2016年11月25日(金) 更新

就職浪人生が就活成功率を上げるためにするべき事

なぜ失敗したのか原因を考える

就活浪人生になってしまった人は、なんで内定が決まらないのか、その原因を知り、それを無くせるように努力をしましょう。
何もやらないままもう一度、就職活動に挑むと失敗するのは当たり前のことです。
失敗したのは、面接官や採用担当者が意地悪な質問ばかりするからなど、相手が悪かったと原因を相手に押し付けていても何も変わりません。
相手を変えることはできないので、まずは自分を変えることから始めてみてください。

自分を見つめ直し自信を持つ!!こういうマインドが大事

自分から行動を起こさなければ、来年また、就活浪人生になって就職活動をする羽目になってしまいます。
そうならないためにも、自分の悪いところを直し、
自信を持てるようになれば、就活成功率を上げることができるはずです。

面接で自分の思いをしっかり伝える

就職浪人生の就活成功率を上げるために大事なのは、面接官や採用担当者に自分の思いをしっかり伝えるということです。
面接官に「この人はこの会社に必要な人だ。」と思わせるためには、自分にこんなに魅力があるんだとアピールする必要があります。

必要なスキルやマナーをきっちりと身につけておく

アピールするためには、話し方を丁寧に正しい言葉遣いをするように心掛け、姿勢を正し、挨拶もしっかりと行います。
これだけでも印象はぐっと良くなるでしょう。
さらに、プレゼン能力やコミュニケーション能力など、様々な技術を磨く必要があります。
技術を磨くと同時に、自分の思いや気持ちを整理して、自分をしっかりと出せるようにしましょう。万全の状態で就職活動に挑むと、良い結果が残せるでしょう。

デメリットをメリットで打ち消す工夫をする

就職浪人生になると、就職活動で不利にならないかと心配になる人が多いと思いますが、
まず、就職浪人生のデメリットとメリットを把握しておきましょう。
就職浪人生のデメリットは、一年間留年してしまっていますから、印象が悪く見られることですが、
メリットは一年間、就職活動に向けてたっぷり勉強ができたという点でもあります。

就活浪人をした時期の質問は必ずあります

面接官や採用担当者はきっと、「一年間何をして、どう変わったの?」と聞いてくるはずです。
その時にメリットである、たくさん知識やや技術を勉強してきたことを、相手に話し、自分がこんな風に変わったとアピールすることが大切です。
何かに一生懸命取り組んだことを相手に伝えることができれば、
デメリットをメリットで打ち消すことができ、就活成功率は上がるでしょう。

就職浪人生が就活成功率を上げるにはまとめとして最後に…

いかがでしたでしょうか!?
今回は、就職浪人生が就活成功率を上げる為にすべきポイントを紹介してきましたが、
就活浪人の就活成功率を上げるためには、このように、一年間という長い時間の中で自分を良い方向に変えていき、知識や技術を積んでいくことが大切なことなのですが、何よりも自分に自信を持って、就職活動に挑みましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

いきなり社長面接ルートあり!内定率96%のプレミアム面談で最短即日内定

    ▶広島会場へのお申し込みはこちら ※エントリー後「03-5745-0202」より日程調整のお電話を致します。