2018年11月26日(月) 更新

志望動機を企業理念への共感にする際の注意点と例文3つ

6a0ed8043a8a1688

この記事の監修者

キャリアアドバイザー

赤塩 勇太

大学を卒業後、新卒で採用コンサルティング会社に入社。キャリアアドバイザーとして、1,000名以上の就活生に対してキャリアセミナー、面談を実施。その後、採用コンサルタントとしてクライアントの採用課題の解決に従事。法人・求職者双方の目線から、適切なアドバイスを提供している。

志望動機を企業理念への共感にするのはあり?

志望動機は、就職活動の面接で必ず聞かれる質問のうちの1つです。さらに言えば、面接が始まり、自己紹介をした後に真っ先に志望動機を聞かれることもあるほどに重要な位置づけにあります。面接で最初に聞かれる質問であるからこそ、採用担当者にいい印象を残すことは大切ですが、安易な回答を行っては却って悪影響が残ってしまう危険性もあります。安易な回答を避ける上で、企業理念に共感するのはいい回答になり得るでしょうか。

根拠があればあり

志望動機に、企業理念への共感を持ってくることは安易な回答になる可能性があります。しかし、説得力を持たせるような根拠をしっかりと盛り込むことで、企業理念を志望動機に入れても問題はありません。むしろ、根拠を持って企業理念に共感出来ていれば、採用担当者からの評価は高まります。
就活での選考全てに言えることですが、根拠を持った回答を求められることになります。何となくやフィーリングといった理由は、就活では一切通用しないことを肝に銘じておきましょう。言い換えれば、根拠を示し、採用担当者を納得させることが出来れば、あらゆる面接を通過出来る可能性を持つことが出来ます。志望動機でも同じことが言えるので、根拠をしっかり考える時間を用意しましょう。

共感だけで終わらせるのはNG

企業理念に共感することが大切なことは、就職活動を行っている学生の誰しもが理解しているでしょう。そのため、口だけであれば、誰でも何とでも言えてしまうことを採用担当者は理解しています。だからこそ、採用担当者は、実際に企業で働くことを想定した時に、口だけの就活生の共感はすぐにメッキを剥がすことが出来ます。企業が持つ企業理念を達成することは生半可な道のりではありません。その道のりを一緒に進めるほどの根拠を示すことで、始めて企業理念に共感していると言うことが出来ます。
企業理念に共感していることは、その企業で働くための理由にはなり得ません。理念に共感しているのであれば、その企業を応援している立場に過ぎないとシビアに考えておきましょう。企業理念に共感した上で、自分が入社することで企業理念の達成に近づく可能性を見せましょう。

志望動機を企業理念にするなら入れたい項目

①実体験

企業理念に共感している根拠の1つとして、実体験を入れるという方法があります。実体験を共感への根拠にすることで、誰にも真似できないオリジナルの志望動機が出来上がります。就職活動では、他の就活生と比べた時に、いかに自分が違っているかを示すことも大切なので、実体験は面接でのアピールには打ってつけです。企業が掲げる理念と実体験を照らし合わせ、企業の理念達成のためには、自分も貢献できるという回答の構成を行いましょう。一点注意するべきことは、志望動機として企業理念に共感していることを忘れないようにした方がいいということです。実体験を長く話してしまうと、肝心の志望動機である企業理念への共感の内容が薄くなってしまうことがあります。

②仕事への意欲

企業理念は、ただ漠然と掲げている訳ではありません。企業が、社会に対して果たしたいと考えていることを文言として残しているものです。そのため、その企業に所属している社員は、企業理念を基にして日々働いていくことになります。そういった意味では、企業理念に共感し、それが仕事への意欲へと繋がる根拠を志望動機に入れることで、志望動機として納得感を持たせることが出来るようになります。企業が持つ理念と日々の仕事を関連して考えることが出来る就活生は、将来的にも長く働いてくれる期待感を持ちやすいです。そういった意味でも、企業理念へ共感する中で仕事への意欲を根拠とすることは、志望動機として評価しやすいです。ただし、この仕事への意欲と企業理念が乖離しないように注意しましょう。

③企業研究した情報

企業研究の大切さは、就職活動を行っている中で何度も痛感することになります。しかし、なぜ企業研究をするべきなのかの理由づけはしっかりと出来ていないことも多いです。企業研究は、企業理念への共感のための根拠として活用することが出来ます。企業理念は、企業としての活動のすべての基になるべき行動原理です。そのため、企業研究として企業の情報を集めれば集めるほど、企業理念の意味が分かるようになるはずです。そして、この企業研究の結果として得た情報を根拠として、企業理念に共感したと言えば、採用担当者は否定のしようがなくなります。
しかし、企業研究で集めた情報は、あくまで情報でしかありません。共感を示すためには、自分なりの推測や仮説などの考えも志望動機の一部として入れましょう。

企業理念への共感を志望動機にする注意点

企業理念と自己PRを乖離させない

考えるのが難しい志望動機なので、とりあえず企業理念に共感しておけばいいだろうと考えると思わぬ落とし穴にはまってしまいます。それは、面接を受けている企業の企業理念と自己PRに乖離が生まれてしまうような場合です。人間と同じで、企業にも個性があります。そのため、それぞれの企業で企業理念も全く違います。人間同士で、性格が合う合わないがあるように、企業と就活生も合う合わないがあり、企業理念と自分の性格や信念がかけ離れていることもあるでしょう。このような違いが見られた時には、採用担当者はなぜ企業理念への共感を志望動機にしたのか疑問に残ります。企業理念を理解し、自己PRと矛盾が生じるようであれば、志望動機として理念への共感とするのは自重した方が無難な判断でしょう。

ホームページを羅列したアピールはNG

企業は、インターネットに自社のホームページを持っています。そして、ホームページ上では、企業理念を始めとした各種情報を掲載しています。就職活動で面接を受けるためにも、企業のホームページの情報をチェックするのは、面接で高評価を得るためにも必ず行う必要があります。しかし、ホームページの情報だけを確認して、そのまま企業理念への共感としてアピールするのはお勧め出来ません。なぜなら、就活生がホームページを見て得た情報以上に、採用担当者は自社の情報を頭に入れているという事実があるためです。この情報量の差は、当たり前ですが天と地ほどの差です。そのため、ホームページの一部の情報だけを切り取っても、採用担当者は見抜くことは簡単です。情報を確認することはもちろん大切です。しかし、情報を羅列するだけでなく、自分なりの解釈を何よりも大切にしましょう。

企業理念と自社商品をかけ合わせるのは危険

企業理念と企業の商品を掛け合わせるのは、面接での採用担当者からのいい評価を得辛い可能性が高いため、危険な回答です。あくまで、消費者やユーザー目線ではなく、商品を提供する側に立った発言の意識を、面接では見せるように心がけましょう。提供者の目線を意識した方がいい理由は、面接という場は、その企業でこれから働くことを目指していることを示す必要があるからです。その企業の商品と企業理念を重ね合わせて共感しても、それは就活生として企業で働くためには、必要のない視点です。もちろん、その企業が提供する商品のことを消費者として知っていることも、面接では大切なことです。しかし、企業理念への共感として、志望動機には盛り込むことで、話の筋が立てづらくなります。もし、企業理念と商品を掛け合わせるのであれば、提供する側としての視点を意識しましょう。

採用担当者は志望動機を企業理念にしている人をどう見る?

採用担当者の心に届けば内定の可能性はグンと上がる

志望動機に「企業理念・経営理念に共感しました」と書くことは、言うならば諸刃の剣ということでもあります。中途半端に「理念に共感した」とだけ書かれても説得力がありませんし、言うならば土足でズカズカと入り込まれるような印象を受けてしまいます。
その企業理念あるいは経営理念の元に、何年も働いている採用担当者の気持ちを考える必要があるのです。しかし、自分なりに企業研究をきちんとして「どういう経緯でその理念に至ったのか?自身の経験やキャリアプランとどう重ねていくことができるのか?」など、この辺りを武器に採用担当者の心を撃つことができれば、内定の可能性は上がるでしょう。

第一志望ではないと思われる

就職活動を行う上で、第一志望の企業に絞らずに複数の企業の選考を受けることが普通となっています。しかし、就活生の中で企業ごとの優劣がある以上、志望動機の考えやすさも違います。本命の企業であれば、いくらでも志望動機が思い浮かぶが、保険として受ける企業の志望動機は浮かび辛いと考えてしまいがちです。そのため、第一志望の企業以外の志望動機は似たようなものに成りやすい傾向にあります。特に、志望動機として企業理念に共感したという回答は、就職活動に関する情報媒体では鉄板として紹介されているので、就活生も参考にしやすい現状があります。そのため、採用担当者からしても、企業理念への共感を志望動機にする学生は、自社が第一志望ではないと勘繰ることになります。本当に第一志望であるかどうかは、少し質問を繰り返せば容易に見抜けてしまいます。

企業研究が浅いと思われることも

企業理念は、企業が提示している情報の中でも真っ先に紹介されます。そのため、多くの人の目に止まります。このことから、企業理念に共感していることを志望動機にする場合は、簡単な企業研究しか行っておらず、分かりやすい情報に飛びついた可能性があると思われることがあります。企業研究を徹底的に行っていれば、企業理念に共感している中でも他の情報も盛り込まれていることが自然です。しかし、他の情報があまりにも少ないようだと、浅い企業研究しかしてないと疑わざるを得ません。

企業理念に共感した志望動機例

①実体験を盛り込む

私は、「日本の食事の素晴らしさを世界中に」という企業理念に共感したため、御社を志望しました。日本の食生活は、世界でも屈指の素晴らしさを持っていると私は考えています。実際に、父の仕事の都合で他のアジアの国で生活している時や、アメリカでの留学経験時にこのことを実感として経験しました。日本では、いつでも安心で安全な食品を食べることが出来ます。しかし、それが当たり前ではない国もあると考えています。就職活動を始める際に、この実体験を基にして、仕事をしたいと考えていました。そして、御社の企業理念を知り、共感することが出来ました。私も、御社の一員となり、日本の食事を世界中に届けることに貢献したいと考えています。

②仕事への意欲を盛り込む

「消費者と仲間に感動を」という企業理念を持つ御社は、仕事を行うための環境としてこれ以上ないと考えています。そのため、私も御社で働くことを通して、企業理念を体現できるような人間を目指したいと考えています。企業は、消費者だけでは存在出来ません。また、社員だけでも存在することが出来ません。双方の存在があることで始めて、企業としての存在が生まれると私は考えています。そして、どちらにも感動を届けようとする企業で、働くことは何物にも得難い喜びがあるのではないかと思います。私も、消費者に感動を届けると同時に、仲間にも感動を届けるような仕事をしたいです、これは、簡単なことでないことを承知しています。しかし、それでもこの経営理念に挑戦してみたいです。

③企業研究の情報を盛り込む

私は、「楽しさを、追求」という企業理念に共感したため、御社を志望しました。御社の行っている事業では、一貫して消費者に楽しさを届けることが徹底されているのは、何よりも魅力的であると考えています。特に、事業によって、あまり利益が出ないような部門でも、楽しさの可能性があるものは、限界まで行いたいという企業の姿勢は、簡単に真似出来る考え方ではないと感じました。企業が、本当に価値のあることを消費者に提供するためには、無理をしてでも目標を達成する気概が必要であると考えています。御社が行っている事業を見ていても、楽しさの追求という経営理念の基に全力を尽くしている姿勢を伺うことが出来ました。私も、企業理念の達成のために、限界を超えて貢献したいです。

志望動機に企業理念を入れるなら「実体験」「仕事への意欲」「企業研究」にも触れよう

志望動機に企業理念への共感を入れるのは、簡単なことではありません。なぜなら、本当に共感しているかどうかは、採用担当者が少し質問を重ねれば簡単に見抜くことが出来てしまうからです。しかし、だからと言って、意図的に企業理念への共感を志望動機にしてはいけない訳ではありません。採用担当者にも納得してもらえるような根拠を示すことで、共感していることを伝えることが出来るからです。「実体験」「仕事への意欲」「企業研究」にも触れることで、志望動機への共感の根拠としましょう。

6a0ed8043a8a1688

キャリアアドバイザー|赤塩 勇太

企業理念から仕事において求められるものを考えよう

企業理念においては表面的に知っておくだけでなく、その理念のもと「どのような事業展開を行なっているのか」「どんな歴史・背景からその理念が生まれたのか」「どんな仕事が求められるのか」など、深掘りして理解しておく必要があります。日頃から考える癖付けを行なっておきましょう。

登録必須!おすすめ就活サイトランキング5選

50dd77d86e3fca37

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

「IT×会計」で企業をサポート。グローバルに活躍する企業の説明選考会
  • 2019年卒
  • 会社説明会

「IT×会計」で企業をサポート。グローバルに活躍する企業の説明選考会

  • 開催場所: 東京都, 大阪府
  • 開催日時:  2018.02.13 12:00 ...

グローバルに活躍しているIT企業から、IT業界を学ぶ。これからの社会に必要不可欠な「IT×会計」を提供する企業です。

40026 view

販売部数3000万部超えのビジネス書『7つの習慣®』を無料で学べる特別インターン
  • 2020年卒
  • インターン説明会

販売部数3000万部超えのビジネス書『7つの習慣®』を無料で学べる特別インターン

  • 開催場所: 東京都, 大阪府, 福岡県, 広島県
  • 開催日時:  2018.06.12 20:00 ...

販売部数3000万部を超えたビジネス書のノウハウを、無料で受けられる特別インターン!

24145 view

【広告・マーケティング志望者必見】ネット広告トップクラス企業「オプト」のキャリアパーク限定選考会
  • 2020年卒
  • 会社説明会

【広告・マーケティング志望者必見】ネット広告トップクラス企業「オプト」のキャリアパーク限定選考会

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2018.11.18 12:00 ...

インターネット広告のトップクラス企業である株式会社オプトの選考会!

13614 view

もっと見る

おすすめの就活イベント