2016年11月25日(金) 更新

インターンシップに行った方がいい理由

インターンシップに行った方がいい理由①:情報の入手

インターンシップに行った方がいい理由の一つ目は、「外からは伺いしれない企業の様子や雰囲気を知ることができる」です。四季報や就活情報誌で手に入る情報はその企業のごく一部、表面的なものだけです。「実際にどんな人が働いていて、どのように仕事をしているのか」は企業の中に入ってみない限りわかりません。インターンシップでは、実際に企業の中に入って働くことができます。現場の生の声や様子や仕事の進め方を体験できることも行った方がいい理由です。

志望度を推し量ることができる

その結果、「やっぱりこの企業で働きたい」という気持ちが強くなるかもしれないし、反対に「この企業は肌に合わない」ということが判明するかもしれません。前者の場合には就活のモチベーションを上げることができるし、後者の場合も貴重な社会経験ができたということで、インターンシップには行った方がいい理由となります。

インターンシップに行った方がいい理由②:志望動機や自己PRの材料になる

インターンシップに行った方がいい理由の二つ目は、「志望動機や自己PRを考えるときの材料になる」です。インターンシップに参加すれば、その企業の雰囲気や仕事内容が参加する前よりも少しは分かります。企業がどのような人材を欲しているのかも見当がつくでしょう。

採用で求められるものを明確にできる

その結果、インターンシップ参加前よりも、採用担当者の気に入る内容にすることできます。たとえば、企業の職場に「こつこつ仕事を進めるタイプの社員」が多いと分かれば、エントリーシートに何と書けばよいのか、おのずとわかるものです。つまり、インターンシップには「採用試験で、自分をどのような人物として採用担当者に見せればよいのか」のヒントがたくさん転がっていることも行った方がいい理由のひとつとなります。

インターンシップに行った方がいい理由③:企業担当者にアピール

インターンシップに行った方がいい理由の三つ目は、「インターンシップで企業担当者にアピールすることで、他の就活生よりも一歩リードできる」です。インターンシップはただの職業体験だから、採用試験自体の評価には影響しないと考えている就活生が多いですが、実は、インターンシップの段階からすでに選考は始まっているのです。というのも、企業はインターンシップで、「就活生がどのように仕事に取り組むのか」を見ることができるからです。

企業側も有望な人材を探している

面接や筆記試験では、実際のところ仕事のできる人材なのかははかりきれません。面接だけで内定を出して、失敗するという苦い経験をどこの企業もしているのです。インターンシップは学生側に企業の様子を知るというメリットがあるだけでなく、企業にとっても有望な学生がいないかを見る絶好のチャンスです。企業には採用試験だけでは見極められない学生の能力を見わけ、また、他の企業に取られないように早い段階で囲っておこうという魂胆があります。

インターンシップに行った方がいい理由は志望企業により近づくことができる点にある

インターンシップに行った方がいい理由として
① 実際の現場から情報を入手できる
② 志望動機や自己PRの参考にできる
③ 企業担当者にアピールできる
の3点が挙げられます。参加する事は、その企業をよく知るうえでも、また他の就活生と差をつけるためにも非常に大切なことです。特に第一志望の企業がインターンシップを実施していたら、必ず応募するようにしましょう。
インターンシップは企業にとっては、採用試験の一つなのです。インターンシップが採用試験である以上、そこに参加しない手はありません。参加しないこと自体、内定のチャンスを一つ逃しているのと同じです。また、企業はインターンシップを一つの「社会経験」としてみなします。採用試験では、社会経験のある学生という評価を得ることができるのです。このような理由があるので、インターンシップには積極的に行った方がいいでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント