2019年12月04日(水) 更新

日本郵船のインターンシップの内容と受かるための選考対策

インターンシップの選考対策①:企業研究

日本郵船は業界最大手のグローバル企業

日本郵船は、全世界におよそ5万人の人材を抱える業界最大手のグローバル企業です。同社では、誠意・まごころ・おもいやり、という3つのフレーズをスローガンとして掲げ、顧客が満足するサービスの開発・提供に努めるというのはもちろん、社員教育にも力を入れています。日本郵船に入社すれば、“考える力”を養うとともに人間性を高め、多方面からのキャリアアップを図ることができます。

インターンシップの選考対策②:実施内容

日本郵船のインターンシップは、[陸上編]と[海上編]の2種類に分けられます。

日本郵船のインターンシップ[陸上編]

日本郵船のインターンシップ[陸上編]では、技術者の仕事を体験することによって“船と関わる仕事”についての理解を深めます。グローバルに事業を展開する日本郵船にとって、「船」はなくてはならないものです。このインターンシップでは、外航大型コンテナ船の見学をしたり、グループワークをしたりすることで陸上職の面白さを体感することができます。船に関する知識がないという方も、インターンシップをとおして船の構造や機能について知ることができます。

日本郵船のインターンシップ[海上編]

日本郵船のインターンシップ[海上編]は、全2日間の日程で行われます。1日目にはまず、日本郵船の経営理念や事業内容に関する説明を受けたあと、参加者を6人1組のグループに分けます。そしてそのグループごとに、航海士が普段行っている海図の解析を体験します。2日目には、コンテナ船の中に実際に入り、船乗りとしての仕事を見学します。また外国人船員と交流をする機会も設けられており、普段は絶対に聞くことができないような裏話を聞くこともできます。

インターンシップの選考対策③:エントリーシート

日本郵船のエントリーシートは、手書きタイプであるうえに志望動機を記入する欄がないという、ある意味特殊な仕様になっています。

選考対策:チャレンジ精神と独自性をはかる

日本郵船では現在、真のグローバル企業として世界で勝ち抜いていくために、独自性のある船会社としての成長を目指しています。そしてその目標を達成するべく人事側は、エントリーシートにおいてその人物の人間性やチャレンジ精神、独自性などをはかっているのです。そこでエントリーシートに記入する際は、そういった点に留意しながら自分の能力や特徴を最大限にアピールしていくといいでしょう。

インターンシップの選考対策④:面接

日本郵船のインターンシップ選考における面接では、
「船乗りに対してどういった印象を持っているか」ということや、
「インターンシップに参加しようと思った動機」、
「インターンシップに参加した場合、会社側に対して何を求めるのか」、
といった点について質問されます。

選考対策:船に関わるからこそ冷静沈着な態度をアピール

予めこれらの質問に対する答えを用意しておくことはもちろん必要ですが、“型通り”の回答ではなく、自分なりの考えというものを面接官に対して示すことができるようにしておくことが大切です。また、船に携わる人間というのは同定外のケースに遭遇しても、常に冷静に対処できるよう落ち着きを持った人物であることが求められます。冷静沈着なさまをアピールできるよう選考対策しておきましょう。

実際の面接評価シートで確認する

面接をする際、面接官は面接評価シートを元に就活生を評価しています。面接評価シートには、マナーや身だしなみ、質問に対する受け答えなどの内容をチェックする項目があります。企業や職種によって設定されている項目は異なりますが、参考にすることで、面接官視点を把握することができます。「面接評価シート」を無料で手に入れて、面接前に最終調整をしたり、就活生同士の練習で活用したりしましょう。

日本郵船(NYK LINE)のインターンシップ参加者の声

日本郵船のインターンシップに参加した方からは、以下のような声が寄せられています。

「インターンシップを通じて日常生活では知ることのない仕事内容を知ることができ大変満足だった。また、人事など以外の社員から様々なお話が聞けて貴重な体験だった。同じ業界を志望する学生との交流を通じて就職活動の意気込みが高まり、情報も得られた。」

「インターンを通じて、事業内容を擬似的に体験したこと、人事以外の社員の方からお話を聞けたことにより、会社の雰囲気を掴むことができた。また、グループ内でほかのインターン生との交流があり、様々な情報交換が出来たことも、就活に対しての意識を高めるきっかけとなった。」

日本郵船(NYK LINE)のインターンシップ選考は船に携わる職業であるため冷静沈着に対応できるよう対策を!

日本郵船(NYK LINE)のインターンシップでは、普段の生活ではなかなか見ることができない船乗りの仕事や大型コンテナ船の構造に触れることができます。物流業を目指している方はもちろん、船乗りに対するあこがれを持っている方にとってはまたとないチャンスですので、ぜひ積極的なインターンシップへの参加をおすすめします。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント