2020年06月25日(木) 更新

【履歴書に農家の経歴を魅力的に記載する】農業経験を100%活かしアピールするためのポイント

就活生は職務経歴欄はどう工夫するのがよいと思っている?

キャリアパーク会員の就活生を対象に「履歴書の職務経歴欄を魅力的にするためにどのような工夫をすべきだと思いますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の回答

  • 同じ企業で長く働く
  • わからない
  • 特になし
  • さまざまな業種を行う
  • 細かく具体的に掘り下げて書く

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月7日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「履歴書の職務経歴欄を魅力的にするためにどのような工夫をすべきだと思いますか?」

就活生の多くは職務経歴欄を書いたことがないと思いますが、魅力的にするための工夫を何となくイメージできていることが分かりました。
ひとつの会社で長く経験を積む「同じ企業で長く働く」だったり、「さまざまな業種を行う」という多くのことにチャレンジしたりするのがよいといった回答もあるようです。
そういった就活生の考えも踏まえて、こちらの記事では、中でも「農業経験」をアピールした職務経歴書の書き方のコツを紹介します。

農家であっても履歴書の基本的なルールは共通

まず、履歴書を書く際の基本ですが、時間に余裕を持って作成しましょう。ギリギリでは、思わぬミスや焦って誤字脱字が増えてしまいます。そして、自分が受けたい企業に向けた履歴書をつくりましょう。他の企業の使いまわしやテンプレなどは避け、しっかり企業分析をして、自分の言葉で志望動機などを書きあげていきましょう。履歴書の基本的なルールはきちんと守る必要があります。それでは本題の、履歴書に農家の経験を記載するポイントについてみていきましょう。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

履歴書に農家の経験を記載しても良い

結論からいえば、実家の農家の仕事経歴を履歴書に記載するのは可能です。様々なサイトなどで、履歴書の書き方などが紹介されていると思いますが、基本的に履歴書の書き方に法的な規制はありません。嘘を書いてしまうと法律違反となりますが、嘘でなければ問題ありません。

履歴書には「家事手伝い(農業)」などと記載する

上記でも説明した通り、農家であればその経験を履歴書に書くことについては問題ありません。履歴書に記載する際には、「家事手伝い(農業)」「農業(実家の自営農家)三年勤務」などというように記載しておきましょう。

履歴書は工夫してプラス要素を増やす必要がある

履歴書に記載したとはいえ、普通の職場で働いていたという経歴に比べれば、自営農家の仕事というのは見劣りしてしまうでしょう。「農家で働いていました、次はデスクワークがしたいです」といっても、経験がない以上、簡単にはいきません。マイナスポイントを補う必要があります。

経験やスキルをアピールする

農家をやっていた経験の中で得たものや、発達したスキルなどを記入しておきましょう。例えば、以下の例のようなものです。

・実家の会計の手伝いもしていたので、経理の初歩の知識はあります。
・パソコンでデータ管理をしていたので、パソコンスキルがあります。
・年上の人と接する機会が多かったため、コミュニケーション能力には自信があります。
・毎日仕事を休むことができないので、忍耐力があります。

以上のようなことを履歴書のどこかに記載しておけば、自営の農家の手伝いという経歴がマイナスにはならないでしょう。

農家を続けずになぜ就職するのかを明確にする必要がある

自営の農家の手伝いを辞めて、就職活動を行っているという事実から、必ずその理由を尋ねられます。どちらにしても聞かれますので、最初から履歴書に記載しておきましょう。スキルも大事ですが、別の職種に就きたい理由や熱意が大事なのです。

理由としては、それぞれの事情にもよると思います。ですが、面接官としては、実家の農業を継ぐつもりだったから、今まで農家をやっていたわけではないのか、という疑問を必ず持ちますので、その疑問に答えるつもりで、記載しておかなければなりません。

面接官を納得させられるような内容の記載が大事

たとえば、経営状態の悪化や両親の体調の悪化などのような理由は正当性がありますので、面接官も納得するはずです。

ただ、将来長く農業をやろうとは思っていなかったという旨の答えだと、「だったら最初から就職すれば良かったのでは?」と思われ、面接で突っ込まれますので、その答えも用意しておきましょう。

履歴書には農家の手伝いをしていた経験から得られたスキルやなぜ別の職種に就職をしたいのかの理由を明確にすると良い

自営の農家の手伝いであっても、書き方次第はプラスの印象を与えられます。ですので、履歴書に仕事をしていない空白期間をつくるよりも、ここで紹介したような形で、農家の経験を記載しておいたほうが面接官に対してアピールできます。農家を経験することで得たものは必ずありますので、そのポイントを記載するようにしましょう。

就活生にアンケートで聞いた生の声はコチラ!

最後に、自己PRでアピールできる能力について、キャリアパーク編集部が独自にアンケートを行い、学生たちの生の声を集め、代表的な声をまとめました。

質問:自己PRでアピールできる能力としては何が挙げられますか?また、それを効果的に伝える方法としてどのように伝えるのがいいと思いますか?

就活生の回答

私は、何事も一生懸命取り組めることが自己PRでアピールできます。私は、学生時代に取り組んだ課題研究を伝えました。課題研究では、学校で栽培している野菜や果物の販売をおこないました。販売促進のためにチラシやPOPを作成したり、お店の敷地を借りて販売をさせていただくためにアポを取ったりなど、協力して活動することができました。効果的に自己PRを伝えるためには、具体的に述べると企業側に分かりやすいので良いと思います。自己PRの内容に限らず、簡潔かつ論理的に伝えることができるかは、面接や普段の生活でも重要だと思います。

※上記は就活生から取得したアンケート回答をもとに、編集部で表記や表現などを一部調整のうえ、記載しております。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント