2019年09月25日(水) 更新

クラブツーリズムのインターンシップ内容と就活・新卒向けの選考対策【企業研究・GD】

クラブツーリズムのインターンシップ選考対策①企業研究

クラブツーリズムのインターンシップ選考対策は立てていますか?旅行会社の働き方を知れるチャンスです!基本的に2日構成となっており、内容も実践的なものです。楽しくインターンシップに参加できるよう、企業情報や選考対策を練っておきましょう。

クラブツーリズムのインターンシップ選考対策の1つめは、企業研究をすることです。クラブツーリズムは、近畿日本ツーリストの一社であり、一般的な旅行業とは違ったビジネスモデルを展開しています。主に広告や情報誌で商品を提供し、電話やインターネットで申し込みを受け付ける事業展開です。

クラブツーリズムの企業理念:クラブツーリズム・ミッション

クラブツーリズムの企業理念は、クラブツーリズム・ミッションと呼ばれます。それは、「旅を通して、出会い、感動、学び、健康、やすらぎの種をまき、はつらつたる喜びに満ちた社会を花開かせていく」という内容です。 「文化」 「自然」 「仲間」 この3つをテーマとして、新しい時代の旅行業「コミュニティサービス産業」の発展のため躍進中です。

企業指針

【クラブツーリズム・ベーシック】

  • 1.私たちは、お客様の自己実現や仲間づくりを応援し、いきいきとしたシニア文化を創造します
  • 2.私たちは、多様な文化の継承と地球環境の保全に取組み、地域の魅力を育みます
  • 3.私たちは、質の高い商品とサービスの提供を通じて、お客様との永続的な関係を築きます
  • 4.私たちは、共に働くすべての仲間を尊重し、喜びと誇りに満ちた企業風土を確立します
  • 5.私たちは、透明で健全な事業活動を行い、適正な利益を確保するとともに企業価値の向上を図ります

行動基準

【クラブツーリズム・アクション】

  • 1.私は、お客様の笑顔と感動のために、一歩先の気配りをします
  • 2.私は、「自ら挨拶」を励行し、明るく快適な職場をつくります
  • 3.私は、好奇心をもって広く深く学び、これを仕事に活かします
  • 4.私は、失敗を恐れず挑戦し、すべてを前向きにとらえてやり遂げます
  • 5.私は、クラブツーリズムだからできること、クラブツーリズムにしかできないことを実行します

クラブツーリズムの事業内容:本当の旅を提供

クラブツーリズムは、「文化」に親しむ、「自然」を愛する、「仲間」と楽しむ をコンセプトとした取り組みを事業内容としています。旅行業としては1980年よりダイレクトマーケティングを開始。新聞や自社ホームページを使って顧客に旅のプランを提供しました。 約300万世帯に毎月届けられる「旅の友」という雑誌とWEBサイトを用いた、顧客目線でのサービスが強みです。

クラブツーリズムの競合他社も知ろう

クラブツーリズムが即するKNT-CTホールディングスは、国内の旅行業界において第2位のシェアを誇ります。トップのエイチ・アイ・エスとは3%ほどのシェアの差しかなく、ほぼ同等の立ち位置といえるでしょう。

<競合他社>
• 第1位:エイチ・アイ・エス
• 第3位:ANAホールディングス
• 第4位:阪急阪神HD
• 第5位:農協観光
• 第6位:ユーラシア旅行社
• 第7位:一休

クラブツーリズムのインターンシップ選考対策②実施概要

クラブツーリズムのインターンシップ選考対策の2つめは、実施概要を把握することです。クラブツーリズムのインターンシップは夏季と冬季の2回に分けて行われます。まずは、夏季に行われる2Dayインターンの内容から見ていきましょう。

夏季インターンシップ:Ambitious Episode Zero ~想いが機会を創る~ 2days

グローバルかが進み、内需だけでは限界が見えてた旅行業界。今求められているものは「新ビジネスの創造」です。 夏季インターンシップでは、【新規ビジネス提案コース】として、ビジネスパーソンとして新しい仕組みつくりのフレームワークを体験できます。日本社会に影響を与えるような新しいビジネス創世のため、チームごとに分かれて企画立案を行う内容です。 2日間に分けて行われ、内容は以下のようなものになります。

企業説明と課題への取り組み

初日はクラブツーリズムがどのような企業として活動をしているのか、そしてインターンシップで行う課題の発表があります。後は、どんどん課題に取り組みます。初日は特に難しい活動をすることも無いため、落ち着いて仕事ができますよ。

2日目:グループワークと発表の課題

2日目にはグループワークが行われ、6人でグループを組んで活動します。与えられた課題にしっかりと取り組み、最終的にどのような結果を出したのか発表しなければなりません。フィードバックを貰うこととなり、結果がよければそれだけ大きな評価を貰えるようになります。

夏の「Ambitious Episode Zero」を勝ち抜いたチームは、日本一のビジネスを決める決勝戦である「Ambitious Episode "Tabi"」のステージへ進出できます。

ファイナル・プレゼンテーションの地「Ambitious Episode "Tabi"」が君を待っている

夏季インターンシップで優秀な成績を収めたチームは、10月に開催される「Ambitious Episode "Tabi"」への参加権を手に入れます。 ファイナル・プレゼンテーションのステージは、日本一にふさわしい舞台である富士山の山麓。全国各地から集まった志を同じくする仲間たちと切磋琢磨し、大自然の中でのプレゼンテーションをします。 今後の人生において、価値ある思い出になることは間違いありません。

冬季インターンシップ「Ambitious Episode Real」

クラブツーリズムのインタ―ンシップ第2弾は、冬に行われる「Ambitious Episode Real」です。こちらは【旅行ビジネス体感コース】という位置づけで、旅行業の仕組みを考察し、リアルビジネスの醍醐味を実感できる内容となっています。

クラブツーリズムのインターンシップ選考対策③募集要項

クラブツーリズムのインターンシップ選考には面接がなく、提示されたエントリーページにて記入をして、通過後にインターンシップの参加が決定します。面接がない分、ここで入念な選考対策をしなければいけません。

募集内容

夏季インターンシップの場合は、以下のような募集条件でした。

■応募資格:全学年(学部・学科不問)

■募集人数:毎回50人ほど

■開催場所:【東京会場】(計6回)【名古屋会場】(計1回) 【大阪会場】(計2回)

■参加方法:クラブツーリズム・インターンシップマイページから登録

冬季インターンシップの募集は11月から12月にかけて行われる予定です。

応募者多数の場合は書類選考が行われる

クラブツーリズムのインターンシップは、応募者多数の場合は書類選考が行われます。エントリー時の登録内容がすべてなため、記入漏れのないように心がけましょう。 そして、この段階からすでに本選考が始まっている、くらいの意識をもっておいてください。そのためには、クラブツーリズムについて詳しく知っておいた方が有利になりますよ。 なお、インターン参加者への面談などは行われません。

エントリー対策:チームワーク力・サービス精神を強く意識

クラブツーリズムのインターンシップへのエントリー時から、注意して記入しましょう。企業理念を今一度思い出してみてください。 「旅を通じて、お客様に『価値ある経験』をしていただき、心豊かに人生を楽しむ喜びを提供したい」 クラブツーリズムは、このミッションを一緒に目指せる人材を求めています。旅を通じて顧客に喜んでもらう・顧客が喜ぶには自分はいどうしたらいいかを考えましょう。それには、仲間と協力してつくりあげるチームワーク力・サービス精神が必要です。接客業のアルバイト経験がある人はそこを強みにしてエントリーしてくださいね。

クラブツーリズムのインターンシップ:詳細(グループディスカッション)

クラブツーリズムのインターンシップでは、グループディスカッションがあります。クラブツーリズムのGDでは、旅行に関するテーマを設定され、役割分担をして進めていきます。役割分担、時間配分、それぞれが自分の役割を理解しているかを見られていますよ。

グループディスカッション対策:周りを見て行動しよう

グループディスカッションのお題は開催年度によって異なる可能性がありますが、2015年に開催された際には、アクティブシニア層をターゲットにした企画を考える内容が出題されました。 GDでは全体の空気を読むことが必要とされるため、1人でもチームワークを乱す人物がいれば、チームとしての評価に悪い影響を与えかねません。そういった人物への対処や、周囲へのフォローができているかを先輩社員から見られています。

それぞれの役割での対策がある

GDでは適切な役割を把握した上で、練習を進めた方が効率的に対策ができます。しかし、集団討論でどの役割を担えばいいのかは、多くの就活生が悩むものです。そこでおすすめなのが「グループディスカッション完全対策」です。こちらの資料では、YES・NO診断で自分にぴったりの役割が診断できます。「アイディアマン」「司会」「書記」「タイムキーパー」の内、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるので、ぜひ試してみましょう。

クラブツーリズムのインターンシップに参加した人の声

実際にクラブツーリズムのインターンシップに参加した人の声を聞いてみましょう。

実際の参加者の声

  • 「クラブツーリズムのインターンシップでは、旅行業そのものから、具体的な仕事内容に至るまで詳しく知ることができ、先輩社員との交流の時間も十分に設けられていた為に、リアルな内情を知ることができた」
  • 「まさに、ビジネス。旅というツールを通じ、クラブツーリズムが実現したいことを深く知ることができたのは大きな発見だった」
  • 「自分たちの考えたことを何人もの前で発表。伝わるプレゼンのために工夫するのは、とても勉強になった」
  • 「お様を喜ばせたいという気持ちで仕事をしていると言っている先輩を見て、働いている社員もインターンシップの内容も魅力的な会社だと思った」

このように参加者はインターンシップに参加して、改めてクラブツーリズムの素晴らしさを感じたようです。参加者の満足度が高いインターンシップは人気である証拠。受ける方は、この声を参考にして選考対策をしましょう。

インターン参加者は本選考で有利になるメリットも

クラブツーリズムのインターンシップは、旅行業界の現状と今後の課題を学ぶ良い機会です。それだけでなく、内定に繋がる本選考でも有利になる要素が沢山あるって知っていましたか? インターン参加者には本選考時のエントリーシート(ES)の提出が免除されるため、かなり有利になります。面接でもインターンでの経験を活かせば、的確な答えを導き出すことも難しくはないでしょう。

クラブツーリズムのインターンシップ選考対策はチームワーク力とサービス精神が重要

クラブツーリズムのインターンシップは、旅行会社を知りたいなら参加する価値があります。参加することによって、企業としての考え方や、旅行業界について深く知ることができますよ。 参加者を多く取っているタイプのインターンシップではないため、難関を乗り越えるためにも事前の選考対策がカギとなります。後の本選考でもかなり有利になるため、参加したいと考えているなら選考対策は必須ですよ!

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント