2019年12月03日(火) 更新

ぐるなびのインターンシップに参加するための選考と対策

インターンシップの選考対策①:実施内容

ぐるなびのインターンシップは実践的

ぐるなびのインターンシップでは、どのようなコースを取っても社員並みの業務に携わることとなります。実際にその仕事を体験して貰い、苦労を分かってもらうのが1つです。そしてこの仕事が絶対に必要だということを知ってもらい、色々な観点で考えてもらえるようにしています。こうした体験というものを通じて、ぐるなびを分かってもらうのが一番で、それにインターンシップに必要な要素を付け加えています。

短期コースと長期コースがある

ぐるなびのインターンシップには2つのコースがあり、そのうち1つは短期間で出来るコース、もう1つは長期的に仕事をやっていくコースとなります。

短期間で営業職を学ぶことのできるコース

提案営業職を体験することができるコースで、実際に営業という部分を体験することになります。ぐるなびは色々な営業努力によって掲載している部分もあるため、その営業の難しさや一緒になって考える苦労を分かってもらいます。店側と協力して更なる顧客獲得へ向けて、色々なことを考えていくコースです。

長期的に編集部分で活動するコース

こちらはインターンシップというよりも短期のバイトに近いものであり、実際に編集という形で仕事をしてもらうことになります。営業の人が得た情報等を元に、色々なサイトを構築して編集を行っていきます。また、テキストの編集をしなければなりません。参加者には基本的なPCスキル(Excel、Powerpoint)、企業での実務経験やチームワーク、PDCAサイクルの実体験(課題を発見し、解決する力)が身につくような業務となっています。

インターンシップの選考対策②:履歴書を持って選考会へ

営業職はマイナビから・ページ制作はキャリアバイトからエントリー 

営業職のインターンシップはマイナビから、ページ制作職はキャリアバイトからエントリーします。ページ制作やグループのサポート業務はキャリアバイトなどのアルバイト系情報サイトからエントリーすることができます。マイナビのエントリーは現在終了しており、エントリーシート内容は不明ですが、後者のエントリーは受付中です。

選考対策①:ぐるなびで働きたい強い意思を示す

エントリーシートはウェブ上のフォームに記入の体裁をとっています。氏名や住所、大学名などの基本的なことの他にコメント欄があります。特にテーマや筆記事項を指定されていませんが、このコメント欄を有意義に使い、自分のスキルやぐるなびで働きたい強い意思を示し、自己PRをしましょう。

選考対策②:ぐるなびの目標を理解する

ぐるなびの目標は「日本の外食産業を盛り上げること」であり、「日本の食文化を守り、育て、その素晴らしさを世界中に発信する」ことです。そのため、飲食業界に対する熱い想いや、具体的にぐるなびでどう盛り上げていきたいのか、そう考えるに至ったきっかけはなにか、などを自分の言葉で説明できるようしっかりと思索し、選考の対策を行うようにしましょう。

ぐるなびの業績

企業情報から分かるぐるなび事業内容と状況について解説します。『決算短信』によると、2013年から取り組んでいた営業拠点の拡大や訪日外国人向けの「ぐるなび外国語版」などが功を奏し店舗数も増加となりました。また売上高も昨年と比べ約7%増加しました。これはネット予約システムの利用件数拡大などが大きく関わっていると科と思われます。
インバウンドや広告、地域活性化に関する新たな取り組みに積極的に投資をしたため営業利益、経常利益は減収となっています。しかし、ここでの費用が来期の売上高増加に期待できるでしょう。

履歴書は基本的なルールやマナーを守る

履歴書を作成する際は、誤字脱字に気を付けること以外にも基本的なルールやマナーを守る必要があります。履歴書には細かいルールや書き方が存在するため、きちんと守られているか作成前後にチェックすることが大切です。そこでぜひ活用したいのが「履歴書作成マニュアル」です。無料でGETできるので、履歴書の書き方に悩んでいる就活生におすすめです。実際に履歴書を作成する際のお手本としても、持っておいて損はありません。

インターンシップの選考対策③:先輩社員がぐるなびを選んだ理由を参考にする

・「自分を変えたいと思ったから」営業男性。
「入社して仕事に携わるうちに、自ら考えて行動し、仕事にやりがいや面白さを見つけるように。それが人間的成長にもつながっていると感じています」
また、現在はキュレーションサイト企画を担当する男性は広告に興味があり、情報発信の仕事をしたいという希望からぐるなびへ。

はじめはECサイトの営業からスタートした彼は、広告チームや新規営業チームなどのリーダーを経て現在に至ります。また、ぐるなびの加盟店の居酒屋でアルバイトをしていて、担当の営業がアルバイトにも常に声をかけてくれたことや、食材情報やPOPにまでさまざまなアドバイスをしてくれる姿を見て入社を決めた女性(営業)も。

分野関係なく飲食の店舗全体を支援できる点が魅力

インターンシップの参加者からは「もともと食に携わる仕事をしたいと思っていましたが、店舗全体を見て支援できる仕事は他にはない、と思った」という声があります。インターンシップに参加しなければ、知りえなかったことも多々あるでしょう。さらにぐるなびを体感できるいい機会です。インターンシップに参加して、外からではわからないぐるなびを知りましょう。

ぐるなびのインターンシップは社員並みの業務体験ができると考えて選考対策を

ぐるなびのインターンシップについて選考と対策を紹介してきました。ぐるなびのインターンシップは実際に体験して貰う内容が殆どとなっており、比較的学べることは多くあります。そして学んだ内容を色々な部分に生かすことができるメリットを持っているので、割と参加して損をすることもありません。ただ参加人数自体が制限されていることもあり、参加するためには様々な課題をクリアしなければなりません。ぐるなびのインターンシップ選考をしっかり対策して参加できるようにしましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【理系学生限定】ダイレクトオファー(オンライン)

    11/12 (11:00~15:00) 【※オンライン開催※】