2019年12月03日(火) 更新

フリーターから正社員を目指す際の履歴書・職務経歴書の書き方

新卒で応募する際は職務経歴書はほぼ不要!?

就活生の声

キャリアパーク会員の就活生を対象に「応募時に職務経歴書の提出を求められたことがありますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • ない
  • ありません
  • まだ応募してないです

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月8日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「応募時に職務経歴書の提出を求められたことがありますか?」
既卒や転職の場合には応募・面接時に職務経歴書の提出を求められることが多々あります。職務経歴書は【仕事の履歴書】であり、業務内容や成果まで詳しく記述します。それ故、新卒の応募時に提出を求められることは稀です。この記事では、フリーターから正社員を目指す際の履歴書・職務経歴書の書き方について説明していきます。

正社員を目指すフリーターの職務経歴書の書き方①:アルバイト・パートも記入

フリーターの方が履歴書を書くとき、書き方に一番悩むのが職歴欄でしょう。まず、職務経歴書には正社員としての勤務だけでなく、アルバイト・パートも記入しましょう。職務経歴書は基本的に、勤務した会社の名前と入社日・退社日を時系列に沿って記入します。書き方は「平成〇年○月○日 ○○会社にアルバイトとして入社」となります。

履歴書等の職歴では、学生時代のアルバイトは基本的に除く

正社員求人への応募で職務経歴書に職歴を記入する際は、基本的には学生時代のアルバイト経験は除きましょう。ただし、学生時代から継続して勤務していた場合は書いておきます。

また、会社が多すぎて職歴欄に記入しきれないときには、短期の勤め先は省略しましょう。日付欄に入社日だけを記入して、退社日は会社名の後に括弧付で書くという書き方をすると、職歴欄の行を節約することができます。

正社員を目指すフリーターの職務経歴書の書き方②:業務内容を書く

アルバイト先が少なく職務経歴書の職歴欄が埋まらないときには、入社日を記入した次の行に、勤務先での業務を簡単に書いておくとよいです。たとえば、「ホールスタッフとして接客業務に従事 二年目から副店長として売上管理等の経営にも携わる」というような書き方をします。

それでも職歴欄がスカスカのときには、潔く「職歴なし 以上」と書いておきましょう。職歴でアピールできなかった分、志望動機や自己PR欄に力を注ぎましょう。

労働形態が変わった場合も記入

また「正社員からパートに変わった」もしくは、「契約社員から正社員になった」など、雇用形態が変化する事はしばしば起こり得ます。労働形態が変化した場合は、「平成○年○月○日 ○○会社に入社 (改行) 現在はパートとして在籍中」と書き、切り替わった日付を併せて記入しておいてもよいでしょう。原因に関しては書く必要はありません。

パート・アルバイトからから正社員になるためには、分かりやすく業務内容を書くと良いですね。

フリーターの職務経歴書には、具体的なエピソードを書く

職務経歴書には、履歴書に書ききれなかった職歴や前職での経験・実績を書きます。履歴書の職歴欄でさえ持て余してしまった場合、何を書いたらよいのか途方に暮れてしまうかもしれません。

職務経歴書の書き方に決まりはありませんので、これまでフリーターとして働いてきた経験から具体的なエピソードを取り出して、自己PRするのがおすすめです。

【例文】:新規店舗の開店準備に携わりました。アルバイトでありながら、オープニングスタッフの教育係を任されたことで、新人教育の経験を積みリーダーシップの取り方を現場で学ぶことができました。

これという経歴や資格・免許がなくとも、具体的なエピソードを語ることで、採用担当者にあなたの能力や経験をアピールすることができます。

職務経歴書にスキルアップを書いて自己PRしよう

職務経歴書にとりあげるのは、職歴の一部でかまいません。応募先企業の求人が販売員ならば、接客や販売員の経験にしぼって職務経歴書を書くと良いでしょう。

さらに、あなたが経験を重ねる中で成長してきたという印象を採用担当者に与えるために、「一社目では販売スタッフ、二社目ではマネージャー、三社目では店長代理」というようにステップアップしてきたことが分かる書き方をするのがおすすめです。
アルバイトであっても上記にように正社員に近いポジションを担当していたなら、かなり効果的な自己PRになりますよ。

自己PR作成に役立つジェネレーター

自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、ぜひ自己PRジェネレーターを活用しましょう。自己PRジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで自然な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

フリーターから正社員を目指すなら転職エージェントを利用しよう

フリーターから正社員を目指したいけど、実績や経歴がないから無理だと諦めていませんか?その悩みは、転職エージェントを利用すれば解決できます!
おすすめなのが、「ハタラクティブ」です。ハタラクティブは、社会人経験がない人であっても正社員として転職できるよう、書類添削や面接対策などで徹底サポートしてくれます。利用は無料ですので、気軽に相談してみてください!

正社員を目指すフリーターの履歴書と職務経歴書は具体的なエピソードを盛り込んだ書き方を!

フリーターから正社員を目指す際、どうしても履歴書や職務経歴書の職歴を書く段階で自信を失ってしまいがちです。
しかし、アルバイトやパートで働くフリーターも立派な職歴です。正社員の経験だけが職歴ではありません。履歴書などの応募書類を作成する時は、その事を意識しましょう。

「自分が持っている材料とフリーターの経験を、どう使ったら企業に最大限自分をアピールできるだろうか」と考えましょう。そして具体的なエピソードを盛り込みながら、採用担当者に興味を持ってもらえるような職歴内容を目指して、履歴書と職務経歴書を作成してください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【就職浪人をお考えの方へ】卒業後の就活を内定まで徹底サポート!就活支援サービス<マイナビジョブ20’sアドバンス>

    【大阪オフィスで参加の方はこちら】 ※就活相談日時につきましては、この後ご案内するURLよりご予約ください。