2019年11月28日(木) 更新

インターン中に暇ができたとき取るべき行動

インターン中にやることがなくなった場合

インターン中にやることがなくなり、手持ち無沙汰になってしまった場合には、まずは社員の方に何をすれば良いかを尋ねるべきです。
やることが、なくなってしまったからといってただひたすらぼーっとしているのは良くないことです。
自分が、できることは何かをよく考えて、それでも何もなければまずは社員の方に尋ねましょう。
しかし、近くに社員の方がいらっしゃらなかったり、立て込んでいるようであれば自分がやった作業の見直しをするのも良いでしょう。

ミスのないような状態に整えておく

自分がやったことについて復習をしたり、見直しをしてミスのないような状態に整えておくのも大切なことです。
自分のすべきことの見直しも含めてやることがなくなった場合にどうすべきかを尋ねましょう。

暇つぶしではなく、新しいことをやってみる

インターン中に社員の方が忙しくて放って置かれるということは決して少なくありません。
インターンは、あくまでも職業の擬似体験であって、社員の方は仕事です。
そこで、社員の方の手が届かない状況になってしまうこともしばしばあります。
やることが、なくなったからといって個人的な暇つぶしをするのはあまりおすすめできません。
やることが、本当になくなってしまったのかを確認して、それでも何もないと思った場合には担当の社員の方を探します。

自ら声をかけてみるのも重要です

ただ、社員の方が手が離せない状況のこともあるので、その場合は他の社員の方に自ら声をかけてみましょう。
自分の大学の課題などをやったり携帯を触ったりするのも、やることが終わっていれば良いかもしれませんが、せっかくインターンに参加しているのでその会社でしかできないことを探しましょう。

暇になる前にやることを聞いておく

その日その日によって、インターンの状況や社員さんの忙しさなどは変動するものです。
そこで、毎日与えられたことがあってそれをやるというのも大切なことですが、もし、それでも時間があまりそうだったり、その日は社員の方が忙しそうな様子であればそれらは一人ひとりが察してあらかじめ社員さんに、やることが終わった場合にはどうすれば良いかを聞いておくことも対策の一つです。

自分の工夫次第で暇な時間を減らし貢献する

暇つぶしをする必要がでないようにするということです。
やることを多めに設定してもらったり、あるいは引き継ぐ社員さんを決めてもらったりしておけば暇はできずやることも正確にこなすことができるはずです。
自分の工夫次第で暇な時間を減らし、会社に貢献することができます。

就活生に人気の高い業界を知る

人気21業界丸わかりMAP」は、就活生に人気の高い21業界200社以上の情報を一気に読むことができます。知らない業界のことでも、少し見聞きしておくだけで、第一志望の業界との関連性が見えてきたり、アイデアが生まれてくる可能性があります。
無料ダウンロードで「業界丸わかりマップ」を読み、就活を有利に進めましょう!

インターン中暇になったときにやることのまとめとして…

インターン中に、社員さんが忙しくて目をかけてもらえなかったり、忙しくて放って置かれることもあるかもしれません。
しかし、そこで暇になったからといって自分で勝手に暇つぶしをするのではなく、自分がすべきことをしっかり見つけ、わからないことは、担当以外の社員さんにも聴きながらインターン中にしかできない経験を積極的にしていくようにしましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 20年卒
  • 21年卒
  • 22年卒
  • 19年卒
  • 23年卒
  • 18年卒
  • 24年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

41210 view

おすすめの就活イベント