2018年02月16日(金) 更新

テレビ朝日の社風・福利厚生や教育制度で就活生が知っておくべき事

テレビ朝日の社風 –業界の概要と特徴-

テレビ朝日の社風と言うよりもテレビ業界全般に言えることですが、入社当初は手厚い教育制度や慣れない環境の則した福利厚生制度を利用しやすくなっています。ところが制作現場に近い職種になるほど福利厚生の利用度は下がり、教育制度も移動があっても先輩や仲間のフォローを受けながら短期で習得していくような制度になっています。

業界の社風:長期休暇などを除くと毎日臨戦態勢で臨んでいる

実はこのような体制はテレビ朝日だけではなく、外注の制作会社なども同様で業界全体の社風のようなものとなっています。また働く時間が不定期なる部署が多く、年に2回の長期休暇などを除くと、まさに戦場のような臨戦態勢で臨んでいると言うのが現状です。より良いものを作ること、またスピーディに他社に負けないニュースの配信であったりと、テレビ朝日というよりもこの業界ならではの仕組みがあります。

テレビ朝日の福利厚生 -概要と特徴-

テレビ朝日の福利厚生の整備は同業他社に比べると遥かに整っています。同時に個々のスキルアップについてのいくつかの教育制度が実施されますので、業務に置いて支障が出ることはりません。テレビ朝日では特に福利厚生については社風としても整備が進んでいて、勤務時間が8時間拘束のフレックス体制となっていますので、非常に短い時間帯の出勤日もあります。

福利厚生:勤務時間が8時間拘束のフレックス体制

またテレビ朝日は福利厚生施設の活用やリフレッシュについては理解のある社風です。テレビ朝日に入社しても当初は困ることはないでしょう。ただしアナウンサー職では、勤務時間が8時間拘束のフレックス体制となっていますが、職種の関係上、勤務時間が不規則であったり、夜間勤務や早朝勤務はもちろんのこと、臨時のための待機(泊り)勤務などもありますので、教育制度は整っていますが女性にとってはハードな面があるかもしれません。

テレビ朝日の教育制度 -概要と特徴-

テレビ朝日にもある報道番組についてはいち早く情報を伝えること、そして何よりも大切なのは正確なソースです。ドラマやエンタメなども視聴者やスポンサーに配慮した、安心できて楽しめる番組制作が求まれます。そのためにはテレビ朝日においても、多くの教育制度が求められ個人的なスキルや職種によって必須となるスキルを身につける必要があります。

教育制度:ジョブローテーション制で様々な職を理解する

またテレビ朝日の社風ともいえるジョブローテーションで、さまざまな職種の良さを理解することができるのも、教育制度の一環と言えると思います。一方で一部の職種においては福利厚生の利用率が低いのは、その職種に原因があるからですが、アナウンサーなど特殊な職種において福利厚生のみ難しいのもテレビ朝日においては社風と言えるかもしれません。

テレビ朝日は業界特有のシビアな社風の中でものフレックス体制などの福利厚生やジョブローテーション制の教育制度などが充実

テレビ朝日の社風はニュースとの連動した早い情報提供、そして造り手も受け手も楽しめる番組作りにあります。それらを支えるのはテレビ朝日の教育制度で培われた確かな技術と、常にリフレッシュされた福利厚生制度の寄与にあると思います。ただしテレビ朝日に限らず、現場に近くなるほど福利厚生や教育制度の利用度が低くなるのはテレビ業界特有の社風ともいえます。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント