2016年11月29日(火) 更新

ベインアンドカンパニーの社風と福利厚生や教育制度で就活生が知っておくべき事

ベインアンドカンパニーの社風はアメリカで一位

ベインアンドカンパニーはアメリカのコンサルティングマガジンで働きたいコンサルテイングファームランキング第一位を10年連続で獲得しています。社風、福利厚生、教育制度、ワークライフバランスなどが総合的に評価されており、特に社風にはベインアンドカンパニーも力を入れており、一位になっています。素晴らしい社風と言えるでしょう。

オフの時間を大切にする社風

ベインアンドカンパニーは年に二回パーティーがあり、社長とテニスをするイベントもあったりなどオフの時間を大切にしている社風です。また、タフな環境に置かれる新入社員が活躍しやすいように、福利厚生や教育制度も非常に整っています。多様な交流グループの創設にも力を入れていて、女性社員の社内ネットワークであるWomen at Beinなどの各種ネットワークグループを構築し、スタッフの多様性を前提としたトレーニングスキルの蓄積や人材育成を行っています。

ベインアンドカンパニーの福利厚生は各種保険があり手厚くなっている

ベインアンドカンパニーはアメリカのコンサルティングマガジンで働きたいコンサルテイングファームランキング第一位を10年連続で獲得していますが、社風、教育制度、福利厚生、ワークライフバランスの中でも福利厚生は特段高く評価されています。HPに記載されている福利厚生は各種保険、社会保険完備、適格退職年金制度、各種研修制度です。

社員寮は存在しない

日本企業では社員寮などがあって安価に居住することができるのですが、ベインアンドカンパニーは外資系のために社員寮は存在しません。報酬に関してですが、入社三年目で年収1000万円程度になっています。いうまでもなく日本企業と比較したら、破格の報酬といえるでしょう。コンサルティング会社は最も重要なリソースが社員ですので、社員を大事にする社風があり手厚い福利厚生や教育制度はそのあらわれといえます。

ベインアンドカンパニーは会社全体で社員を育成する教育制度となっている

ベインアンドカンパニーは福利厚生に加え、教育制度が非常に充実しています。会社全体として社員を育成する社風が存在します。例えば、グローバルネットワークの活用です。ベインアンドカンパニーでは社員がグローバルな経験を積めるように、各オフィスのコンサルタントの約20%が他国のオフィスに派遣されます。

エクスターンシップが存在する

また、エクスターンシップの実施も特質すべき教育制度のひとつでしょう。コンサルタントは本人の希望する社外の一般企業やベンチャー企業、NGOやNPOなどに最大6ヶ月派遣され、コンサルタントという立場を越えた幅広い経験を詰むことができます。手厚い福利厚生、豊かな社風、充実した教育制度のもと社員は自らの仕事に専念できています。

ベインアンドカンパニーの社風はアメリカでも一位で各種保険の整った福利厚生・会社全体で行う教育制度と働きやすい環境となっている。

ベインアンドカンパニーはその優れた社風や福利厚生、教育制度、ワークライフバランスなどからその働きやすい環境が非常に評価されています。オフを大切にする社風のもとで、完備された福利厚生と高い報酬で社員は働いています。その際に様々な経験がつめるようにと、教育制度も整っています。ベインアンドカンパニーは競合であるマッキンゼーやBCGとくらべても働きやすい社風・環境といえるのではないでしょうか。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

5a334849b2c88964

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント