2017年07月24日(月) 更新

KDDIを受ける就活生が必ず知るべき社風・会社概要

KDDIは会社のブランドがありそうなイメージ!

キャリアパーク会員の就活生を対象に「KDDIに対するイメージを以下から選んでください(複数選択可)」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月15日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「KDDIに対するイメージを以下から選んでください(複数選択可)」
多くの就活生が、KDDIに対して「会社のブランドがありそう」と回答しているのが分かります。大手電気通信事業者の1つであるKDDIには、そのほかにも「会社が安定していそう」など、大手企業ならではのイメージが定着しているようです。 本記事では、そんなKDDIの社風や会社概要について詳しくご紹介しますので、ぜひ企業研究の参考にしてください。

KDDIの社風

「高い通信料を安く」「新事業の開拓」「国境を超える」。KDDIのホームページに並ぶ言葉からは、KDDIの「攻めの姿勢」という企業文化、社風が伝わってきます。常識を超え、通信を変え、世界を変えることを目指しています。福利厚生や教育制度からも、こういった姿勢をうかがうことができます。

チャレンジ精神溢れる攻めの社風

人事からのメッセージには、「私たちと共にチャレンジングな目標を成し遂げ、新たな価値を創造しましょう」という文面が並んでいます。こういた文面からも攻めの社風が伝わってきます。こういった社風は充実した福利厚生や教育制度にも支えられています。また、auブランドを始めとしたさまざまな情報通信技術領域で価値の高いサービスを提供しているKDDIですが、「異業種とのアライアンス戦略」、「新規チャネルの開拓」、「BtoBtoCサービスの企画」といったように、従来の通信以外の新規領域へ事業を展開しています。こういった新しい領域に安心して事業展開を行えるのも、福利厚生の充実や、しっかりとした教育制度のおかげなのです。このように、KDDIには新たなサービスを作るためのチャレンジ精神を尊ぶ社風が根付いています。

福利厚生が充実していたら安心できる!

就活生の声

キャリアパーク会員の就活生を対象に「就活する上でどんな福利厚生があれば「いいね!」と思えますか?思いつく限りすべて上げてください!」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • 有給が採りやすい
  • 育休取得実績
  • 寮 保険
  • 育児制度
  • ボーっとする休暇
  • 育児休暇又その後の職務復帰が可能
  • 住宅支援
  • 育児休暇

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月21日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「就活する上でどんな福利厚生があれば「いいね!」と思えますか?思いつく限りすべて上げてください!」
福利厚生は、応募企業を決める際の指標のひとつです。アンケート調査の結果を見ると、多くの就活生が「育児休暇」「有休」「住宅支援」に関する福利厚生の充実を望んでいるようです。たしかに、これらすべてが充実している企業であれば安心して働くことができそうですね。中でも「育児休暇」は特に重要視されているようです。 では、KDDIの福利厚生はどのようになっているのでしょうか?

KDDIの福利厚生

KDDIのホームページには、福利厚生の内容として、休日関係では
・完全週休2日制(土日祝)
・年間休日121日(土日祝・年末年始:2014年度実績)
・年次有給休暇(初年度15日、次年度以降20日)
・フリーバケーション制度(連続5日有給休暇取得促進)
・リフレッシュ休暇
・育児・介護休職 など
の項目が並んでいます。こういった基本的な福利厚生がきちんと設定されているので、チャレンジ精神を尊ぶ社風が根付いているのでしょう。

休日だけでなく各種優待といった充実の福利厚生

そのほかの福利厚生として、KDDIグループ共済会(生活支援制度、団体扱い生命保険、相互扶助給付、各スポーツクラブ、ゴルフ場、百貨店優待、テーマパーク・リゾート施設利用割引など)があります。また、住宅融資や全国約150ヶ所の契約保養所といった項目も、KDDIという大企業ならではの福利厚生の充実ぶりといえます。常に攻めの姿勢を社風としているKDDIは、こういった充実の福利厚生に支えられ、より一層の飛躍を臨むことができるのです。

就活生は「研修・OJT・資格取得サポート」などの教育制度を望んでいる!

就活生の声

キャリアパーク会員の就活生を対象に「どのような教育制度があれば「充実している!」と思えますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • 海外研修に行ける
  • 研修制度
  • 先輩がマンツーマンで指導
  • OJT制度の充実
  • 入社前にエクセル・ワードの練習
  • 資格取得支援、入社後の立ち回りについて享受できる制度
  • 動画学習
  • 資格取得サポート制度

調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月21日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「どのような教育制度があれば「充実している!」と思えますか?」
アンケート調査の結果を見ると、就活生はさまざまな教育制度を望んでいるのがわかります。「資格取得支援」「研修制度」「OJT制度の充実」など、実に多くの種類の教育制度が挙げられました。教育制度の充実は、就活生にとっては不安を取り除いてくれる重要な指標のひとつなのですね。 では、KDDIの教育制度はどのようになっているのでしょうか?

KDDIの教育制度

KDDIの教育制度は、新入社員の入社時研修から始まって、半年後のフォローアップ研修、2年目研修、3年目研修、5年目研修と、きめ細かい研修体制となっています。充実した福利厚生だけでなく、こういったきめ細やかな教育制度のおかげで、新人からチャレンジ精神を尊ぶ社風を身に付けることができるのです。入社後は入社時集合研修と現場研修を経て本配属となります。現場研修では営業現場での業務を通じて「お客さま視点」を養うことを目的としています。また、先輩社員との交流会、合宿での野外体験学習なども実施しています。

入社後のフォローアップなど年数に応じた研修が設定されている

入社半年後のフォローアップ研修では、入社時の研修で学んだスキルや基本行動が職場で実践できているかをチェックされます。2年目研修では論理的思考を身につけ、業務のスピードアップと確実な成果につなげることを目的とし、3年目研修では問題解決力と行動力の向上を目指すなど、それぞれのキャリアに応じたステップアップを促すような教育制度がKDDIには用意されています。充実の福利厚生に加え、こういった教育制度からも、社会に対して攻めの姿勢をもつ社風が支えられていることが分かります。

KDDIは充実の福利厚生とキャリアに応じた研修で攻めの社風が根付いている

「攻めの姿勢」という企業文化を持つKDDIには、チャレンジ精神を尊ぶ社風が根付いています。新しい事業にどんどん取り組んでいける社風がある環境です。福利厚生は大企業らしく、充実の内容となっています。連続5日の有給休暇取得を促進するフリーバケーション制度をはじめ、ワークライフバランスを重視している福利厚生の姿勢が伝わってきます。また、KDDIの教育制度は新卒の社員に対しては、入社時の研修から5年目研修まで、きめ細かいスケジュールが組まれ、社員のたゆまない成長をサポートする教育制度となっています。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント