2016年11月29日(火) 更新

亀田製菓の面接の通過率を上げるための対策と回答例

亀田製菓対策:面接は書類選考後の会社説明会のあとに行われる

面接はどこの企業でもある選考です。企業ごとの面接に至る流れと内容をしっかり理解して対策を行いましょう。亀田製菓の面接に至る流れと対策、回答例について紹介していきます。
2016年卒の学生に行われた内容を見てみると、亀田製菓の選考は、エントリー時に提出したコミュニケーションシートと適性アンケートが通過すると、会社説明会が行われます。その後、複数回の面接とSPI適性検査が行われ、内定となります。では、この面接はどのように、何回行われるのでしょうか。

面接は全部で3回程ある

亀田製菓の面接は全部で3回程行われます。1次面接は学生5~6人程に対して面接官1人の集団面接、2次面接と3次(最終)面接は個人面接となっています。SPI適性検査が面接選考とともにありますので、対策をしておきましょう。また、選考にグループディスカッションが行われる場合もあるようですので、こちらも対応できるようにしておくと良いでしょう。

面接では「主体性」など求められる要素を盛り込んだ回答をしよう

亀田製菓のエントリーシートに記載されている質問事項は、「志望動機」や「学生時代に頑張ったこと」といった、亀田製菓に相応しい人間かを窺うような質問がされるようです。亀田製菓は企業を創造する社員に必要な要素として、「分析洞察力」「バランス思考」「主体性」「ポジティブ思考」「創造指向」という5つのキーワードを重要視し、「自ら考え行動して新たな分野にチャレンジできる人」を求めています。ですので、質問には5つのキーワードを盛り込んだ回答をしましょう。
では、実際どのような質問がされ、どのような回答が好ましいのでしょうか。見ていきます。

亀田製菓対策:面接で聞かれた質問例を把握しておく

亀田製菓の面接で、これまで質問された質問例と回答例をご紹介します。面接前に確認して、事前に回答を準備しておきましょう。

【質問例】
①亀田製菓を志望する動機を教えてください。
②学生時代、頑張ってきたことは何ですか?
③今まで生きてきて一番挫折したことは何ですか?
④亀田製菓に対して質問・疑問がありましたらどうぞ。

亀田製菓対策:面接の質問と回答例①

【質問】
亀田製菓を志望する動機を教えてください。

【回答例】
私は、人を驚かせるようなお菓子を開発したいと思い、志望致しました。
昔から人を驚かせることが好きで、大学在学中には大道芸研究会に所属して、身に付けた大道芸を駅前で披露しお客さんを楽しませる活動をしていました。最初は人が立ち止まってくれなくお客さんがいない状態が続いていましたが、雨の日など天気が悪い日も諦めずに続けていると話題になり、お客さんを50人程集めるまでになりました。自分の大道芸を見て驚くお客さんの顔を見ているとやりがいを感じ、もっと人を驚かせてみたいと思うようになりました。
御社は「亀田の柿の種」や「ハッピーターン」などで新しい味を開発して、人々を驚かせている点に魅力を感じています。私はお菓子が大好きなので、今度はお菓子で人々を驚かせたいと思っています。私のこの体験で身に付いた「前向きに考え、諦めない力」を活かして御社に貢献したいと思っています。

亀田製菓対策:面接の質問と回答例②

【質問】
学生時代、頑張ってきたことは何ですか?

【回答例】
大学在学中、私は英語力取得のために尽力しました。
大学では国文学科に所属していたのですが、アルバイト先で外国人の方がおり、その人に英語を少し習っていると興味が湧いてきて、もっと英語を学びたいと思うようになりました。そこで、大学3年生のときに休学して、1年間オーストラリアへ留学をしていました。ただそこで英語を学ぶだけでなく、コミュニケーションをとりたいと思い、アルバイトも行いました。そのおかげで少ししか話せなかった英語が、現地の方と日常会話ができるまでのレベルにすることができました。友人もたくさんでき、現在でも連絡を取り合っています。
この経験で得た「自分から学ぼうという主体性」を活かして、御社に入社した際は自分から進んで業務を行う所存です。

亀田製菓対策:面接の質問と回答例③

【質問】
今まで生きてきて一番挫折したことは何ですか?

【回答例】
今までで一番挫折したことは、大学在学中に所属していた野球部の最後の試合で、マウンドに上がれなかったことです。
私は大学1年生から野球部に所属して、主力選手として活動していました。しかし、大学3年生のとき練習中に足の靭帯を切ってしまい、最後の試合でチームに入れませんでした。私は今までやってきたことが無駄になってしまったと思い、とても悔しい思いをしました。しかし、監督からチームを支えるマネージャーの役割をしてほしいと頼まれ、気持ちを切り替え補佐役として練習に参加するようになりました。徐々に気持ちが慣れてくると、自分が選手だったときにマネージャーにして欲しかったことなどを思い出し、自分から積極的に動けるようになりました。するとチームから感謝の言葉を述べてもらえるようになり、励みになりました。チームは最後の試合で負けてしまいましたが、私はチームの為にできることを考えて動くことの大切さを学びました。

亀田製菓の面接は回答例を参考に「主体性」など求められる要素を盛り込んだ回答ができるよう対策しておこう

亀田製菓の面接の通過率を上げるための対策と回答例を見ていきました。
亀田製菓の面接は、書類選考通過後に行われる会社説明会のあとに選考として行われます。面接の回数は全部で3回程、集団面接と個人面接が行われます。面接で聞かれることはご紹介したこと以外に様々なものがありますが、「志望動機」や「学生時代頑張ったこと」といった亀田製菓に相応しい人材かどうかを伺う質問が多いです。ですので、亀田製菓が求めている「自ら考え行動して新たな分野にチャレンジできる人」をアピールする為に、「主体性」など求められる要素を盛り込んだ回答ができるよう、対策を行いましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【就職浪人をお考えの方へ】卒業後の就活を内定まで徹底サポート!就活支援サービス<マイナビジョブ20’sアドバンス>

    【大阪オフィスで参加の方はこちら】 ※就活相談日時につきましては、この後ご案内するURLよりご予約ください。