2016年11月29日(火) 更新

インターンシップは就職活動で有利?学生が参加すべき理由

そもそもインターンシップとは?

就活を始めることには、みなさんの耳に何度もインターンシップという言葉が入ってくると思いますが、そもそもインターンシップとは何かをご存知でしょうか?

まず初めに、しっかりとインターンシップとは何かについて紹介しますのでおさえておきましょう。

自分の将来に関連のある就業体験を行える制度

インターンシップとは学生が一定期間、企業中などで研修生(見習い)として働き、自身の将来に関連ある就業体験を行える制度となっています。

日本においては、大学本科生では3年次の夏・春の長期休暇中に行くのが一般的とされています。

就職活動本番でのミスマッチを防ぐ目的がある

大学3年の秋頃から本格化する就職活動に先駆けて、実際に就業体験を積むことで、就職活動本番でのミスマッチを防ぐ目的もインターンシップにはあります。

近年、インターン制度を導入する企業がどんどん増えていますので、数年後には「インターン経験は就活生の中では常識」というような日がくるかもしれませんね。

インターンシップが就活で有利な理由①実務を通して自信がつく

学生はインターンシップによって、社会人としての基礎力や社会人としての必要な能力を実践的に経験することは、就職活動において大きな自信につながります。1つの企業へのインターンでも、ある程度のビジネスマナーや業務内容に触れる事ができ、そうした経験を通して得られた自信が就職活動に活かされるのです。

自信はエントリーシートや面接で積極的な気持ちとしてあらわれる

例えば、ビジネスマナーが身に付くのは、就職活動でのセミナーや面接でも大いに役立ちます。また、実践で業務を体験することで、改めて自分の志望動機や企業の強みや弱みも洗い出すことができ、エントリーシートや面接で活かされるのです。

そして自分の志望企業でのインターンシップ経験はライバルに差をつけられたという自信につながるのです。そうした自信は志望企業だけでなく、すべての就活において前向きで積極的な気持ちとしてあらわれるのです。

インターンシップが就活で有利な理由②経験をエピソードにできる

面接のときには必ずインターンシップで経験したエピソードを話せるように、あらかじめ履歴書やエントリーシートに参加した旨を必ず記載しておきます。面接官も1人の人間ですから、インターンに参加したなら、それだけその企業を好きで志望しているというアピールになり、受け入れてくれるでしょう。

面接官の胸に響く現実的な話をする

インターンの経験をエピソードとして話す際は、下記に紹介する3つを意識してみてください。

・募集での仕事内容や、職場の雰囲気と実際に働いてみての感想
・インターンシップによって自分の中で変わった部分は何か
・インターンシップで印象に残ったこと

もちろんこの際に、後ろ向きな発言や、企業を中小するような内容は採用を有利にはしません。デメリットがあったとしても、あくまでそれをフォローしたり、それを改善するような案を述べた上で、「だから自分はこの企業に就職したい」と話せば、とても現実的な声として面接官の胸に響きます。そして就活っを行う上で面接を有利にする事ができるのです。

インターンシップは実務を通してエピソードや自信が持てるので就職活動で有利となる

インターンシップが就職活動で有利となるのか?そして学生がインターンに参加するべき理由について紹介してきました。インターンにも選考があり、エントリーシートや面接を突破しないと参加できない企業もあります。

そんなインターンに参加する事によって、その企業への志望度が高いというPRができますし、なにより自分の具体的な志望動機や自信につながり、今後の就活を有利に進められるようになります。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント