2016年11月29日(火) 更新

東京で就活する地方の学生のデメリットと対策法

地方学生の東京で就活にはデメリットが多い

地方の人が就職を行う場合に、東京と比較して選択肢が少なくなってしまう事が難点となってしまいます。そういった事で東京で就活する地方の大学生は多くいます。しかし地方の学生が東京で就活するのは色々な面で不利になってしまう事があるのですが、就活までに多くの事を準備しておかないと気付いた時には遅い事もあります。

地方の学生が東京で就活するデメリット①:金銭面

都会人と地方の学生での大きな差はお金の面にあり、自宅から企業の選考会場までの移動に掛かるお金に非常に違いが生じてきてしまいます。就活は1つの企業の選考でも1度で終わる事がなく、面接だけでも複数回に分けられて行われます。その為に掛かる費用は膨大なものとなってくるので、都会の人よりも数倍の就活を貯めて東京で就活を行う事が求められます。

地方の学生が東京で就活するデメリット②:移動時間

地方の学生が東京で就活を行う場合にお金以外にも移動の差が大きく、それだけ時間の掛かるものとなってしまいます。就活ではやる事も多く効率化が求められていますが、移動時間などを入れていくと都会の学生が2つ受けられた所を移動時間の関係で1つしか受ける事が出来ないという事もあるのです。この差を理解して東京で就活を行う場合には備えなければいけません。

地方の学生が東京で就活するならシェアハウスがおすすめ

地方の就活生用のシェアハウスがあり、1日からでも借りることが出来るものもあるので就活の日程に合わせて使う事で、東京で就活する差を埋めることが出来るようになります。シェアハウスでは移動のお金と時間という部分を上手く節約することが出来るようになるので、地方の学生が東京で就活を行う際には良いものとなっています。

地方の学生向けに採用活動を展開する企業も増えている

就活の時期だけでも、東京を拠点にして就活を行う人も多くいます。元々居た場所からの活動によって、精神的負担の大きい就活の中でも地元に戻ってくる事で精神的に安心した形で出来るという利点があります。最近企業では、地方の学生に対しても就活がしやすいように色々な取り組みが行われているので、地方の学生が東京で就活する場合でも上手く利用する事が出来れば効率良く出来るようになるのです。

上京しなくても選考に参加できる!web説明会の開催

就活ではいきなり選考というよりも、企業独自の説明会などを行ってから選考に入る事が多いですが、説明会の為に地方から東京に出てくるのは大変なものです。そういう時にweb説明会なども開催されていることもあるので、東京まで出ていく必要もなく参加をする事が出来るようになっています。

地方の学生が東京で就活するデメリットはお金と時間がかかる事!シェアハウスやweb選考を有効に活用しよう!

地方の学生が東京で就活を行う場合には乗り越える事が多くあるのですが、始めて気付く事も多くあるので理解してお金などは多く貯めておく必要があります。また、地方の学生が東京で就活をする上で都会の学生との差を埋める為には、シェアハウスや企業が行っているweb説明会などを利用して上手く時間とお金の節約が必要です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

今からでも巻き返せる!最短2週間で内定が狙えるWEB面談サービス

    エントリー後、主催の株式会社irodasよりお電話を致します。