2017年06月29日(木) 更新

JR東日本を受ける就活生が必ず知るべき福利厚生・教育制度

JR東日本の仕事内容といえば?

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「JR東日本の仕事内容に対してどのようなイメージがありますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • 列車の運転、お客様対応
  • 安定していそう
  • 地域に貢献できる
  • 東日本の電車の運営やイベント・旅行の企画など
  • 鉄道、広告、旅行など幅広い

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「JR東日本の仕事内容に対してどのようなイメージがありますか?」

JR東日本といえば、鉄道業界を代表する企業のひとつです。仕事内容に対して、どのようなイメージを持たれているのでしょうか?就活生を対象に実施したアンケートによると、「安定していそう」「地域に貢献できる」「東日本の電車の運営やイベント・旅行の企画など」といった意見が多く見られました。鉄道は人々の生活に密着していますから、地域貢献に関しては他の職種よりも大きいでしょう。 こちらでは、JR東日本の福利厚生や教育制度について詳しく見ていきます。

JR東日本の社風 -概要と特徴-

JR東日本の社風・福利厚生・教育制度についてまずは社風について見ていきます。長い歴史を誇る鉄道会社、JR東日本の社風は上下関係を重んじる雰囲気がある一方で穏やかで落ち着いている印象です。時代の流れもあり、コンプライアンスが重視されているため社員の休暇は強制的に一定期間が確保されています。

社風:上下関係を重んじる雰囲気がある一方穏やかで落ち着いた社風

プライベートの充実やワークライフバランスを重視する社員には働きやすい環境といえます。また、各鉄道会社と同様に労働組合は社員の重要な活動として位置づけられているため、社業とは別に休日返上での組合活動への従事が必要な場合もあります。いずれにしても、営業エリアが東日本全域と広範囲なので、配属される支社によって多少その雰囲気は異なります。以上、社風・福利厚生・教育制度の社風を中心にご紹介しました。

多くの就活生が「育児休暇」「有休」などのに関する福利厚生の充実を望んでいる!

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「就活する上でどんな福利厚生があれば「いいね!」と思えますか?思いつく限りすべて上げてください!」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • 有給がとりやすい
  • 育休取得実績
  • 寮や保険
  • 育児制度
  • ボーっとする休暇
  • 育児休暇又その後の職務復帰が可能
  • 住宅支援
  • 育児休暇

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月21日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「就活する上でどんな福利厚生があれば「いいね!」と思えますか?思いつく限りすべて上げてください!」

福利厚生の充実は、応募企業を決める際の指標のひとつです。アンケート調査の結果を見ると、多くの就活生が「育児休暇」「有休」「住宅支援」に関する福利厚生の充実を望んでいるようです。たしかに、これらすべてが充実している企業であれば安心して働くことができそうですね。 では、JR東日本の福利厚生はどのようになっているのでしょうか?

JR東日本の福利厚生 -概要と特徴-

JR東日本の社風・福利厚生・教育制度について、次は福利厚生について見ていきます。JR東日本の福利厚生はたいへん充実しています。扶養手当や通勤手当等の一般的な手当はもちろんのこと、東日本旅客鉃道ならではの手当も多く整備されています。関東圏では「都市手当」として給与が15%補助されたり、管理エリア内の普通電車の無料パス交付など鉄道会社ならではのものが整備されています。

福利厚生:女性の働きやすさに配慮した福利厚生の充実が特徴

女性の働きやすさに配慮した福利厚生の充実も特徴です。従来、男社会であった鉄道会社にも女性の積極登用のスタンスが根付き、育児休暇や産休などの制度はかなり整備されています。休日休暇はポテンシャル採用で初年度有給休暇が15日(最大20日)、プロフェッショナル採用も有給休暇は同様ですが、年間114日間の休日が具体的に定められているのも特徴です。以上、社風・福利厚生・教育制度の中で特に福利厚生についてご紹介しました。

就活生の多くがさまざまな教育制度の充実を望んでいる!

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「どのような教育制度があれば「充実している!」と思えますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • 海外研修に行ける
  • 研修制度
  • 先輩がマンツーマン指導
  • OJT制度の充実
  • 入社前にExcel・Wordの練習
  • 資格取得支援、入社後の立ち回りについて享受できる制度
  • 動画学習
  • 資格取得サポート制度

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月21日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「どのような教育制度があれば「充実している!」と思えますか?」

アンケート調査の結果を見ると、就活生はさまざまな教育制度を望んでいるのがわかります。「資格取得支援」「研修制度」「OJT制度の充実」など、実に多くの種類の教育制度が挙げられました。実際に「仕事をする」際の不安が教育制度によって取り除かれるのであれば、それは就活生にとって非常に嬉しいことですよね。 では、JR東日本の教育制度はどのようになっているのでしょうか?

JR東日本の教育制度 -概要と特徴-

JR東日本の社風・福利厚生・教育制度について、次は教育制度について見ていきます。JR東日本の教育制度は研修として大きく3つのカテゴリーがあります。まず、一般的な集合研修ですが、JR東日本総合研修センターをはじめとする各研修施設や訓練センターで行われるものです。これらは乗客の安心安全を守りスムーズな運行のための能力向上などの目的で定期的に実施・受講する必要があるものですが、向上心のある社員に対して、一般教養や資格取得をサポートする通信研修や社外研修も整備しています。

教育制度:社員のモチベーション向上も考慮した充実の教育制度

留学制度もあり、3ヶ月程度の短期留学から海外・国内への大学院留学制度もあります。入社後数年を経過するとルーチンワークも多くなるため、社員のモチベーション向上も考慮した充実の教育制度となっています。以上、社風・福利厚生・教育制度の中で教育制度についてご紹介しました。

JR東日本は穏やかで落ち着いた社風で働きやすさに配慮した福利厚生が充実しておりモチベーション向上を考慮した教育制度となっている

JR東日本の社風・福利厚生・教育制度について紹介してきましたが、いずれも社員の働きやすさに配慮した制度整備となっていて人生設計がたてやすく長く働ける会社という印象です。福利厚生も一般的な手当以外の鉄道会社ならではのものまで充実しています。休日休暇も取りやすい環境のため、ワークライフバランスに優れた働き方ができます。JR東日本の社風・福利厚生・教育制度をご紹介しました。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

5a334849b2c88964

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント