2019年09月24日(火) 更新

賃貸契約を結ぶときに内定通知書が必要な理由

賃貸契約を結ぶには保証が大切

賃貸契約というのは、保証が大切です。学生は、親と一緒に賃貸物件を探しに来る事も多いでしょうから、敷金・礼金などはなんとかなるのかもしれません。ただ、20歳を過ぎていれば本人との契約になるため、不動産会社からすると家賃を払ってもらえるという保証が必要なのです。

内定通知書で家賃の支払い能力を証明する

内定はしていても働き始めていない場合、家賃の支払い能力を証明するものが必要です。入居するためにも、就職先から内定通知書を書いてもらいましょう。内定通知書を提出することで不動産会社を安心させられるため、ほとんどの場合で入居可能になります。

出身地が遠方であるほど内定通知書は証明になる

さらにこれは、出身地が他県など遠方であればあるほどその傾向が強くあります。遠方に住んでいても、就職が決まっているという内定通知があれば、賃貸物件を契約しやすいのはうなづけます。では、内定通知があれば賃貸物件の審査は必ず通るといえるかどうかを考えましょう。

内定通知書を貰ってから入社するまでの期間が大切

審査を通るには、とにかくきちんと契約通りに居住することが出来るという保証が大切です。このうちのひとつに、就職が決まっているという内定通知書があるのです。内定通知書通りに入社できるように、賃貸契約をしてから入社までのあいだは問題を起こさないようにしておきましょう。

賃貸物件の厳重な審査に通るためにも必要書類の提出は大切

ローンの審査同様に、大きな会社が運営している賃貸物件であれば、審査もかなり厳重な場合があります。しかもその場合、一度審査が通らないと、同じ規模の会社が運営している物件にいっても許可が下りない場合もあるのです。契約審査に通るためにも、必要書類の提示はおこなうべきといえます。

内定通知書の必要性などについて会社側に確認する

とにかく、保証をしっかりと確立しておくことが大切です。賃貸物件契約の話に行った際、会社側に確認してみるのはいかがでしょうか。日本人は、つい大事なことを言いだせず、聞き出せないという傾向がありますが、自分がどれだけその物件に住みたいかという思いをしっかりと伝えることが大切です。

賃貸契約に必要な書類については素直に提出すべき

そうすれば、内定通知書が必要なのか、あるいは内定通知書がなくても、何があれば良いのかを教えてもらえるでしょう。賃貸契約を結ぶときは不動産会社から信頼を得る必要があるため、必要と言われた書類などに関しては素直に提出するべきです。

あなたのマナー力はどのくらい?

今の時点で、あなたのマナー力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「マナー力診断」です。「身だしなみ」「電話・メール」「エントリーシート・履歴書」などのマナーがどの程度身についているのかを試してみましょう。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。無料でダウンロードできるので、力試しとしてもおすすめです

家賃の支払い能力を証明するために賃貸契約には内定通知書が必要

賃貸契約をまとめるにあたり、内定通知書が必要な理由を考えてきました。支払い能力の証明のために内定通知書は大切なので、不動産会社を安心させるためにも素直に提出しましょう。また、入社までの間に問題を起こさないように心掛けることも大切です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント