2019年10月07日(月) 更新

就活に疲れすぎて絶望を感じたあなたへ〜辛い時期を乗り越える5つの方法と3名の体験談〜

就活が辛いと悩む人は多い

就活が辛いときは内定が取れないとき

就活で辛いと感じてしまう原因の多くは、自分が希望する企業から内定を取れないときだと思います。それも就活シーズンが終盤になってしまうと、求人を出している企業の業種も限られてしまい、焦る日々が続いてしまうかもしれません。 一般的に秋になったときが、就活生が焦りやすいしまうシーズンだと言われています。秋になると半分近くの人が1つは内定を保有しているので、“内定が無い”状況の人は自分を追い込みやすくなってしまいます。

就活が失敗続きだと誰にも必要にされてないように感じる

今では40社50社と多くの企業を受ける学生は珍しくなくなってきました。その全ての企業から不採用通知を受けとってしまうと、「就活に失敗した」と感じてしまうかもしれません。そして、「自分は誰からも必要とされていないんだ」と考えてしまう人もいるでしょう。 ですが、決してそんなことはありません。就活で人事担当者が見ているのは、「この人はうちの会社の理念や事業内容に適したスキルを持っているか」です。

新しい企業を受けるのが辛い

企業を受ける前には、ESや面接の対策をしなくてはなりませんよね。このときに、企業研究や求める人物像に対応したエピソードなどを考える必要がありますが、この作業が大きな負担になっているという学生は多いようです。 一番力を入れた企業から落ちてしまえば、なおさら新しい企業を受ける意欲がわかなくなってしまうかもしれません。

就活で何を得られるか考えてみる

就活においてあなたが大切にしたいものは何でしょうか?就活の軸に迷った時に見ておきたいのが「就活の軸作成マニュアル」です。このマニュアルでは、就活の軸の作り方が詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、就活に迷いがある学生はぜひダウンロードしてみましょう。就活は内定を得ることが目的ですが、内定を得て入社した後も自分の選択に自信を持つことで、本当に就活が成功したといえます。ぜひこのマニュアルを活用して、納得のいく社会人生活を送りましょう。

就活に疲れたときは休んでもいい

でも就活自体をあきらめないで

なかには就活が辛いあまり、もう就活をしたくないと思ってしまう人もいるかもしれません。確かに就活は辛いことばかりで、今すぐ逃げ出してしまいたいという気持ちもわかります。 ですが、就活というのが本当はかなり貴重な体験という事を意識したことはありますか?就活をしていると、さまざまな企業の人と出会うことができます。大企業の人事・マネージャークラスの人と出会うことは就活生だと当たり前ですが、社会に出てしまうとなかなかあることではありません。就活を経験することでその人達の考え方を吸収でき、なおかつ社会人としてのステップを踏むことが出来るのです。 就活で経験することは、必ずあなたの今後で人生に役立ちます。今は本当に辛いかもしれませんが、就活を楽しめるようになることが理想ですね。

日本にはまだまだたくさん企業はある

有効求人倍率は1.38倍、企業は圧倒的に人が足りない状況

厚生労働省が発表するデータでは、平成28年9月時点の有効求人倍率は1.38倍となっています。これは求職者よりも、募集している企業の方が多いことを表しているのです。現在は就活生にとって、かなり有利な流れになっているといえるでしょう。 しかしここで大企業を受けてしまうと変わらず応募人数が多い状況なので、落ちる確立は高くなってしまいます。有効求人倍率が高いといっても、その結果を感じづらくなってしまうでしょう。 本当に目を向けるべきなのは中小企業です。中小企業のなかには、かなり働きやすい条件を掲げているのに、知名度がないため全く就活生が集まらない会社もあります。中小企業に対して抵抗があるという就活生は多いですが、企業のことをよく調べてから判断してみましょう。

失恋のように未練はもたないようにしよう

OB訪問やインターンシップに必ず参加。説明会では最前列にすわって積極的に質問。それくらい熱を入れた企業に落ちてしまうと、失恋のようにずっと引きずってしまうかもしれません。その状態だと新しい企業を見たとしても、どうしても過去の企業と比べてしまって本気になれないという人もいます。 もしどうしても行きたい企業があるなら、転職を視野に入れた就活をしてみるのも手です。学生のうちは難しい企業であっても、しっかりとスキルを磨いてから転職をすれば入れることが多いです。自分に足りていないスキルや、その会社で役立ちそうな経験を積んで、最終的に目標の企業に入れるようにするのもいいでしょう。

就活に絶望するあなたが乗り越えるための方法5つ

①就活は自分がどんな生活をしたいのか決めてから

先述しましたが、就活をする前には今後自分がどんな人生を歩みたいのかという目標をしっかりとたてなくてはいけません。 ・自分や家族との時間を大切にしたい。 ・お金をどんどん稼いでいきたい。 ・自分の創作したものを世に出していきたい このように、今後の生活や働き方で自分が「何を望んでいるのか」を探り出してみましょう。そうすればおのずと目標が見えてきます。その目標を達成できる企業で働くようにすれば、応募先の企業を広く見ることができ、不採用となってもモチベーションを落とすことなく就活を続けられるようになります。

②就活は受け身にならないように

どうしても、就活をしていくと「企業が自分を選んでくれるのを待つ」という思考になってしまいがちになります。しかし、そのように受け身な姿勢だとどうしても企業の選考を通りづらくなるばかりか、落ちたときにショックを受けやすくなってしまうでしょう。 就活で受け身な姿勢にならないためには、人事担当者をリスペクトしすぎないことが重要です。応募する企業の社員は、その会社への志望度が高ければ高いほど神聖視してしまいますよね。そのために、選考で萎縮してしまって受け身な姿勢になってしまうことがあります。たとえ大手の企業に勤めている社員だとしても、同じ人間ですし過去には学生だったのです。敬意はもちろん必要ですが、それが行き過ぎて神聖視はしないようにしましょう。

③中小企業の働き方を詳しく知ろう

大企業を中心に就活をしてきた人にとって、「中小企業は全てがブラック企業」という思考になってしまいがちです。しかし、実際にはそんなことあるわけないですよね。中小企業であってもまったく残業がない企業がありますし、逆に大企業でも残業が多く毎日深夜まで仕事をしているところもあります。 確かに大企業と比べて中小企業は制度や給料面で劣る部分もありますが、それに負けない利点もあります。中小企業はすぐに責任の大きな仕事を任せてもらいやすいため、いち早く活躍したいという人にはマッチしています。また、自分の活躍が会社の成長に貢献していることを感じやすいため、やりがいも得やすくなるでしょう。

④内定を取りやすい企業を受ける

就活が辛い原因となってしまっているのは、内定が一つもなく来年の4月からの生活に目処がたっていないからではないでしょうか?そういったときは内定を取りやすい企業を受けて、一つだけでも内定をとってしまうのがおすすめです。 そうすると保険ができるので、気持ちに余裕を持ちながらアグレッシブな就活が出来るようになります。もちろん保険としてとった内定でも、選考時の雰囲気や仕事に対する興味を持てそうならその会社に入社を決めてしまってもいいでしょう。

⑤自分を追い詰める考え方をやめよう

就活に落ちると、「自分の能力が低い」や「もう人生終わった」というような、自分を追い詰める考え方になってしまいますよね。しかし、就活に落ちるのはあなたが“悪いから”というわけではないのです。 もちろん、能力的に至らない部分が評価されなかったということもあるかもしれません。しかし、就活生が一番企業から見られているのはポテンシャルです。そのポテンシャルは企業によって全く違うものを求めていることがあります。仮にあなたが今までの企業から内定をもらえなかったとしても、次の企業ではあなたのポテンシャルを求めていることもあるのです。 そして、同じ業種にこだわって受け続けてきたのなら、あなたのポテンシャルと業界の求める能力がミスマッチを起こしている可能性があります。もう一度自分の能力を見つめ直して、あなたを求める企業が多い業界に変えてみる方がいいでしょう。

もう一度就活を頑張るあなたに!内定のために必要なポイント

「就活は辛い、でもどうしても就職したい」そのようにもう一度頑張ろうと決めたあなたは立派です。企業から内定をとるために重要なポイントを紹介しますので、必ず把握しておきましょう。そうすれば、内定の取得に大きな一歩を踏み出せるはずです。

就活は自分という“商材”を売り込む営業活動

内定をたくさん取得している学生は、企業研究をして企業が求める人物像を割り出し、それに対応した自分のエピソードをアピールしています。つまり、自分を商材として営業をしているのです。 たとえば“パソコン”を必要としている企業に対して、“机”を販売しようとしても買ってもらうことは出来ないですよね?就活もこれと同じことで、まずは企業が必要としている人物を把握する必要があります。その中で、どんな自分はどんな人なのかを示さなくてはなりません。「処理能力が高い」、「体力がある」、「コミュニケーション能力が高い」などの利点を示して、企業に買ってもらうのです。そのためには、商品=自分のアピールポイントをきちんと知っておく必要があります。

発言が型にハマってしまうなら「工夫」を重視しよう

もし、ESや面接で示す「自己PR」や「頑張った経験」が型ハマってしまい、個性を示すことが出来ないと悩んでいるのなら、「工夫」で表現するようにしてみましょう。 エピソードを話すときは、 目標→工夫→結果 の順番で話す事になるかと思います。そして自己PRや頑張った経験ではどうしても「結果」を重視してしまいがちです。しかし実際のところ人事担当は「結果」にそこまで重きを置いていません。一番見ているのは、その人がどんな「工夫」をして「結果」に結びつけたのかということです。これは仕事でも困難にあたったときに、どういった働き方をするのかを見られるためです。目標に対応した自分なりの工夫を応えられるように、考えておく必要があるでしょう。

「第一志望ですか?」と聞かれたら迷わず答えられるように

これは最終面接に近くなると質問されますが、「弊社は第一希望ですか?」と聞かれることがあります。このときに言い淀んでしまったり、「違う」と答えてしまったりすると、選考を落ちてしまう可能性が一気に高くなるのです。 もちろん、嘘をつくことに抵抗がある人もいるかもしれません。しかし、嘘と思ってしまうのは受けている企業に順位を就けているからですよね。就活に望むときにはどの企業に対しても手を抜かずに、100%の志望度で挑んでみましょう。応募する企業をどれも第一志望にしてしまえば、「弊社は第一志望ですか?」という問いにも即座に答えることができるようになります。

もし一人きりの就活が辛いなら専門家に相談を

どうしても就活が辛いと感じるのであれば、就活の専門家に相談してみるのもおすすめです。悩みやストレスを溜め込んだままにしてしまうと、どうしても良い結果には結びつき辛くなってしまうことに。 もし就活について相談するのであれば、就職エージェントを利用してみましょう。就職エージェントサービスを利用すれば、学生一人に対して専属のキャリアアドバイザーがつきます。そのため、友人や家族には相談出来ない内容で合ったとしても話をしやすくなり、より就活に対して前向きな気分になれるでしょう。

就職エージェントを利用すれば負担を半減できる

就職エージェントサービスを利用するメリットは、相談に乗ってくれるだけではありません。就職エージェントサービスは多くの非公開求人を持っており、その求人の内容もキャリアアドバイザーが丁寧に説明してくれます。 そして求人に応募するときには、学生が作成した書類をキャリアアドバイザーが提出してくれるので、学生自身は複雑な手続きをすることがありません。つまり、キャリアアドバイザーが求人選択と書類提出の手間を省いてくれるのです。受ける会社を決めるだけでも相当な精神力を使う就活では、嬉しいサービスになりますよね。

ピンポイントな求人を紹介してもらえる

キャリアアドバイザーが求人を紹介する際には、学生の志向と企業の求めるニーズを考えて選んでくれます。そのため学生と企業が最初からマッチングした状態となるのです。学生にとっても志望動機や自分のアピールポイントを考えやすくなるので、選考対策がかなり進めやすくなるでしょう。

ESや面接に対する指導も充実

ESを作成したり、面接をしたりするときに「自分のやり方は合っているのだろうか」という疑問が湧きますよね。そういった疑問にも就職エージェントは答えてくれます。就職エージェントサービスを利用していると、ES講座や面接講座に参加できるので自分のアピール力を飛躍的に高めることができます。そして受ける企業が決まっていればその企業に合わせて対策を行ってくれるので、選考を受ける不安も緩和されるでしょう。

スピード内定などのユニークな求人が多数

就職エージェントが紹介する求人のなかには、通常の就活サイトでは見つからないようなユニークなものがあります。たとえば、「書類選考なしの求人」「何度でも選考を受け直せる求人」「内定まで2週間のスピード求人」などです。 なかでも内定まで2週間のスピード求人に応募すれば、最短2週間で就活を終わらせることもできます。今就活を続けているのが本当に苦しい人は、とにかく就活を早く終わらせることを目標としてもいいでしょう。他にも求人はたくさんあるので、より詳しく知りたい人は『就職エージェントのサービスを大公開』を見てみましょう。

就活が辛いと感じたらゆっくり休んでもいい。自分なりの目標をもってもう一度頑張ろう

就活が辛いと感じたときの対策と、乗り越えた学生の体験談でした。就活は誰もが苦しんでいます。厳しいことを言うようですが、最終的にその辛さから開放されるには就活を終わらせてしまうしかありません。
もし本当に行動が出来ないほど自分が疲れてしまっているのなら、ゆっくりと休むことがおすすめです。そして心を回復させたら、自分が納得出来る就職を目指すために、上記のポイントをおさえて就活をしてみましょう。きっと今までとは違う就活になるはずです。
ひとりで就活することに限界を感じたなら、就職エージェントを利用するのもおすすめです。あなたの代わりにマッチした求人を選んでくれて、なおかつ内定まで徹底的にサポートしてくれます。ぜひ活用してみてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント