2016年11月29日(火) 更新

新卒・第二新卒で海外就職を成功させる方法と注意点

日本の就職活動では≪新卒≫がブランド化している

日本では就職時に、新卒や第二新卒などの卒業時期が重要視されています。新卒→第二新卒の順で、学生に近いほど新社会人として働ける確率が高いとされています。

中には新卒のステータスのために、就職浪人をしたり、就職できそうにないから、わざと単位を落として大学に残る人が増えていますよね。それほど日本では、就職に新卒が良いものとされています。しかし海外では、一般的に新卒や第二新卒という言葉は何の意味もなしません。

海外では新卒や第二新卒のアピールは重要視されていない

海外では、新卒であろうが第二新卒であろうが関係ありません。会社に向いているか、そして、学校で学んでてきたことがその会社に合っているかどうかなどが、就職時には重要視されています。

「新卒だから」「第二新卒だから海外就職はきっとすぐに決まる」と思っていたら大間違いです。面接の際に新卒や第二新卒だということをアピールしても、海外ではなんの意味がないのです。海外就職では自分が学校で学んだことを、しっかりとアピールするようにしてくださいね。

海外就職を成功させる方法①:外国での経験

新卒や第二新卒が武器にならない、海外就職事情。では、新卒や第二新卒の方が海外就職を成功させる方法として、なにが必要なのでしょうか?それは、海外での経験を作っておくことが必要です。

例えば、夏休みや春休みの期間を利用して、英語の短期語学留学や英語留学に行った経験などです。海外経験があると、「この子はこの国でうまくやっていけるだろう」と判断される可能性が高いでしょう。

短期留学でも海外の経験は就職時に強みになる

また海外就職では、ある程度の英語ができるだろうと判断されます。そのため短期留学で良いので、海外経験を作っておきましょう。一番は、大学中に一年くらいの長期留学をして、そこで英語や他の勉強もしておくことです。長期の経験があれば、やはり短期より長期の方が企業側からは魅力を感じます。

海外では何よりも経験を重視します。新卒や第二新卒で就職を目指しているのであれば、海外経験で得た知識をアピールの材料にしておきましょう。

海外就職を成功させる方法②:スキル

海外就職を成功させる方法として重要となるのが、経験と紹介しました。第二新卒や新卒で就職する際に、経験以外にも必要なことがあります。それは、スキルです。

海外就職をしてみると分かりますが、海外の人は同じ職種に転々とする傾向があります。転職を重ねて、自分の仕事能力を上げているのです。さらには、会社でのポジションが与えられることによって履歴書が輝きます。

海外の就職事情とは、日本とまったく逆なのです。そのため就職時にはスキルがモノを言います。しかし経験が少ない第二新卒や新卒は、いったいどうすればいいでしょうか?

早いうちから目指す職種に必要なスキルを勉強しておく

新卒や第二新卒であっても、仕事経験はこれからの話になります。そんなワケでスキルが身につきにくいと考えがち。しかし、スキルは勉強で身につくのです。

もしも早い段階で海外就職を考えているなら、卒業する前から勉強してスキルを身につけておきましょう。たっぷりと自分が就きたい職種のスキルを上げることが、海外就職をスムーズに成功させる方法です。早いうちからどんな職種に就きたいのかを考えて、海外就職を成功させましょう。

第二新卒や新卒の海外就職を成功させるなら英語力+経験とスキルを身につける!

海外就職では、新卒や第二新卒を重要視する国はあまりありません。そしてスキルや経験がない未経験者は、就職が難しいです。それは日本と同じと言えるでしょう。

なので海外就職する前には、できるだけ多くの経験とスキルを積んでおいてくださいね。もちろん英語力は、必須条件になりますよ。学生のうちにインターンシップに参加しておくと、海外就職も成功へと近づくでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Aba7b1a5b32f5a54

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント