2019年01月31日(木) 更新

ウェディングプランナー志望者必見|志望動機の書き方ポイントを押さえて内定を得る【参考例文有り】

ウェディングプランナーを志望する人はどんな理由を持っている?

キャリアパーク会員の就活生を対象に「ウェディングプランナーを目指す就活生は、その理由を聞かせてください!」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の回答

  • 人の人生に関わる仕事がしたいから。
  • 憧れがあるから
  • 夢を見ている
  • 憧れ

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「ウェディングプランナーを目指す就活生は、その理由を聞かせてください!」

ウェディングプランナーを目指す就活生の多くは、志望する理由をしっかりと持っているということが分かりました。「人の人生に関わる仕事がしたいから」「憧れがあるから」など、ウェディングプランナーならではの仕事内容に大きな魅力を感じているようです。そんな就活生が志望する理由を活かした志望動機の作成方法について紹介しますので、ウェディング業界を志望する方は必見です。

ウェディングプランナーの志望動機の書き方の例とポイント

「ウェディングプランナーになりたい」という気持ちがあっても、いざ志望動機を書くとなると書き方が分からなくて、ペンが止まってしまう事もあるでしょう。志望動機には、書き方にいくつかポイントがあります。ウェディングプランナーの志望動機に書くべき内容と、書き方のポイントを知っておきましょう。なかなか思うように志望動機が書けない人は、書き方を知らないだけです。書き方の例も参考にしていく事で、より志望動機が書きやすくなると思います。今から紹介する、志望動機の書き方の例を頭に入れて志望動機を書いてみましょう。

ブライダル業界の志望動機の書き方①ウェディングプランナーに向いているアピールを

面接官は志望動機から、ウェディングプランナーに見合った人材なのかを見極めます。
そのため志望動機には、自分がいかにウェディングプランナーに向いているのかをアピールする内容を、盛り込む事も重要になります。ただ「こうしてきた」といった主張だけではなく、中身の部分が伴った内容にする事も重要です。

自分なりのウェディングプランナー像をアピール

ウェディングプランナーというのは、お客さまに夢を与える職業です。そのため企業側としては一人ひとりのお客様に対して、丁寧かつ親身になった提案ができる人物を求めています。志望動機では、まずはそういった事ができるとアピールしましょう。ウェディングプランナーとしての経験は、選考に直接繋がりません。自分が思うウェディングプランナーという職業を、アピールしていくことが大切です。

ブライダル業界の志望動機の書き方②ウェディングプランナーを目指した理由を具体的に

ウェディングプランナーの志望動機を固める例として、まず、自分はなぜこの企業に入りたいと思っているのか(思ったのか)を考えてリスト化しましょう。そして、自分の体験(学んだ・頑張ったこと)と結び付けて志望動機を作っていきます。

志望動機はできるだけ素直な気持ちを表した文章で

○なぜ・いつウェディングプランナーを目指そうと思ったのか。
○アルバイト経験や前職などで培った知識や能力など。
○あなたが描くウェディングプランナー像を具体的に。
○自分の性格などが、ウェディングプランナーの仕事に合っていることをアピールする。
○なぜ数ある式場の中で、その式場を選んだ理由。

などを表現できると良いでしょう。しかし、自分を良く見せるだけの文章で、気持ちがすべて伝わることはありません。よって、素直な気持ちを文章に表すことが必要です。

ブライダル業界では親身で奉公する気持ちをアピール

ウェディングプランナーの志望動機では、人の幸せを純粋に喜ぶ心、その幸せのための手伝いができる喜び、お客様へ真心を込めて奉仕する気持ちが必要です。一つ一つのサービスにおいて、真心を持つことが、ウェディングプランナーの仕事で成功するために必要な条件です。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

ウェディングプランナーの志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に志望動機を完成させましょう。

ウェディングプランナーになりたい人に送る魅力的な志望動機の例

ウェディングプランナーを目指している方は志望動機の書き方が分かってきたかと思います。ウェディングプランナーを目指す上で何が重要なのかといった点にも注目して志望動機を書いてみる事もオススメです。ウェディングプランナーの志望動機の書き方のポイントを見ていきましたが、それでも悩んでしまうという人のために、いくつか例を紹介したいと思います。志望動機は誰もが通る就活の壁です。ウェディングプランナーを目指した先輩たちの志望動機例を参考に、自分の言葉で志望動機をまとめてください。

ブライダル業界の志望動機の書き方の例①感動の舞台に関わりたい

元々は音楽や舞台が好きで、感動を提供できる劇団員を目指していました。それから、同じく感動を提供するウェディングプランナーという存在を知りました。
一から構成を考えて準備をして、本番を迎える。そして、幕が下りると式は感動の渦に包まれます。私は、そういった舞台に欠かせない存在として、関わっていきたいと思い、志望しました。

ブライダル業界の志望動機の書き方の例②一緒に喜びを分かち合いたい

私はこれまで、携帯販売会社にて接客業の仕事に4年間携わってきました。
ウェディングプランナーの仕事についたら、新郎新婦様と一緒に喜びを分かち合う事ができ、ゲストの方々にも幸せのお裾分けのお手伝いができるのではないかと思い興味を持ちました。

ブライダル業界の志望動機の書き方の例③自由な発想で要望に応えたい

自分自身の結婚式がきっかけとなり、ウエディングプランナーという仕事に、強い関心を持つようになりました。
現在では、多くのホテルや式場にウエディングプランナーがおりますが、どうしても形式や枠に囚われた、婚礼スタイルを提案しがちのように思われます。
貴社のウエディングプランナーも、形式にこだわらず、常に自由な発想で、お客様の要望に応えるべく結婚式をプロディースされている部分に大きな魅力を感じ、応募させていただきました。

ブライダル業界では魅力的な志望動機を書くように心がけましょう

ウェディングプランナーの志望動機の書き方例はまだまだあります。大変人気なブライダル業界で活躍したいみなさん、魅力的な志望動機を書く事が夢への第一歩です。

ブライダル業界の志望動機の書き方の例④心に残る演出

3年間のウエディングプランナー経験から、挙式や披露宴のプランニング、コスチュームのコーディネート、サイトの監修などに関わってきました。
いままでで一番印象に残っている挙式は、私が初めてプランを手掛けたものでした。式で新婦の手料理をふるまいたいという要望を受け、ホテルと直接交渉し、実現に繋げました。その時に、新郎新婦に貰った「ありがとう」の言葉は今でも鮮明に残っています。
これからも、新郎新婦並びに参列者の心に残るような演出を作っていくために、頑張っていきたいと思います

ブライダル業界の志望動機の書き方の例⑤最高のおもてなしが出来る

私は、前職では販売・接客をしており、それらを通してお客様のニーズに合わせた、サービスを提供することにやりがいを感じておりました。
また、それだけでなく御社では"ハートフルウェディング"というプロの演 奏者をお招きして幻想的で美しい演出も行っていると知り、そのような最高 のおもてなしが出来る仕事に関わりたいと思い、志願致しました。

ブライダル業界の志望動機の書き方の例⑥ドレスに関する仕事で憧れを抱いた

アパレル系の仕事に就いておりましたが、そこでウェディングプランナーの方とドレスに関する仕事をした事がきっかけで憧れを抱きはじめました。

ウェディングプランナーは志望動機の例をコピーするのはダメ

ウェディングプランナーの志望動機例をたくさん紹介しましたが、参考になるものはあったでしょうか。志望動機の例を見て、自分と重なる部分があったかもしれませんが、志望動機の例を丸写ししてしまうようではいけません。志望動機の例として見ていっても、同じものしか書けないようじゃ、ウェディングプランナーを志望する理由が対してないという風にも捉える事ができます。志望動機の書き方の例は、ネットで検索すればたくさん出てきます。面接官も例を丸コピしたくらいの事は見抜いてしまいます。あくまで、ここに紹介した志望動機の例は参考にして、自分の言葉で素敵なウェディングプランナーの志望動機を書いてください。

魅力的な志望動機の書き方と例を参考にウェディングプランナーになろう

ウェディングプランナーの志望動機の書き方と、実際の志望動機の例を見てきましたが、いかがでしたでしょうか。こちらの例を見ていただくと、先輩たちがどんな想いで、ウェディングプランナーを目指したのか分かると思います。ウェディングプランナーを目指す上で笑顔はもちろん大切ですが、それは前提として考えて、お客様が何を求めているのかをよく考えて、いかなければいけないという事も覚えておきましょう。ウェディングプランナーという職業に憧れる人はたくさんいます。そんな中、面接へ進むためには、履歴書の志望動機が人事担当者の印象に残るものでなければいけません。今回紹介した魅力的な志望動機の書き方の例を確認した上で、自分の思いを伝えられるようにしてください。それでも上手く書けないときは例文を参考にしつつ、もう一度チャレンジして憧れの職業を目指して頑張ってください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント