2016年11月25日(金) 更新

結果次第では内定取り消しもありえる入社時健康診断の重要性

入社時健康診断とは何か

入社時健康診断にはおおまかに分けて2つあり、一つが会社に出向いて行う健康診断と自分で行う健康診断です。どちらにしてもその趣旨は入社できる健康状態かを判断するということで、そんなに大掛かりな健康診断はなく基本的な項目だけで結果がでるのが特徴です。

入社時健康診断の結果次第で内定取り消し?

会社によっては内定時の案内などで入社時健康診断の結果によっては内定取り消しをすると書いてあるところもあります。そのために決して侮ってはいけないのがこの入社時健康診断の結果なのです。特に肉体を使う職業だと健康診断の結果に厳しいところが多いので注意が必要です。

自分で入社時健康診断をする際には

会社によっては社外の入社時健康診断を内定者に義務付けているところがあります。そう行った際は民間の医療機関を利用しますが、金額も安いところだと3000円程度で受けられますし、この料金は入社時には還付されるところが大半です。時間も半日を見ておけば十分でしょう。

勤務が始まる前の健康診断

また実際に働き始める前に会社に行って健康診断を受けなければいけないこともあります。その際は悪い結果が出た際には誤魔化しが利きません。もし悪い結果が出たら再検査ということもあり、その再検査でも結果が駄目だったら内定取り消しが待っている場合があります。

健康診断で悪い結果をださず乗り切るには

この入社時健康診断で悪い結果を出さず乗り切るには内定した後の行動が大事です。規則正しい生活を心がけ、大きな怪我をしないように注意して生活しないといけません。卒業旅行などで羽目をはずしてしまい大怪我をしたといった場合には、健康診断の結果以前に、入社が一年繰越になったり取り消しも珍しくありません。

自分の健康状態を把握する

自分の健康状態に自信が内容なら会社での健康診断の前に民間の健康診断を受けて結果を知り、自分の健康状態を把握しておくというのも大事です。そうすれば健康診断の事前に対策を打てます。入社しまえば多少の病気も面倒見てくれますから、とにかく一回の健康診断を乗り切る事が大事です。特に長期間健康診断をしていない人だと内定時の健康診断で引っかかる場合もあります。就活前に自分の健康を知るためにも一回健康診断を受け結果を知っておくのもいいでしょう。

入社時健康診断の結果がよくなるよう、事前に対策をしておこう

内定をとっても入社時健康診断の結果によっては取り消しもありえます。この入社時健康診断には自分でやるものと会社でやるものがありますが、会社でやる際には誤魔化しが聞かないので事前に健康診断を受けるなどして自分の健康状態を把握しておきたいものです。民間でやる健康診断は3000円程度ですから就活前にやっておくのも大事です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント