2021年08月25日(水) 更新

自動車整備士になるための志望動機

自動車整備士には「機械いじりが好き」などの志望動機が良い

自動車整備士を目指す志望動機で最も一般的なのが、「機械いじりが好き」「自動車が好き」などでしょう。実際に自動車整備士になると毎日機械いじりが続き、細かく繊細な作業も多いです。これらが苦でなく、器用にこなせる人が自動車整備士に向いています。好きな物を仕事にするというのは、とても素晴らしい志望動機だといえるでしょう。

新しいことを学ぶのは苦ではないとアピールもできる

自動車整備士はなるのも大変ですが、なった後も大変です。自動車整備の技術は日進月歩です。常に新しい技術が生まれてくるので、自動車整備士になった後も学び続けなければなりません。機械いじりが好きだという志望動機は新しいものを学び、身に着けることが苦にならないというのもアピールできます。向上心を見せましょう。

自動車整備士になって人の役に立ちたい気持ちも大事

自動車整備士という仕事は機械いじりをするだけではありません。お客様とのコミュニケーションがとても大切な仕事でもあります。お客様の大切な車を整備し、笑顔になってほしいというのも立派な志望動機でしょう。ただ単純に車が好き、機械いじりが楽しいというだけでなく、人の役に立ちたい、笑顔にしたいという志望動機も大切です。

車の整備を通して地域に貢献できる

車は現代の生活にはなくてはならないものです。とくに地方の車社会の地域では、その傾向は顕著です。自動車整備士は、車の整備を通して地域に貢献できる仕事といえるでしょう。このことを志望動機にできます。車を通してコミュニケーションをし、人の役に立ちたい、地域を支えたいという気持ちで自動車整備士を目指すのは、素晴らしいことといえるでしょう。

なぜこの企業で自動車整備士になりたいのかが重要

自動車整備士の志望動機として、機械いじりが好き、人の役に立ちたいというのはとても立派なものですが、これだけではなぜその企業に入社したいのかはみえてきません。この企業のこういう部分に惚れこんでいて、この企業の中で自動車整備士としてどうしても働きたいのだという気持ちがアピールできるようにしましょう。

より具体的な志望動機を考えておく

就職活動をする場合、まず自動車整備士になりたい志望動機を書きましょう。そこに加えて、この企業の自動車整備士にどうしてもなりたいという志望動機も考える必要があります。取扱車種が大型車や高級車が多い、研修制度が充実している、こんな仕事や働き方がしたいといった姿勢をアピールできる志望動機を考えておきましょう。

志望動機が思いつかない時は、ツールを使うのが一番オススメ!

志望度はあっても、上手い志望動機が思いつかいなくて悩んでいる就活生は多いです。「その会社じゃないといけない理由」なんてなかなか思いつきませんよね。

無料の「志望動機作成ツール」を活用しましょう。簡単な質問に答えるだけで、熱意がなくても、強みが伝わり採用したいと思わせる志望動機が完成します。

ぜひ活用して、志望企業の選考を突破しましょう。

自動車整備士の志望動機には「機械いじりが好き・人の役に立ちたい」などを書くと良い

自動車整備士を目指す志望動機はいろいろあります。一般的なのは「機械いじり」や「車が好き」であることです。常に勉強をし、技術を向上させなければならないので、機械に強いことは大切でしょう。また、車を通して人の役に立ちたいというのも大切です。さらに、「この企業のこの部分に惚れこんでいるので自動車整備士として働きたい」という姿勢も重要でしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

女子キャリ面談

    07/31 (14:00~15:00)