2019年09月10日(火) 更新

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ研究!新卒就活生向けの選考対策【ES・面接】

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ選考対策①:企業研究

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ選考対策の1つめは、企業研究をすることです。みずほフィナンシャルグループといえば、金融業界の大手企業ですが、「金融とは何だろう?」の疑問にあなたは答えることができますか?経済の根底を動かしているもの、私たちのライフスタイルに無くてはならないもの、政治を動かすもの・・・。その答えを見つけ出すのが、インターンシップの大きなカギになってくるでしょう。

みずほフィナンシャルグループの構成

みずほはグループ内に銀行、信託、証券、アセットマネジメント(資産運用)およびシンクタンクを擁するグローバルな金融グループになります。それぞれの事業を、みずほフィナンシャルグループという持ち株会社が総括することにより、顧客や時代のニーズに対して、スピーディーかつ専門的に回答することができるのです。

みずほフィナンシャルグループの事業内容

みずほFGの主要事業

  • リテール・事業法人カンパニー
  • 大企業・金融・公共法人カンパニー
  • グローバルコーポレートカンパニー
  • グローバルマーケッツカンパニー
  • アセットマネジメントカンパニー
  • グローバルプロダクツユニット
  • リサーチ&コンサルティングユニット

みずほフィナンシャルグループは、事業をカンパニー制にしています。これはお客さまを属性別に分けることで、戦略の企画・立案から戦略の遂行に至るプロセスを迅速かつ強力にする役割をしているのです。
なかでも、国内大手企業・海外の企業に向けた投資・コンサルティング等の事業は好調に営業利益を伸ばしており、みずほフィナンシャルグループ内の売上の70%以上を占めています。高度なノウハウと広大な事業領域を確立しているみずほフィナンシャルグループならではの業績となっているでしょう。

みずほフィナンシャルグループが抱える今後の課題は?

みずほフィナンシャルグループが行う事業は、どちらかというとお金の動きを追う機会的な作業が多いかと思われがちですが、実際には違います。社員の営業力こそが、みずほフィナンシャルグループの強みとなっているのです。この営業プロセスのスピードとクオリティを上げることで、コストカットとともに大幅な増収を見込めるようになります。 そのためには、社内ネットワークを増強させて事務作業量を減らし、商品やサービスを見直して顧客の満足度を向上させていく必要があるでしょう。

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ選考対策②:概要

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ選考対策の2つめは、実施概要を把握することです。みずほフィナンシャルグループのインターンシップには、法人RM業務型である「リアルバンカーズインターンシップ【5日間】」と金融工学型の「クオンツインターンシップ【5日間】」の2種類が用意されています。どちらも少数ですので、激しい競争が予想されるでしょう。

参加条件や報酬の詳細は?

■参加条件
大学または大学院に在籍の方(学年学部学科不問)

みずほフィナンシャルグループインターンシップには報酬はありません。原則、交通費・宿泊費も支給しないとしています。 ただし、首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬)、近畿圏(大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山)以外に居住している方については、インターンシップ参加にかかる一往復分の交通費を支給し、宿泊施設を提供してくれるので、遠方に住んでいる方でも不安なくインターンシップに参加することができます。

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ選考対策③:実施内容

インターンシップに参加するときは、必ず実施する内容を把握していなくてはなりません。もちろん、年々新しいプログラムを実施する企業もあるので、確実につかむことは難しいかもしれませんが、それでも何が開催されたのかを把握しておけば「企業は何を学んでほしいのか」を理解することが出来ます。そしてそれにあわせて、エントリーシートや面接での回答を考えることが出来るようになるのです。

リアルバンカーズ・コース

みずほフィナンシャルグループスタッフの方と行動を共にして、実際に顧客を訪問するインターンシップとなります。学校の中にいる就活生の方にとって、実際にお客様と触れ合う機会は、早々無いはず。会社内のミーティングや企画書の作成など、具体的な業務を肌で実感することができます。

クオンツ・コース

あまり聞き馴染みのないクオンツですが、金融業界を志している方にはぜひ知っておきたい分野。数学的なセンスをもちいて、金融商品のプランニングやプライス設定をおこなっていく分野です。刻々と変化する世界情勢にも対応できるスキルを、身に着けることができます。

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ選考対策④:エントリーシート

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ選考対策で重要なエントリーシートを見ていきましょう。みずほフィナンシャルグループのインターンシップ選考では、エントリーシートを提出しなければなりません。一体、どのような内容で、どのような選考対策をしなければいけないのでしょうか。

エントリーシートの設問は?

ES設問例

  • あなたにとって働くことの意義を教えてください
  • あなたが目指すキャリアゴール、もしくは最も興味のあるビジネスを教えてください。その理由もお願いします
  • あなたが自分の努力で、これまでに最も成功した経験を具体的に教えてください
  • あなたはみずほフィナンシャルグループのどのような部分に興味があり、シップに参加したいと思ったのかを教えてください

ES対策:仕事に対する意識を重視

内容としては、仕事に対する考え方を問うような項目が多いです。それはつまり、みずほフィナンシャルグループが仕事に対して真摯に向き合う姿勢のある学生を選考したいと思っているという証です。自分が、どれだけ仕事のあり方というものを真剣に考えているかということを、アピールするように書くと、評価があがるはずです。とにかく、仕事に対する熱量をエントリーシートに込めるということが大切なのです。

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ選考対策⑤:WEBテスト

みずほフィナンシャルグループの選考では、書類選考と共にWEBテストがあります。エントリーシートで何を書くのかも大切ですが、このWEBテストで点数を大きく落としてしまうと、選考に残れなくなってしまうので、絶対に高得点を撮るようにしましょう。

WEB適性検査の項目は基本的に4つ

WEB適性検査とは、自宅ないしテストセンターにて、パソコンを用いて受けるテストの事になります。その問題分野は、
・言語系
・非言語系
・一般常識系
・性格診断
の4つに分かれています。それぞれ問題の傾向が違うので、詳しく見て対策をたてましょう。

言語系問題の問題

言語系の問題

例に示した2語と同じ関係になっている言葉を選びなさい。
傑出:卓越
親切:___
1)真実
2)親子
3)簡単
4)丁寧
5)落胆

この答えがわかりますか?正解は4番の「丁寧」です。この問題は同義語の関係になっているものを選ばなくてはならないので、「動作に態度や心がこもっている状態」である4番が正解となるのです。
言語系の問題は、このように言葉に対する感覚や、論理的に解答を導き出せるのかを見ているものとなります。

非言語系の問題

非言語系の問題

原価1,600円の靴を定価の20%引きで販売すると、25%の利益が得られる。
定価はいくらか。
1)2,300円
2)2,450円
3)2,500円
4)2,550円
5)2,600円

非言語系の問題はこうした数学的な問題が出題されます。ちなみにこの答えは3番となります。

売価=原価×(1+利益率)より、売価を求める。
1600×(1+0.25)=2000(円)
定価=売価÷(1-割引率)より、定価を求める。
2000÷(1-0.2)=2500(円)

という計算式になります。式自体は簡単なのですが、限られた時間内となるのと難しそうですよね。対策をするには、SPIなどの過去問をといて、出題傾向をつかむのが有効です。

一般常識系の問題

一般常識系の問題

古代ギリシアの哲学者、ソクラテスによる言葉はどれか。
1)始めは全体の半ばである。
2)無知の知
3)賽(さい)は投げられた
4)ゆっくりと急げ
5)人間は万物の尺度である

この答えは2番です。ソクラテスは「私は、ものごとを知らないということを知っている」と言って、常に知ることを求め続けていました。
一般常識系の問題は、知識が無いと解けないものが多いので、普段から一般常識系の本を読み、対策しておく必要があるでしょう。

性格診断の問題

性格診断系の問題

自分のことを、優しい性格だと思う。
1)思う
2)すこし思う
3)あまり思わない
4)全く思わない

性格診断の問題は特殊で、一種の心理テストのようになっています。この問題に正解はなく自分自身の気持ちで回答することができます。このとき、少しでも嘘をついて印象が良い人物になろうとしてしまう人が居ますが、それは絶対にNGです。 こういった問題で嘘の回答を続けると、「この回答者は嘘をついている可能性が高い」という診断結果が出てしまいます。こういった結果が出てしまうと、いくら学力で優れていても選考を通過することは出来ませんので、注意をしましょう。

WEBテストの練習に最適な問題集

Webテストの練習をするには、問題を多く解く必要があります。そこでおすすめなのが「WEBテスト問題集」です。こちらの問題集では、玉手箱とTG-WEBに対策できる問題が非言語と言語に分かれて掲載されています。詳しい解説つきなので、問題が解けなかったという人も力をつけることができます。分からなかった問題をそのままにせず、解説を読んで意味や解き方を理解することが大切です。無料でダウンロードできるので、腕試しがしたいという就活生にもおすすめです。

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ選考対策⑥:グループディスカッション

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ選考対策の4つめは、グループディスカッションです。みずほフィナンシャルグループのインターンシップ選考は、エントリーシート通過後、グループディスカッションが行われます。その内容と選考対策を見ていきましょう。

グループディスカッションの内容

実際に過去に出されたテーマとして、
「企業というものは利益のために行動をするべきなのか、それとも顧客の利益のために行動するべきなのか」
というものがあったようです。

対策:役割を意識することが大切

このような答えの存在しないようなテーマに関しては、答えにたどり着くまでの考え方が評価されます。様々な角度から物事を考え、双方のメリットとデメリットを考え、論理を立てて考えていくようにしましょう。 また、グループディスカッションでは個々人の役割が大切になってきます。グループ内のメンバー全員が奇抜なアイデアばかり出しているようでは全く成り立ちませんよね。 ・司会(まとめ) ・アイデアを出す人 ・アイデアをもとにブラッシュアップする人 ・否定意見を出し、アイデアに対する注意を促す人 など、ディスカッションをしていく上で自然に分かれる役割に対して忠実に行動していくことも大切に成ります。

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ選考対策⑦:面接(個人)

みずほフィナンシャルグループインターンシップの最後の選考は個人面接になります。数字の上では通過率が高いものの、ここまで残っている人たちは、間違いなくその世代のトップエリートになります。そのため、通過の難易度は段違い。しかし、諦めることなく面接官の人に「自分の心を知ってもらう」という意識を強くもって選考に挑みましょう。

よくされる面接の質問

面接の質問例

  • インターンシップで何を学びたいか
  • 学んだことをどうやって自分に活かすか
  • 他のインターンシップは受けたのか
  • 鉄道会社の中で西武鉄道を選んだのはなぜか
  • 西武鉄道がお客様にさらなる貢献をするにはどうすれば良いか

面接:みずほフィナンシャルグループの収益化システムを理解しているか

みずほフィナンシャルグループは、さまざまな角度から事業展開して、お客様から預かった資金を守るとともに、大きな収益をあげて日本社会に還元できるようにしています。この巨大な事業システムをしっかりと理解して、「自分ならどの事業領域でどのような活躍ができるのか」を面接では示していく必要があるでしょう。

みずほフィナンシャルグループの会社情報とその社風とは?

社風について

みずほフィナンシャルグループは、働きやすい職場づくりに取り組んでいます。社員の人権が尊重される、快適で安全な職場づくりを推進し、会社と社員の相互信頼を築くために、労使間の対話を大切にしています。また、人材の流出や社員のモチベーションの低下を人的リスクと定義して、意識調査をおこなっています。社員を大事にする社風であるといえるでしょう。
また、労働安全衛生にかかわる法律に則った各種検診の実施や、産業医による健康管理をするなど、安全で健康的な職場環境づくりにも努めています。インフルエンザなどの感染症対策の徹底や、過重労働の防止にも積極的です。また、メンタルヘルスへの対策も尽力しており、労働安全衛生法の改正によるストレスチェック制度が開始される前から、セルフケア昨日として社員のストレスレベルをチェックできるツールを設けています。専門のカウンセラーに対して社員が悩みや心配事を相談できる窓口も設置されていますので、気軽に利用することができるでしょう。

【基礎情報】

・社名
株式会社みずほフィナンシャルグループ

・代表者
執行役社長 佐藤 康博

・本社所在地
〒100-8176
東京都千代田区大手町1-5-5(大手町タワー)
TEL 03-5224-1111

・本社アクセス
JR東京駅丸の内北口より徒歩5分
東京メトロ 東西線・丸の内線・千代田線・半蔵門線、都営三田線「大手町駅」直結 東西線中央改札前

・資本金
2兆2,557億円

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ選考対策は仕事に対する熱意が必要!

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ選考対策についてお話しをしてきました。金融業界でも人気の高い、メガバンク銀行。みずほフィナンシャルグループのインターンシップは、就活生の間でも注目度の高い企業と言われています。「みずほ」のネーミング由来は、「みずみずしい穂」にあたるそうです。企業ネームに劣らず、ぜひ柔軟な発想と若いパワーで、試験に突破して欲しいと思います。選考対策を参考にして、みずほフィナンシャルグループのインターンシップに参加してみてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント