2016年11月29日(火) 更新

NTTデータに受かるための面接対策

NTTデータの面接は計3回

NTTデータの面接試験は、複数回にわけて行われます。基本的には、1次面接、2次面接、そして最終面接と、3回にわたって行われます。ただし、あとで「回答の仕方」としてあげますが、それぞれの面接で聞かれる質問はそれほど大きく変わらないようです。

面接が進んでも質問内容は大きく変わらないがより踏み込んだものになる

面接が進むことにより、より踏み込んだ質問内容に及ぶこともあるようです。このため、一度受かったからといって安心せず、質問への対策を考える必要があります。
もちろん、これらはNTTデータに限った話ではありません。ほかの企業であっても、「面接の対策」「過去の質問」「模範的な回答例に目を通しておく」ということは非常に重要ですし、就職活動を行うためには基本中の基本とも言えます。
それを踏まえたうえで、NTTデータの面接時に聞かれる質問や、質問への回答の仕方についてみていきましょう。

NTTデータの面接で聞かれた質問内容

NTTデータの面接で聞かれる質問は、エントリーシートで聞かれたような「趣味」「特技」などは、あまり聞かれることがないようです。
そのため、エントリーシートでは必要となったこれらの質問への回答対策も、面接まで進んだ場合はそれほど必要ではありません。
もちろん、きちんと答えられるようにしておけば、どのような質問を聞かれても対応できますし、面接対策としてはそちらの方が望ましいです。

志望動機や学生時代のことなど基本的な質問をされる傾向がある

NTTデータでの面接の場合は、基本的に以下の質問が聞かれることが多い傾向にあります。

・志望動機
・学生時代にしていたこと
・ほかのところにも内定が出た場合は、どこを選ぶのか
・この会社でしたいことはどのようなことか
・質問はないのか

特に重要な「志望動機」「学生時代にしていたこと」という質問への回答の仕方を紹介します。

NTTデータの面接と回答の仕方①:志望動機と学生時代のことについて

NTTデータの面接のときによく聞かれる質問は、やはり、「志望動機」「学生時代にしたこと」などです。この点は、エントリーシートと同じです。そのため、質問対策も同じようなものになります。たとえば、志望動機に関しては、

・NTTデータで行っている業務にふれる
・自分は今までにこのようなことを学んできたから、この分野で生かせる

などをアピールすることになります。

学生時代のアピールポイントは具体的なエピソードを混ぜる

学生時代のアピールポイントについては、

・頑張って、目標(もしくはよい成績)を達成した
・単純に試合などに勝った、ということだけではなく、これを通して、有意義な事を学んだ
・自分がリーダーとして、具体的な行動をおこし、それを成功させた

ということを中心にまとめます。エピソードを交えることでより印象深くなります。

NTTデータの面接と回答の仕方②:回答を深く掘り下げる質問をされる

1次面接のときでも2次面接のときでも、聞かれる質問というのは、それほど違いません。しかし、エントリーシートよりも1次面接の方が、1次面接よりも2次面接の方が、より深く掘り下げる質問をされます。

なぜNTTデータを選んだかを明確に述べること

例えば、上であげた「志望動機」ですが、単純に「IT系だから」という答えをしてしまうと、なかなか厳しいことになります。「IT系はほかのところもあるでしょう」と聞かれたり、「専攻学部が文系なのに、なぜこの業界を選んだのか」と聞かれたりします。これらの質問に対して、明確な答えを用意しておく必要があります。
例として以下のようになります。

・NTTデータの独自のシステムをあげ、それに携わりたいから、と具体例を挙げる
・経済学部の出身で、以前北海道で講義が行われた際に参加したから

などのような回答です。

NTTデータの面接と回答の仕方③:最終面接では明確な回答が重要

最終面接では「それほど多くの質問はされなかった」という声もあれば、「やや圧迫感を覚えた」という声もあります。
ただ、いずれの場合であっても、上記であげたような、「志望理由」「学生時代にやっていたこと」、また「アピールポイント」などについて、2次面接同様、しっかりした回答ができればよいでしょう。

明確な回答を用意しておけば最終面接でも心配する必要は無い

最終面接は1次面接、2次面接よりも緊張すると思いますが、質問への回答として明確な志望理由などを答えられれば、問題ありません。
NTTデータの面接で聞かれる質問は、特に変わった質問はなく、ごく一般的なものですから、具体的で明確な回答を用意しておくことが面接対策のカギです。

NTTデータの面接での質問はエントリーシートとほぼ同じだがより明確な回答が不可欠

NTTデータの面接は、1次面接、2次面接、そして最終面接の3段階に分かれています。それぞれに対して、きちんとした対策を練ることが必要です。
基本的にはエントリーシートの設題と同じような質問を聞かれます。しかし、質問への回答の仕方でも紹介した通り、エントリーシートよりも1次面接の方が、1次面接よりも2次面接の方が、より深くつっこんだ質問がされます。
そのため、付け焼刃の「志望動機」などでは面接の質問対策としては十分とは言えません。NTTデータの面接に臨むのであれば、最低限、志望動機であげた業務の内容については深く勉強をしておきましょう。
また、相手側の「なぜ?」に、回答の仕方で挙げたように、明確な答えを準備しておく対策が必要です。これらを考え、さらに自分の言葉で練り直して答えることがとても大切だと言えます。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント