2018年10月11日(木) 更新

求められる能力とは?就活を成功させる秘訣

主体的に行動するという自己PRをする就活生は多い

自己PRに、主体的に行動できる点を挙げる就活生は多いです。キャリアパーク編集部が独自にアンケートを行い、学生たちの生の声を集め、代表的な声をまとめました。

質問:自己PRでアピールできる能力としては何が挙げられますか?また、それを効果的に伝える方法としてどのように伝えるのがいいと思いますか?

就活生の回答

私が自己PRでアピールできる能力と考えているのは、主体的に行動する点です。効果的に伝える方法としては、「長く続けてきたことで培われました」「継続したことによってこのような効果が発揮されたのです」という風に話すと、説得力や信憑性が増すと思います。やり続けることはとても大切なので、一回きりのエピソードを持ち出すのはあまりおすすめできません。そして、それらは笑顔でハキハキ伝えた方が良いと思います。自己PRは大体は面接の最初に行われると思うので、第一印象でいかに相手を惹きつけるかが重要だと考えています。

※上記は就活生から取得したアンケート回答をもとに、編集部で表記や表現などを一部調整のうえ、記載しております。

就活生に求められる能力とは

求められる能力①:コミュニケーション能力

円滑に仕事を進めるためには、コミュニケーション能力が欠かせません。コミュニケーション能力とは上手く話す力、話し続ける力だと思っている就活生が多いですが、実は違います。

コミュニケーション能力は「話す力」「聞く力」「読む力」の3つを意味します。もっとも重要なのは話す力ではなく聞く力であり、相手からの質問や要望に的確に答えるために必須です。

求められる能力②:論理的思考力

論理的思考力とは、筋道を立てて物事を考え、論理的に考える能力を意味します。上司や顧客に対して、相手が納得するような説得をしたり、問題の解決策を考える際に必要です。論理的思考力を向上させることで、プレゼンテーション能力や文章作成など、他の能力の向上につながります。説明や文章が論理的であるというのは強みになります。

求められる能力③:主体的行動力

主体的行動力とは、自分から考えて、積極的に取り組む力を意味します。仕事ができる人は主体的行動力があるため、この力がある就活生を採用する企業がほとんどです。
主体的行動力を身につけるには、自分の状況を把握して決断、実行に移すというプロセスを習慣化するのが一番です。

求められる能力④:問題解決力

問題解決力とは、直面した問題の解決策を考える力を意味します。就活生に限った話ではなく、ビジネスシーン全体で問題解決力に欠ける人が多いと言われています。
問題解決力を身につけるには、問題を解決するためのプロセスを知り、実行する必要があります。問題解決のプロセスは以下の通りです。

手順①:問題の本質を把握する
手順②:解決策を考える
手順③:解決策を実行する

問題を解決したエピソードは採用選考で非常に役立つので、問題に直面したときは、このプロセスを実行してみましょう。

求められる能力⑤:ストレスコントロール力

ストレスコントロール力とは、ストレスを我慢する力ではなく、ストレスの発生源に対応する力を意味します。ストレスの原因を解消したり前向きに考える、楽観的に考えるなど、ストレスをコントロールする方法は複数あります。ストレスの原因に対してどう対処し、仕事をするかが重要なのです。

企業から求められる能力がない就活生が多い?

就活の現場では、企業から求められる能力がない就活生が多い、と度々言われています。企業の求める能力を把握し、自分はその能力がある人材であるとアピールするのが王道の就活方法ですが、なぜ企業の求める能力がない就活生が多いと言われるのでしょうか?

主体性・粘り強さ・コミュニケーション能力不足の就活生が多い

採用担当者目線で見ると、主体性のない就活生が増えているようです。主体性がないと、粘り強さがなく個性が発揮できません。コミュニケーション能力の不足と採用担当者に判断される可能性もあります。社会人基礎能力を上げ主体性をしっかりと持ち、就活に挑みましょう。

一方で就活生は技術やスキルが不足していると考えている

一方で、自分自身には技術やスキルが不足していると考えている就活生は多く、企業の求める社会人基礎力はあると思っています。
企業と就活生の間にあるこのギャップに気づかなければ、就活は成功しません。当然、技術やスキルはアピールポイントとなりますが、それ以上に就活生が求められる能力とは社会人基礎力なのです。技術やスキルよりも、社会人基礎力を身につけ、アピールしましょう。

企業から求められる能力をアピールするときの注意点

企業から求められる能力をきちんと把握したら、次はどのようにアピールするかを考えますよね。能力をより効果的にアピールするためにも、アピールするときの注意点をおさえておきましょう。

コミュニケーション能力は面接を通じてアピールするもの

まず「強みはコミュニケーション能力です」と言うのは避けた方がいいでしょう。就活生が求められる能力として、コミュニケーション能力を挙げてきましたが、自己PR文などで明言すると逆効果になる可能性があります。
コミュニケーション能力は面接を通じてアピールするものと考えてください。面接官の話を真剣に聞く、質問には的確に答えるなど、面接での態度でいかにアピールできるかを考えてください。

スキルとマインドを混同しない

「スキル」と「マインド」を混同してしまい、就活が進まないと悩む人は少なくありません。スキル、すなわち能力はこれまで説明してきた通りです。マインドとは、思考様式や行動様式を意味します。たとえば「責任感がある」「情熱的」「常に冷静」「成長意欲が強い」「目的意識が強い」などです。
マインドをアピールするのも大切ですが、「自分には強みがないから」とマインドだけをアピールする就活生がいるのです。企業は能力を重視しているので、マインドだけをアピールしないよう注意しましょう。

求められる能力をアピールするには

最後に、求められる能力を効果的にアピールする方法を紹介します。企業から求められる能力があっても、効果的にアピールできなければ選考から落ちてしまいます。求められる能力を効果的にアピールするには?

能力があると裏付ける具体的なエピソードを盛り込む

アピールするときは、能力があると裏付ける具体的なエピソードを盛り込む必要があります。ただ「問題解決力が強みです」と言っても説得力はありません。採用担当者を納得させるために、裏付けとなる具体的なエピソードを盛り込んで、能力があるとアピールしましょう。
たとえば「私の強みは○○○です。この強みを活かして○○○という結果を出しました」というようにアピールすると好感を持たれます。

能力を活かして企業にどう貢献するかを書く

採用担当者は自社に貢献してくれる人材を採用したいと考えているので、能力を活かしてどう企業に貢献するかを明確にすべきです。求められる能力がある→裏付けとなるエピソード、というように説明したら、最後にその能力や経験を活かしてどのように貢献するかで締めましょう。
そうすることで、採用担当者は「自社に貢献してくれる」「自社で活躍する人材」という印象を持ちます。そう思ってもらうために、自分の適正やタイプを知っておくことは重要です。この自己分析シートを使えばあなたがどのタイプの職業に向いているかを診断することができます。自己分析シートで自分のタイプがわかったら、どのように企業に貢献できるかを伝えると良いでしょう。

企業から本当に求められる能力を把握して効果的にアピールしよう

企業が求める能力と、就活生が求められると考える能力にはギャップがあります。企業から本当に求められる能力を把握し、効果的なアピールを考えるのが就活を成功させる秘訣なのです。
求められる能力、すなわち社会人基礎力を身につけるのは、難しいことではありません。日頃から意識して身につけ、就活に備えましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント