジネスの場で使える硬い文句、また、学生生活もその範疇に含まれるためにある程度の緩い言い回しなども学ぶことができ、TOEFLを学ぶことで自国に居ながらにして、初めから海外での生活の準備が出来ます。これは会社に英語教育の初期投資をさせない点でも有利に働いてきます。

あなたの面接力はどのくらい?

面接にてTOEFLをアピールする際、身だしなみやマナーも意識する必要があります。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、面接で高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

TOEFLによって身につくこと

TOEFLのテストの中では読む、書く、話す、聞くといったことだけではなく、どれだけ論理的に考え、整理し言葉を紡ぐことが出来るかも点数に響いてきます。これはただ問題にだらだらと英語で答えればよいのではなく、質問の答えの理由、その事例、そしてその結論と一般社会の中で必要な要素を取り入れながら回答する必要があります。

TOEFLは就活に必要な英語を学べる

これは紋切り型の勉強法しかやってこなかった日本人の苦手とする分野です。そのため、TOEFLの学習を通して英語を学ぶだけでなく就活に必要なクリティカルシンギングつまり、論理的思考を身につけることができるようになります。そして、この論理的思考はプレゼン力や企画の説明など就活後の会社で使える生きた力を身につけることを可能にします。

就活でTOEFLが有利に働く理由=ビジネスの場で生きた英語が使えるというアピールになる!

今回は、就活にTOEFLが有利に働く理由についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

以上のようにTOEFLの学習は就活にとても良い影響を及ぼすだけでなく、その他の英語学習とは違いしっかりと現地で使える、会社で即戦力として使える英語力を身につけることが出来ます。また、現在ではTOEFLを受ける人口は日本では少ないためにそれも就活で有利に働いてきます。是非TOEFLを味方に海外就職を目指してみてはいかがでしょうか。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

いきなり社長面接ルートあり!内定率96%のプレミアム面談で最短即日内定

    ▶名古屋会場へのお申し込みはこちら ※エントリー後「03-5745-0202」より日程調整のお電話を致します。