2016年11月29日(火) 更新

公務員試験の面接でよく聞かれる質問と対策

公務員試験の面接で有効な対策は?

公務員試験の面接で聞かれる質問は、自治体や公務員試験の種類により異なります。大体の場合は専門知識を問うものではなく、志望動機や自己PRについて問われるものになるでしょう。
それを踏まえたうえで、有効な対策を考えていきましょう。

面接における基本マナーの習得は絶対!志望動機は明確にしておこう

上記の点から考えて、公務員試験の面接に有効な対策としてまずは、面接前に自分の志望動機やアピールポイントを明確にしておくという対策だといえます。
また、公務員面接では、あなたの常識力や礼儀作法も試されるでしょう。面接室への入室・退室時の立居振舞や、質問の受け答え時の言葉遣いなども面接の評価に影響します。答えの内容ではなく、立居振舞がなっていないという理由で低い評価をつけられるのはもったいないですよね。対策として、面接前には模擬面接や就活セミナーに参加し、面接時の基本的な作法やマナーを習得しておくのが大切です。

公務員試験の面接対策①:志望動機

公務員試験の面接で代表的な質問の一つが、志望動機を問うものです。
面接では
「どうして、公務員になりたいと思ったのですか」
「公務員になったら、どのような仕事をしたいと思っていますか」

こういった質問は必ず聞かれます。志望動機については、どのような形で聞かれてもすらすらと答えられるように、事前に対策をしておきましょう。

志望動機はできるだけ具体的に答えるのが大切

志望動機に関しての質問で気を付けたいのは「抽象的な答えをしない」といった点です。例えば、志望動機を問われて「住民のためのまちづくりをしたい」というような答えだと抽象的すぎるでしょう。一口にまちづくりといっても、その内容は様々だからです。
まちの再開発を指しているのか、それとも防災・防犯対策をして安全なまちづくりをしたいのか。住民とは高齢者か、それとも子育て世代なのか、この答えからでは全く分かりませんよね?志望動機を答える際には、できるだけ具体的な内容を答えられるように準備しておきましょう。

公務員試験の面接対策②:長所・短所・アピールポイント

公務員試験の面接でよく聞かれる質問として挙げられる2つ目の質問が、長所・短所やアピールポイントを問うものです。

「あなたの長所・短所を教えてください」
「あなたのアピールポイントは何ですか」

といったような形で聞かれます。面接でこの質問が出た時の答え方のポイントは「長所はしっかり、短所は控えめに説明する」というものでしょう。特に短所の答え方は重要になりますので、しっかりと答え方の対策をしておいてくださいね。

面接では長所も短所もアピールになることを答えるべき

面接で短所を聞かれて、正直に答える必要はありません。短所を答える際には、聞きようによっては長所になるような短所を挙げるのが大切です。
たとえば「私の短所は、融通がきかないことです」といった答え方をしたら、聞きようによっては、その短所は「ルールを守る・正義感が強い」という長所に変わります。公務員の中でも警察官などの採用試験では、この短所は短所となりません。このように、短所を答えるときには、長所ともとれるものをアピールとして答えるのが大切だと知っておきましょう。

公務員試験の面接においてマナー対策は絶対!志望動機や長所・短所は聞かれるので準備をしておこう

公務員試験の面接では、とにかく常識に適った振舞をするのが対策となります。また、自分が「市民・住民のために真面目に働ける人間」である点を面接官にアピールするのが肝心です。
公務員試験の面接では民間企業の面接のように、個性をアピールする必要はありません。突拍子のない質問をされるパターンはほとんどありませんので、過去の面接の内容を調べるなどして、事前の対策をしっかりしておくと面接本番で必要以上に緊張せずに済むでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント