2019年01月30日(水) 更新

就活で使える上手なキャッチフレーズとは~笑顔・思いやりなど自分の魅力を履歴書・ESで効果的に伝えるコツ~

6a0ed8043a8a1688

この記事の監修者

キャリアアドバイザー

赤塩 勇太

大学を卒業後、新卒で採用コンサルティング会社に入社。キャリアアドバイザーとして、1,000名以上の就活生に対してキャリアセミナー、面談を実施。その後、採用コンサルタントとしてクライアントの採用課題の解決に従事。法人・求職者双方の目線から、適切なアドバイスを提供している。

就活生は自己PRの書き方に悩んでいることが多い

就活生の皆さん、に自己PRの書き方で悩んだ経験が少なからずあるようです。キャリアパーク編集部が独自にアンケートを行い、学生たちの生の声を集め、代表的な声をまとめています。

質問:エントリーシートを企業に提出する際に悩んだことと一番気を遣った部分、その理由を教えてください。(封筒、宛名、学歴、資格欄の書き方)

就活生の回答

エントリーシートを書く際、弱み・強みを含めた自己PR欄にするのが大変でした。それは、評価がアップするのではないかと思い、強みばかりを強調させてしまったからです。他に悩んだ部分として、表現方法は自由と記載されていた点です。自由だからこそ、様々な工夫が必要なのではないかととも考えてしまいました。作成する際に一番気を遣ったことは、誤字脱字がないか、文字は読みやすいか、文章はまっすぐかけているか、などをチェックすることです。一枚別の紙に下書きをしたうえで文字の配分を見るようにし、清書の紙には定規で線を引き文字が曲がらないようにしました。理由は、エントリーシートは見た目の美しさも大切だと聞いたからです。

※上記は就活生から取得したアンケート回答をもとに、編集部で表記や表現などを一部調整のうえ、記載しております。

就活生は自己PRで使えるキャッチフレーズを持っている?

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「あなたなら自己PRでどのようなキャッチフレーズを作りますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • 理解力
  • 努力家
  • どんな状況でも仕事を投げ出しません
  • 計画力

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「あなたなら自己PRでどのようなキャッチフレーズを作りますか?」

このアンケートの結果から、それぞれにおいて自分の強みを理解して、それをキャッチフレーズとして持っている就活生はいるようです。
「理解力」や「計画力」など、自分が有している他の就活生より秀でた長所をキャッチコピーとしてアピールする傾向にあるようです。
以下では、一味違った就活で使えるキャッチコピーの作り方について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

キャッチフレーズとは?

「キャッチフレーズ」とは短い文言で上手く物事を表したり、購入意欲を煽る言葉となります。有名な例としては「そうだ、京都に行こう」「早い・安い・うまい」などが挙げられます。この就活の自己PRで上手く応用できれば、面接官に自分を強く印象付けられるでしょう。 ここでは、キャッチフレーズの作り方と、自己PRやESに活かすコツについて紹介します。はじめに、キャッチフレーズとは具体的にどういったものなのか見ていきましょう。何気なく使っているキャッチフレーズの見方が変わるかもしれません。

人の心を掴み注目を高める言葉

キャッチフレーズとは、人の心を打ち、人の関心を呼び、注目度を高める言葉の意味を持ちます。主に商品の広告、映画や作品の告知、宣伝などの文章にキャッチフレーズは使われます。ダラダラと特徴などを書き連ねるのではなく、短く覚えやすいものが多いのもキャッチフレーズの特徴だといえるでしょう。

商品の印象を決め売れ行きに影響する

キャッチフレーズが商品の印象を決め、その出来不出来が商品の売り上げに影響するとまで言われています。つまり、キャッチフレーズが良ければ、商品はヒットするといっていいほど重要視されているのです。 就活においても、キャッチフレーズは自身を企業に売り込む際に活用できるでしょう。しかし、いざ作ろうと思ってもなかなかいいアイディアは出てこないものです。どのように作れば良いのでしょうか?そのコツなどや作り方などを見ていきます。

キャッチフレーズが就活で必要な理由

就活で使える上手なキャッチフレーズをつけるためには、そもそもなぜキャッチフレーズが必要なのか、その理由を知っておくことも大切です。キャッチフレーズは企業から求められる場合もありますが、すべての企業で求められるわけではなく、必要がない場合もあります。しかしキャッチフレーズを持っておくことでプラスに働くことは多いですし、就活を有利に進めるためには持っておく必要があります。就活でキャッチフレーズが必要な理由を知り、キャッチフレーズの何が評価されるのかを知っておきましょう。

面接官に強く印象付けることができる

キャッチフレーズが就活で必要な理由としては、面接官に強く印象付けることが挙げられます。キャッチフレーズという短くインパクトのある言葉を使用することにより、面接官に強く自分を印象付けることができます。企業では毎日たくさんの学生の面接をおこない、合否を決定していますが、その数は膨大なものです。

多くの学生を判断していますので、中には全く印象に残っていない人もいますし、印象に残っていない=興味がないと判断して不合格になってしまいます。合格するためには、まずは面接官の印象に残ることが大切であり、そのためにはインパクトのあるアピールをしなければなりません。キャッチフレーズがあれば印象に残りやすいですし、選考を有利に進められることもあります。

自分を客観視できていることのPRになる

キャッチフレーズがあることでインパクトのあるアピールをすることができますが、就活で必要な理由はそれだけではありません。キャッチフレーズとは、自分の特徴を短くまとめたものでもあり、自分という人間がどういうものか客観視できているPRにもなります。キャッチフレーズでつけた内容をアピールできることはもちろん、それに加えて客観的に物事を考えられることもアピールでき、一石二鳥です。

キャッチフレーズひとつでさまざまな能力を一度にアピールすることができますので、より高評価を得やすくなります。合否は評価の積み重ねで決定しますので、少しでも多くのアピールをしておくことが大切です。キャッチフレーズは一度にたくさんの能力をアピールできますので、就活攻略のためには必須のものです。

6a0ed8043a8a1688

キャリアアドバイザー|赤塩 勇太

友達に自分の印象を聞いてキャッチフレーズを作るのもひとつの方法

就活は自分という存在を人事に認めてもらう活動のことではなく、自分という「商品」を相手に魅力的にプレゼンする場です。キャッチフレーズは広告のコピーのようなもので、イメージのしやすさが重要です。とはいえ、自分を客観視していない状態でキャッチコピーを作成するのは難しいと思いますので、周りに「自分とは?」と聞いてみるといいでしょう。

キャッチフレーズがあることで、就活を有利に進めることができますが、キャッチフレーズはすべてが評価されるとは限りません。キャッチフレーズでも評価される場合もあれば、されない場合もありますし、どのようなものであれば評価の対象になるのかを知っておくことが大切です。面接官がキャッチフレーズで見ているポイントを知れば、どのようにキャッチフレーズを決めればいいのかが分かります。何が見られているのかを理解して、評価されるキャッチフレーズをつけていきましょう。

語彙力や言葉の選び方

面接官がキャッチフレーズで見ているポイントとしては、語彙力や言葉の選び方が挙げられます。キャッチフレーズはどんな能力をアピールするかだけではなく、どんな言葉を使用するのかを見られるので、ありきたりな言葉は避けるようにしましょう。せっかくキャッチフレーズをつけても、ありきたりな言葉では印象に残りづらくなり、語彙力も低いと評価されてしまいます。

印象に残らなければ意味はありませんし、語彙力が低いと思われることがマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。キャッチフレーズは伝わりやすいことが大切ですが、あまりにありきたりでも力を発揮しません。使いまわされた表現は避け、自分の言葉で自分らしいキャッチフレーズを考えることが大切です。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力も、面接官がキャッチフレーズから見ているポイントのひとつです。キャッチフレーズは、自分という人間をどうわかりやすく相手に伝えられるのかが大切であり、伝わりやすい内容かどうかが見られています。キャッチフレーズを印象的に伝えるためには、ありきたりな言葉や表現は避けなければなりませんが、インパクトを重視しても内容が伝わらなければ意味はありません。

難しい言葉を使ってアピールしても、相手がそれを理解できなければ意味はありませんし、誰でも分かる言葉、内容かつインパクトを考えることが大切です。伝える能力は会社に入ってからも必要となります。独りよがりなアピールになっていないか、誰もが分かりやすく伝えられているかが見られています。

キャッチフレーズをESの自己PRに活かすコツ5つ

「自分のキャッチフレーズを作って下さい」といわれて、すぐに作ることができますか?おさえておきたいコツとして、上記の5つがあります。就活の自己PRやESで使うキャッチフレーズの作り方に苦戦している人も、是非参考にしてみて下さい。ここからは、5つのコツについて詳しくご紹介していきます。

①:自己分析を怠らない

キャッチフレーズを作って自分を売り込もうと思ったら、まずは自己分析が重要になります。自分のことをよく分かっていないのに、企業に売り込むことなんて難しいですよね。「自分のアピールポイント」「自分がやってきた努力」「仕事に対する考え方」などをしっかりと把握して、キャッチフレーズを作成するために自己分析を怠らないようにしましょう。

②:キャッチフレーズに人柄を盛り込む

就活におけるキャッチフレーズでは、「自分がどのような人物なのか」が面接官に伝わらなければ意味がありません。 自己PRやESに盛り込んだキャッチコピーやキャッチフレーズの一言によって、その人のキャラクター・人物像が伝わるように意識しましょう。 たとえば「情熱は自分を動かすガソリン!」というキャッチフレーズであれば、「何事にも熱い人」という人柄を伝えられます。

③:内容や特徴がわかるようにする

就活の自己PRなどでキャッチフレーズを活用するとき、大体の内容を相手に伝わるようにしておくと、面接でも話をしっかり理解してもらえます。 例えば、「キャッチフレーズはアイデアシェイカーです」とだけ言っても、面接官にはどういう意味なのか伝わりません。「色々なものをシェイクさせ新しい価値を生み出すアイデアシェイカーです」と言えば、どのような意味のキャッチフレーズなのか分かりやすいですよね。

④:同じ自己PRでも印象を変えるように工夫する

キャッチフレーズひとつで、自己PRやエントリーシートの印象は大きく変わります。 たとえば、アルバイトでクレーム対応を率先しておこなっていたことを自己PRするとしましょう。そのときキャッチフレーズを「伝え方ひとつで世界が変わる」とするのと、「ストレス耐性力には自信があります」とするのでは、同じ自己PRであっても受ける印象は大きく違うでしょう。

⑤:短く覚えやすいものにする

上記で説明したとおり、キャッチフレーズはダラダラと特徴などを書き連ねるものではありません。短く覚えやすいというのが、キャッチフレーズの大きな特徴だといえるでしょう。 商品に使われている上手なキャッチフレーズを思い出してみて下さい。商品の特徴を的確に表現しつつ、短く覚えやすいものが多いですよね。そこから分かる通り、良いキャッチフレーズを作るのであればそのポイントを意識してみましょう。

キャッチフレーズを見つけるための自己分析なら

キャッチフレーズを自己PRで活かすコツを5つほどお伝えしました。では、実際にキャッチフレーズはどのように作ればいいでしょうか。そんなときはこの自己分析マニュアルを使えば、あなたの適性や魅力、強みを掴むことができます。ぜひキャッチフレーズづくりに生かしてみてください。

就活で好印象を与えるキャッチフレーズの作り方4つ

就活で使うキャッチフレーズを作る際には、どのような言葉やメッセージを盛り込むと、面接官から印象が良いのかを考える必要があります。就活の効果的なキャッチフレーズを作成するためのコツは、上記の4つです。ここからは4つのコツについて詳しくご紹介していきます。自己PRで周りの就活生に差をつける、魅力的なキャッチフレーズの作り方をマスターしましょう。

①:自分の売りを列挙する

キャッチフレーズでは、自分の良い部分をアピールしましょう。そのためには、自分の売りとなるものを決めなければなりません。何を売りにしようか迷っている人は、まずは自分のアピールポイントを列挙してみましょう。多ければ多いほど選択肢が増すので、作りやすくなりますよ。

②:何を伝えたいのかはっきりさせる

自分の売りを列挙したあとは、アピールポイントをひとつに絞りましょう。キャッチフレーズで自分のいい部分を全てアピールしようとすると、結局何が言いたいのかわからなくなってしまいます。そうなると、そのキャッチフレーズは良いものだとはいえないでしょう。 「何を伝えたいのか」がはっきりと分かるキャッチフレーズを作るには、自分が一番アピールしたいものを考えて下さい。

③:関連するキーワードを羅列して組み合わせる

アピールしたい内容が決まったら、それをそのままストレートにキャッチフレーズとするのもいいでしょう。しかし、中にはちょっとひねったキャッチフレーズを考えたいという人もいます。その場合は、関連するキーワードを羅列して組み合わせてみましょう。 「アピールしたい内容がわかる」「長くしすぎない」等の注意点を意識しながら、いくつかのキーワードを組み合わせてキャッチフレーズを作ってみて下さい。

④:商品のキャッチフレーズを参考にする

就活で自己PRのキャッチフレーズを考えるときは、ヒットしている商品のキャッチコピーやキャッチフレーズを参考にするのもおすすめです。コンビニやデパートなど、目についた商品のキャッチコピーやキャッチフレーズを集めて、共通点を調べるといいでしょう。 以上の作り方のコツを踏まえた上で、就活の自己PRなどで使えるキャッチフレーズを作成してみてください。 次に、いろいろな特徴をアピールするキャッチフレーズの例を見ていきましょう。

「笑顔」をアピールするキャッチフレーズの例

「笑顔」のキャッチフレーズ例

【太陽スマイル】:いつもニコニコしていて雰囲気が明るくなり、「太陽みたいだね」と友人に言われたため

就活で笑顔をアピールする人は少なくありません。しかし、「私は笑顔がいいと言われます」と伝えるよりも、キャッチフレーズを活用するほうがより魅力的に見えますし、説得力も増しますよね。上記のように、一緒にエピソードや根拠を述べておくと、より興味・関心を引きやすくなるでしょう。

「思いやり」をアピールするキャッチフレーズの例

「思いやり」のキャッチフレーズ例

【みんなのお母さん】:気配りや思いやりを大事にして人付き合いをしてきた結果、仲のいいグループの中でこう呼ばれるようになったため

ひと目で「みんなのお母さん」を見たとき、あまり何を言いたいのか伝わらないかもしれません。しかし、考えてみるとどういう意味なのかが分かりやすく、はっとさせられるキャッチフレーズになっています。思いやりというのも、就活において武器になるアピールポイントになりますよ。

「挑戦」をアピールするキャッチフレーズの例

「挑戦」のキャッチフレーズ例

【世界一の努力家】:大きな壁にぶつかったときに努力を惜しまず、意思を貫き続けるため

「努力できる」というのは素晴らしい特徴です。ただ、「私は努力できます」とだけ言っても説得力はありません。上手くキャッチフレーズを活用して、発言に説得力をもたせましょう。また、就活で「努力」をアピールするときはエピソードも交えて話せると、より良いものになります。

「協調性」をアピールするキャッチフレーズの例

「協調性」のキャッチフレーズ例

【裏方の達人】:サポート役として他人のために一生懸命になれるため

「協調性」というフレーズは、そのまま使ってもなかなか面接官には良さが伝わりにくいかもしれません。そこで、このようにキャッチフレーズを用いて、よりアピールポイントとして魅力的にするように心がけましょう。

「真面目さ」をアピールするキャッチフレーズの例

「真面目さ」のキャッチフレーズ例

【コツコツ人間】:地道にコツコツ真面目に取り組んで目標を達成するという姿勢を売りにしているため

真面目さというのは、アピールの仕方次第では「融通の聞かない人」だと思われてしまうかもしれません。そうならないためにも、「真面目さ」でどのような成果を得たのかまでアピールすると良いでしょう。

他にも参考になるキャッチフレーズの例をご紹介!

上記のように、自分のアピールポイントを魅力的なものにするのにキャッチフレーズは効果的な方法になります。 他にも色々なキャッチフレーズがあるので、ぜひ就活でも活用してみて下さい。以下で、就活でキャッチフレーズを作る際に参考になるようなものをいくつかご紹介します。

ストレートなキャッチフレーズの例

ストレートなキャッチコピー

①「10年間トライアスロンひとすじです」
→さわやかな印象を与えます
②「アルバイト先で笑顔MVPの大賞をとりました」
→笑顔が本当に素敵なのだと思われます
③「4年間一度も病気になりませんでした」
→体の丈夫さをアピールできます
④「失敗はありません。なぜなら成功するまでやるからです」
→ポジティブで前向きな考え方を主張

意表をついたキャッチフレーズの例

意表をついたキャッチコピー

⑤「人間バーナー」
→まわりのみんなのやる気に火をつけるのが得意とアピールできます。
⑥「目標達成するより諦める方が難しい」
→最後まで成し遂げる考え方をアピール
⑦「風邪にもノロにも嫌われる男」
→逆説的に健康で体が丈夫さをアピール
⑧「向き不向きより前向き」
→どんな配属先でも前向きに取り組める人柄
⑨「アイデアシェイカー」
→色々なものをシェイクさせ新しいものを生み出す
⑩「XXの最終兵器」
→なかなか世に出なかった存在がいま登場するという表現

比喩表現を使ったキャッチフレーズの例

比喩表現を使ったキャッチコピー

⑪「絶対零度でも凍らない心の持ち主」
→ 逆境でも折れない志をアピール
⑫「炎より熱い」
→仕事や仲間に対する思いが炎より熱い意味

キャッチフレーズは興味を惹く短い文で!例を参考に自分の人柄や売りを効果的にアピールしよう

就活で活用できるキャッチフレーズの作り方と例を見ていきました。是非参考にしていただき、数千人、数万人のうちのただの一人になるのではなく、「おっ」と興味をもってもらえる自己PRをしましょう。上手なキャッチフレーズを作成できるのは、就活において武器になります。上手に活用して、周りの就活生に差をつけましょう。 魅力的なキャッチフレーズは、自己PRする上でとても有効に働きます。就活のひとつひとつの質問は当然、選考だからこそ、しっかりと例を参考にしながらオリジナルのキャッチフレーズを作成するのをオススメします!

【面接対策におすすめ】優良エージェント5選

0e5a66ef8b248b25

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

 【“電通/博報堂グループ”の内定実績】広告志望必見!“特別推薦枠”で選考に進めるデジタルマーケティングエージェント
  • 2019年卒
  • 就活セミナー

【“電通/博報堂グループ”の内定実績】広告志望必見!“特別推薦枠”で選考に進めるデジタルマーケティングエージェント

  • 開催場所: 東京都
  • 【“電通/博報堂グループ”の内定実績】広告志望必見!“特別推薦枠”で選考に進めるデジタルマーケティングエージェント

    2652 view

    【経営企画室採用】Kawaii×IT×建設で業界に新たな概念をつくる! 次の100年をつくる新規事業の担い手を求む<ES不要&交通費支給ありの説明選考会!>
    • 2020年卒
    • 会社説明会

    【経営企画室採用】Kawaii×IT×建設で業界に新たな概念をつくる! 次の100年をつくる新規事業の担い手を求む<ES不要&交通費支給ありの説明選考会!>

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時: 2019/03/26
  • 100年以上続く安定経営と最先端のエコ技術をもった世界有数の企業が、早期説明選考会を開催!

    7636 view

    【マーケティング志望者必⾒】世界No.1成⻑率のマーケティングリ サーチ企業による史上初のウィンターインターン
    • 2019年卒
    • インターン説明会

    【マーケティング志望者必⾒】世界No.1成⻑率のマーケティングリ サーチ企業による史上初のウィンターインターン

    日本最大のマーケティングリサーチ企業、マクロミルのもと、マーケティングを体験できるワークショップをご紹介します。

    504 view

    もっと見る

    おすすめの就活イベント