2019年12月06日(金) 更新

リクルート住まいカンパニーの面接に受かるための対策と回答例

リクルート住まいカンパニー対策:面接は複数回実施

リクルート住まいカンパニーの面接は複数回行われるという以外の詳しい情報は公開されていませんが、実際は1次から3次までの面接が実施されるようです。
・1次面接は配属先のマネージャー
・2次面接は配属先の役員
・3次面接は幹部役員
という流れになっています。

面接は3回行われ人柄が重要視されるが質問への対策や心構えが必要

・1次面接では学生時代のことなど、応募者の人柄を見極めるための質問がメインとなります。小学生のときのことを質問されたという回答例もあります。リクルート住まいカンパニーでは人柄が大きなポイントとみなされます。表情や仕草なども重要な要素となりますので意識しましょう。
・2次面接では配属された場合の業務について等、実際に勤務するうえでの心構えなどの質問が中心となります。しっかりとした対策が必要です。
・3次面接ではリクルート住まいカンパニー全体に対する質問に答えなければなりません。俯瞰的な視野で物事を捉えることができるよう対策を立ててください。回答例を読み込むことも有効ではありますが、自分なりの考えを説明できるようにしておくと万全です。

面接において第一印象が与える影響は大きい

自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

リクルート住まいカンパニー対策:面接で聞かれた質問例集

リクルート住まいカンパニーの面接で想定される質問例を見ていきましょう。

基本的な質問で人柄を把握する

・志望動機
・自己PR
・大学では何を研究していたのか?
・これまでで経験した大きな失敗は?

これらは面接の基本ともいえる質問です。そのため回答例も多く対策が立てやすいものではあります。このような質問の意図は応募者の人柄を把握するためのもの。リクルート住まいカンパニーは人柄を重視する傾向が強いと言われていますので、基本とはいえしっかりとした回答を用意しておきたいものです。

適性や将来性を確認する意図の質問

・入社したら何をやってみたいか?
・今後3年間のキャリアプランを教えて欲しい
・個人として将来に対するビジョンを教えて欲しい
・お気に入りの商品をアピールしてください

これらの質問は適性や将来性を確認する意図があります。各企業の特色が出る質問といえます。
企業によっては、回答が困難な質問をあえて投げかけてみて柔軟性を試すこともあるようですが。リクルート住まいカンパニーはオーソドックスな質問が多く、イレギュラーな質問への対策は重視しなくても良いようです。それでは具体的な回答例をみていきましょう。

リクルート住まいカンパニー対策での面接の質問と回答例①:経験から学んだこと

自己PR:
大学では男子によるチアリーディングチームに所属している。「チアリーディングといえば女子」という既成概念を変えたいという思いから、自分が呼びかけを行い、結成したサークルである。アマチュアバンドのプロモーションビデオに出演するなど、予想以上の反響を得ている。この経験を通じ、発想力が身についた。また、発想するだけではなくどのように実現させていくかというノウハウも学ぶことができた。

リクルート住まいカンパニー対策での面接の質問と回答例②:業務内容を理解した動機

入社したら何をやってみたいか?:
対面で物件を案内するアドバイザー業務を経験してみたいです。カスタマーと直に接することで、ニーズを的確に判断し、最適な物件を提案する。そこから得られる経験は、住まいを通じてカスタマーやクライアントの未来を想像するという御社の業務の基本であると認識しています。

リクルート住まいカンパニー対策での面接の質問と回答例③:自分の意見を持つ

お気に入りの商品をアピールしてください:
iPhoneです。iPhoneはそのブランド力が評価されがちですが、私はそうは思いません。
私が感じるiPhoneの魅力とは利用者の求めるものを先取りしている点にあります。最新技術はともすれば利用者の視線から外れ、ひとり歩きしがちです。iPhoneに搭載されている機能は最先端の技術に裏打ちされているものではありますが、利用者の目線から外れていません。Siriという音声認識システムはその象徴です。iPhoneの技術は人が使って初めて真価が発揮できるものだ、という理念が具体的な形になっています。

リクルート住まいカンパニーの面接では人柄を把握しつつ適正・将来性に関わる質問をされるので業務内容に合った自分なりの回答ができるよう対策をする

リクルート住まいカンパニーの面接に望むにあたって、最も適切な対策は、奇をてらわず素直に自分の考えを伝えることです。回答例①のような定番である質問はとても重要であることを意識しましょう。また、回答以上に表情や仕草も大きなポイントとなります。回答例②のような適性、将来性を判断するための質問に対しては、事前にビジョンを明確にしておくことが、最良の対策です。回答例③は論理的な会話の力が要求されます。リクルート住まいカンパニーの面接は1次、2次とステージが進むに連れて、様々な角度から質問されるという傾向が強いため、自分の考えの基礎をしっかりと固めておく必要があります。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Bc13609351f58bdb

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント