2016年12月09日(金) 更新

【NTTコミュニケーションズのインターン選考攻略法】ES及びディスカッション・面接突破の対策を徹底解説します!

NTTコミュニケーションズの選考対策①:企業研究

NTTコミュニケーションズのインターンシップ選考対策は企業研究から始めましょう。NTTコミュニケーションズは、国内の電話ビジネスを担う企業として確立された存在です。NTTの草分け的存在として、NTTコミュニケーションズは1997年に誕生。NTTからOCNを受け継ぎ、プロバイダービジネスを発展させました。

NTTコミュニケーションズの魅力はネームバリュー

信頼あるNTTの大きなネームバリューが付いているのは、NTTコミュニケーションズのインターンシップの大きな魅力の1つだと思います。最近では競争が激しい国内ビジネスから一転、中国をはじめとする海外に目を向けていることでも話題となっています。

NTTコミュニケーションズの選考対策②:実施内容

NTTコミュニケーションズでは、ICT業界やこの先の未来にについて、インターシップ以外にも社員が行うセミナーなども実施しています。インターンシップとしては、次のようなコースがあります。

【ICTエンジニアインターンシップ】
最先端のテクノロジー、ICTにチャレンジするコースです。メールやセキュリティーに関する知識を学びます。

【財務インターンシップ】
お金の管理なら任せて、という方に向いている財務コース。ファイナンスや決算ビジネスにチャレンジします。税や会計ビジネスに関する業務を学びます。

【マーケットクリエイターインターンシップ】
新規ネットワークや、コンテンツサービスの企画、販売について学びます。ゼロからマーケットを創造する野心とバイタリティの他に、柔軟な発想力も必要とします。

【セールインターンシップ】
国内、国外に広がる企業向けのICTソリューションの営業や企画について金武コースです。

これらインターンシップは10日間ほど行われますが、内容は充実しており、セミナーやワークショップだけではありません。実際に各分野の社員と机を並べて、業務を行います。日中は先輩社員と共に業務を行い、時には打ち合わせにも参加しますが、課題も出されるため、仕事をしながらそれにも取り組まなくてはいけません。

技術が学べるセミナーや女性の活躍を支援するプログラムもある

インターンシップとは別に、NTTコミュニケーションズの社員が開講するセミナーについても少しご紹介しましょう。これは、各テーマに興味のある学生はもちろん社会人も参加できるものとなっています。例えば【NTT Comが創るネットワークの新しい世界】や【女性のためのシゴト研究セミナー】などです。このようにNTTコミュニケーションズはIT分野に関することだけでなく、ビジネスをサポートする企業でもあるのです。

NTTコミュニケーションズの選考対策③:ES

では次に、NTTコミュニケーションズのインターンシップ選考で必要となるエントリーシートの対策をご紹介します。エントリーシートの設問は、インターンシップも本採用も同様の傾向にあるため、本採用時のエントリーシートの質問を把握しましょう。以下が、本採用のエントリーシートの設問です。

・学生時代に最も力をいれたことを記入してください(300字以内)
・あなたがNTTコミュニケーションズで志望する職種を教えてください
・志望動機において、挑戦したいことや夢、目標を教えてください(400字以内)
→上記の質問の答えに対して、自分が実現できると思う理由について、これまでの具体的な経験やエピソードを交えて教えてください(400字以内)
・海外への渡航経験がある方にお聞きします。あなたがこれまでの中で「貴重」と考える海外経験を3つ教えてください。
→それぞれ具体的な内容を記入してください(各100字以下)

以上のような設問があります。主に大学時代のことや、入社後についてです。

NTTコミュニケーションズの選考対策④:グループディスカッション

NTTコミュニケーションズのインターンシップ選考では、グループディスカッションもしくは面接による選考となりますもあります。一昔前は面接だったようですが、グループディスカッションに変わったようです。ただ、毎年そうとは限りませんのでご注意ください。ここではグループディスカッションについて見ていきますので、しっかり対策を立てて挑みましょう。

NTTコミュニケーションズのグループディスカッションの内容

NTTコミュニケーションズのグループディスカッションは、8人1チームで行われるようです。過去には「3つの政策において、実施していく順番を決め、1番最初の政策に関しては、具体的な策も考えてください」というようなテーマがあったようです。

受け身ではなく自分を主張することが対策!

NTTコミュニケーションズのグループディスカッションでは、とにかく発言をすることが大切な対策です。協調性も重要ですが、まずは自分の意見を主張し、輪の中心に交じるようにしましょう。

NTTコミュニケーションズの選考対策⑤:面接

次に、過去にあったエントリーシート後の面接選考対策についてご紹介しましょう。内容ですが、始めは一般的な会社と同じように、エントリーシートで記入した内容を基にした質問です。しかし、徐々に質問のレベルが上がります。内容としては、NTTコミュニケーションズの事業について問われる可能性が高いでしょう。また、ひとつ質問の返答に対し、掘り下げて次の質問をするというパターンが多くなっています。

徹底した企業研究が必要

書き直せるエントリーシートとは異なり、面接はその時が勝負となります。上記でご紹介したように、NTTコミュニケーションズのインターンシップ面接選考では、かなり深く事業に対する質問をしてくる可能性が高いです。そのため、企業研究は徹底して行うようにしましょう。会社の公式HPに記載してあることはもちろん、OB訪問で学んだことも面接前には再度確認してください。また、新聞に目を通し経済や電気通信関係の時事ネタも把握して面接に臨むことをおすすめします。

インターンシップ参加者の声

実際にインターンシップに参加された人からは、「プレゼン力は成長した」との声が聞かれます。
このように、NTTコミュニケーションのインターンシップ参加により、今後の就職活動や社会生活でも活かせるものを身に付けることができます。
その他、「技術的にも洗練されており、尊敬できる人たちばかりであった」、「社員のかたとも懇親会でゆっくりと話すことができ、有意義な時間となった」といった声が上がります。NTTコミュニケーションズの技術や社風はインターンに参加してこそより知ることができるものです。少しでもNTTコミュニケーションズに興味がある人は、参加倍率は高いですが、ぜひチャレンジしてみてください。

NTTコミュニケーションズの会社情報とその社風とは?

社風について

毎週水曜日の金曜日はノー残業デーが設定されており、従業員のワークライフバランスを重視する傾向にあります。縦社会で帰りにくいということもないように、部署によっては課長や部長が帰宅を促すほど、のー残業デーは徹底されているのです。また、年休の取得や誰かが休みを取っても部署内でカバーできるような体制や、福利厚生の充実といったことからも、結婚後の女性も第一線で長い働ける企業と言えるでしょう。

基礎情報

【社名】
NTTコミュニケーションズ株式会社

【代表者】
代表取締役社長 庄司哲也

【本社所在地】
〒100‐8019 東京都千代田区内幸1丁目1番6号

【本社アクセス】
地下鉄千代田線・日比谷線 日比谷駅A13出口より徒歩2分
地下鉄三田線 内幸町駅A5出口より徒歩2分
JR線 新橋駅日比口より徒歩8分
地下鉄銀座線・浅草線 新橋駅7番出口より徒歩8分

【資本金】
2,117億円

【従業員】
(単体)6,450名
(NTT Comグループ)21,650名

NTTコミュニケーションズのインターンについてわかる関連サイト紹介

NTTコミュニケーションズ公式HP
マイナビ2018
リクナビ2018

NTTコミュニケーションズのインターンシップ選考対策では積極性と企業研究が重要

NTTコミュニケーションズのインターンシップ選考対策について見てきましたが、いかがでしたか?最近ではネット業界も激化しているため、NTTコミュニケーションズではインターンシップでも「受け身の姿勢で待つ」ことより「自ら発信していくアクティブな姿勢」が求められているようです。本採用にダイレクトな繋がりはないとはいえ、倍率の高い企業のため、的確な対策を立ててインターンシップ選考に挑みましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【デベロッパー主催】京都の文化財でインターン!

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時: 2019/08/12