2019年11月11日(月) 更新

インバスケット形式のグループディスカッションとは~就活面接攻略のコツ~

インバスケット形式のグループディスカッションがある

インバスケット形式のグループディスカッションは、記述式テストが行った後、話し合いや討論を行います。そんなインバスケット形式のグループディスカッションの攻略法を紹介する前に、「インバスケット」とは何かについて理解しましょう。

インバスケットとは短時間で案件処理をしていくテスト

インバスケット記述式テストでは、限られた時間の中で多くの課題をどう優先付けし、どう処理すべきかを専門的技能、コミュニケーション能力、管理能力などの視点で評点付けをする 1~2時間程度のゲームです。
はじめに物語式の文章(全参加者共通)が配られ、その主人公に代わって複数の案件を処理するという設定です。
設定された場面の状況は、多くの案件を処理するためには圧倒的に時間が足りず、どの案件を優先して処理しなければいけないかを判断する必要がある、非常にストレスのかかる問題が多いようです。
案件には互いに因果関係があったり、上司からの緊急指示があったりと、どれから先に手を付けたら良いのかの判断に迷うようなものが多く、これらを短時間で順序付けしどう処理するかを決定して答えていきます。

インバスケット形式のグループディスカッションは重要度と緊急度の2軸で考えて攻略する

インバスケット形式のグループディスカッションの攻略法として紹介していきますが、「重要度」と「緊急度」の2軸で考えると攻略方法が有効です。きちんと理解できるように、詳しく紹介していきます。それでは、インバスケット形式のグループディスカッションに関して見ていきましょう。

インバスケットでは「重要度」に重きを置くと良い

このように与えられた課題のすべてを処理できない状況において、インバスケットでは「緊急度」と「重要度」の 、2軸のどちらを優先すべきか考える必要があります。
その際、インバスケットでは「重要度」に重きを置く視点がより必要でしょう。
皆さんも日々の生活の中で緊急度については、比較的シンプルに時間軸上の順位付けができるでしょうが、重要度については迷う案件が多いのではないでしょうか。
この場合、「会社組織」にとっての重要度を考える必要があります。
放っておくと組織の存続上のリスクとなる、人命にかかわる、組織の規律・コンプライアンスにかかわる案件などの重要度が高くなるべきでしょう。
当然、「とても緊急」かつ「とても重要」な案件の優先度を高く位置づけておく必要があります。 では、緊急かつ重要な案件の次に処理すべきものはどのような案件でしょうか?
つまり、「とても緊急でそこそこに重要」な案件よりも、「緊急度はそこそこだがとても重要」な案件を優先すべきなのです。
それが組織を守る社員としての行動に表れる訳ですから、グループディスカッションでもこれらの評価軸に適切に案件を位置付けられているかの視点が評価されます。

インバスケット形式のグループディスカッションでは討論にもコツがある

では、つづいてのインバスケット形式のグループディスカッションの攻略法になりますが、グループディスカッションで欠かせない要素になる、討論についてです。
一体、どういったところに気をつけていけばいいのでしょうか。その攻略法について見ていきましょう。

「なぜ重要なのか」という理由を軸に話し合う

前述したように、ゲームと呼ばれるテストの後、それぞれの参加者がどの案件から優先して処理すべきとしたかの答え合わせをしながら、なぜそう考えたかなどについてグループディスカッションが行われます。
インバスケット評価者はその議論の内容から、問題発見力、分析力、意思決定力、コミュニケーション力などの力量を評価していきます。
したがって、特にインバスケットで重視している「重要度」の評価軸で、各案件の位置づけができていることが必要ですが、気を付けるべきは順位付けの正確さよりも、むしろ「なぜ」その案件を重要と考えたかを説明できることです。
また、他のグループディスカッションと同様、他の参加者の意見に耳を傾け必要に応じ自身の軌道修正ができるか、当事者意識をもって行動を起こす実行力があるかなども評価されるでしょう。

ニュースや企業の話題について調べておくと良い

インバスケット形式のグループディスカッションに限った話ではありませんが、討論には絶対的に知識必要です。その場で調べるなどは基本的にできませんので、日ごろからニュースや、その企業に関する話題などに敏感になっておきましょう。インバスケット形式のグループディスカッションにおいて、知識は最大の味方となってくれます。

それぞれの役割での対策がある

適切な役割を把握した上で、練習を進めた方が効率的に対策ができます。しかし、集団討論でどの役割を担えばいいのかは、多くの就活生が悩むものです。そこでおすすめなのが「グループディスカッション完全対策」です。こちらの資料では、YES・NO診断で自分にぴったりの役割が診断できます。「アイディアマン」「司会」「書記」「タイムキーパー」の内、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるので、ぜひ試してみましょう。

インバスケット形式のグループディスカッションでは記述テストの案件処理に関した内容を話し合うので「なぜ重要なのか」の答えを用意しておこう

いかがでしたか。以上のように、インバスケット形式は組織にとっての重要課題を能率的に解決していくためのトレーニングです。インバスケット形式のグループディスカッションでは、これから就く仕事の要となっていくべきリーダーの素養があることをアピールするチャンスともいえます。
優先度の判断をどのような視点から行ったかを中心に積極的に議論に加わってみてください。
その際の、インバスケット形式のグループディスカッションでは、限られた時間の中で、答えをまとめなければいけませんので、攻略法として「緊急度」と「重要度」が何より必要になってくるでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

5a334849b2c88964

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

イベントの種類から探す