2016年11月25日(金) 更新

【無職期間がある人向け】面接で採用担当者に職歴を聞かれた時の対処法

無職期間を前向きに捉える

面接を受ける際に、履歴書も記入することになりますが、無職期間があった場合、職歴を記入する欄をみれば無職期間があることが面接官にもわかってしまうことになります。面接官はその人のこれまでの職歴はしっかりとチェックしたい項目ですし、無職期間があった場合はどのような理由があるのかは気になるところとなり、当然質問を受けることになるでしょう。

無職期間があっても動じない

無職期間があることは、面接においてマイナスイメージを与えてしまうのでは、と不安になるかもしれませんが、職歴をごまかすわけにはいきません。よって、無職期間があったことを前向きに捉え、その期間に自分が努力したことや、プラスになったことがあれば、積極的にアピールして、無職期間の質問に対応すれば良いのです。

短期のアルバイトも職歴になる

無職期間があった場合であっても、生活費を稼ぐためにアルバイトをしていたという人も多いと思います。履歴書の職歴を書く場合、アルバイトは職歴に入れるべきではないと思っている人も多いようですが、アルバイトであっても立派は職歴になりますので積極的に記入するべきです。たとえ短期のアルバイトであっても職歴として記入することが出来るのです。特に無職期間がある人の場合はぜひ記入するべきですし、記入することによって無職期間の事を聞かれた時にも答えられるようにもなります。

アルバイトの経験も正直に話す

そのアルバイトでどのような経験をして、どのようなスキルが身についたかをしっかりと説明出来るように準備をしておけば、立派なアピールポイントとなるものなので、しっかりとアピール出来るように準備しておくべきです。例え1ヶ月などで辞めてしまったアルバイトの経験であっても、正直に話しように心掛けましょう。

無職期間にアルバイトもしてなかった場合

無職期間にアルバイトをしていた人は、それを職歴に記入し、無職期間の質問があった場合はその経験を積極的にアピールしていけばよいですが、その期間にアルバイトもしていなくて、特にアピール出来るようなことも特にやっていなかったという人はどのように対処すれば良いのでしょうか。

あくまでも無職期間を前向きに考える

そのような場合であっても前向きな返答を心がけるべきで、期間が掛かってでも自分が希望する職場をしっかりと探したかったのでなどという返答もあるでしょうし、無職期間にいろいろ考えたことなどで今の自分にプラスになったことなどがあれば、履歴書に記入しても良いでしょう。無職期間の質問の際に、無職期間があったためにこのような考えを持つことが出来たということをアピールしても良いのです。

職歴に無職期間があったとしても、面接時には動じず質問に答えよう

面接では、なるべく良い印象を与えたいと考えるのは当然のことですし、無職期間がある場合はあまり触れてほしくないと思うことでしょう。しかし、面接時に無職期間の質問があった場合でも、その無職期間をどのように過ごしたかをしっかりと説明し、前向きな返答を行えば、逆にアピールすることが出来るということをしっかりと理解して、面接に望めば良いのです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 19年卒
  • 18年卒
  • 22年卒
  • 21年卒
  • 20年卒
  • 24年卒
  • 23年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

43285 view

おすすめの就活イベント