2019年11月27日(水) 更新

東京電力を受ける就活生が必ず知るべき福利厚生・教育制度

東京電力はエネルギー業界を代表する企業のひとつ!

就活生の回答

  • 中部電力
  • 福島原発
  • 中部電力 関西電力
  • 関西電力
  • 関西電力、東北電力、中部電力

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「東京電力の競合となる企業を思いつく限りで1~3つ上げてください」

東京電力といえば、「東電」という略称でも日本全国で広く知られている大手企業です。そんな東京電力の競合として、どのような企業が挙げられるのでしょうか。アンケートの結果、「関西電力」「東北電力」「中部電力」などが挙げられました。それぞれの地方を代表する電力会社が多いようですね。 こちらの記事では、東京電力の会社概要や福利厚生、教育制度などを紹介します。

東電の福利厚生・教育制度①:社風について

東京電力はチームワークや協力を大切にする社風です。求める人物像も、周りと協力して成果を出す人や、チームを引っ張っていける人としています。男性社員が多いため男性的な社風はありますが、女性の活躍できる場を作るために育児休暇の整備や女性社員の集まる研修など、女性社員向けの福利厚生や教育制度も整える活動をしています。男女共に働きやすい環境づくりを進めているといえるでしょう。

協調性を大切にしている

東京電力は、仲間との協力や、チームワークを大切にする社風の会社です。男性社員の中に体育会系の社員が多く、会社全体の雰囲気は男性的といえます。上下の風通しが良いとはいえませんが、教育制度がしっかりしているので、きちんとキャリアを積んで着実にステップアップしていくことで、上層部に意見をいえるようになっていくでしょう。

東電はダイバーシティの推進を掲げている

東電は社風と福利厚生の方針の中でダイバーシティの推進を掲げています。そのため、ワークライフバランスについても積極的に推進し、社員の多様な生活に対応して、女性だけでなく男性社員にも生産性の高い働き方を求めています。そのために福利厚生と教育制度を充実させ、心身の健康と高い生産性の両立を実現させようとしています。ダイバーシティを推進する社風に基づいて、教育制度・福利厚生の整備にも力を入れています。
東京電力の教育研修には大きくわけて2種類あります。一般的な知識やビジネススキルを学ぶ研修と、実際の現場作業について学ぶ技能面での研修です。東京電力では、チームワークと責任を重視する社風から、現場社員の技能とスキルは高いレベルを求めており、安全面に配慮してOJTはなるべくおこなわないようにしています。なお、詳しい教育制度については後半に改めて紹介します。

もっと詳しく業界研究をする

インフラの中でも電力、ガス、石油といったエネルギー業界で働きたいという就活生は、エネルギー業界の仕組みや各企業について把握することが大切です。業績推移や各社の強みを知っておくことで、「この企業でなければならない」という入社意欲を志望動機に反映させることができるでしょう。そこでおすすめなのが「エネルギー業界大研究Book」です。今後の課題や展望についても把握しておきましょう。無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。

東京電力の福利厚生はどうなっている?

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「就活する上でどんな福利厚生があれば「いいね!」と思えますか?思いつく限りすべて上げてください!」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • 有給がとりやすい
  • 育休取得実績
  • 寮や保険
  • 育児制度
  • ボーっとする休暇
  • 育児休暇又その後の職務復帰が可能
  • 住宅支援
  • 育児休暇

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月21日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「就活する上でどんな福利厚生があれば「いいね!」と思えますか?思いつく限りすべて上げてください!」

福利厚生の充実は、応募企業を決める際の大切な指標です。アンケート調査の結果を見ると、多くの就活生が「育児休暇」「有休」「住宅支援」に関する福利厚生の充実を望んでいるようです。たしかに、これらすべてが充実している企業であれば安心して働くことができるでしょう。 続いては、東京電力の福利厚生の中でも「社会保険」などを中心にチェックしていきます。保険制度の充実は見落としがちですが、企業選びの際は要チェック項目です。

東京電力の福利厚生・教育制度②:社会保険について

東京電力の社会保険について紹介していきます。東京電力は、首都圏及び関東圏を中心に営業している大手の電力供給会社です。大手であることから、社会保険や諸手当は充実しています。それでは、東京電力の福利厚生について詳しく見ていきましょう。

健康保険や厚生年金保険はしっかり完備されている

東京電力では、福利厚生の一環として健康保険や厚生年金保険、そして労働災害補償保険、雇用保険などがしっかり完備されています。企業選びの際にはこういった福利厚生の条件もきちんとチェックしておく必要があるでしょう。

教育制度も企業選びの大切な指標のひとつ!

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「どのような教育制度があれば「充実している!」と思えますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • 海外研修に行ける
  • 研修制度
  • 先輩がマンツーマン指導
  • OJT制度の充実
  • 入社前にExcel・Wordの練習
  • 資格取得支援、入社後の立ち回りについて享受できる制度
  • 動画学習
  • 資格取得サポート制度

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月21日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「どのような教育制度があれば「充実している!」と思えますか?」

アンケート調査の結果を見ると、就活生はさまざまな教育制度を望んでいるのがわかります。「資格取得支援」「研修制度」「OJT制度の充実」など、実に多くの種類の教育制度が挙げられました。入社後の仕事環境に大きく影響する教育制度。充実していたほうが安心できるのではないでしょうか。ここからは、東京電力の教育制度について詳しく見ていきましょう。

東京電力の福利厚生・教育制度③:新卒研修や学べる環境について

東京電力では、他の会社が行っているような通常の社員研修や海外研修、新人研修も行われていますが、加えて東京電力ならではの教育制度も充実しています。また、業種も営業から技術職まで、それぞれに対応した研修が行われるようです。それでは、その研修内容を詳しく見ていきましょう。

技術系社員は研修センターで4ヶ月に渡る研修をこなさなければならない

東京電力に技術職として入社すると、専用の研修センターにて4ヶ月間、新入社員研修が行われます。内容としては、電線に関わる事故の訓練や対処法など、実践的なものがメインとなります。これだけの長期間、みっちりと研修をする企業はそう多くはありません。人材をとても大切にしていることがわかります。

教育制度:技術力向上のため専用の総合研修施設を設けている

教育制度としては技能面の研修に力をいれており、専用の総合研修施設を設けて、そこで各種研修を行っています。実際の現場に近い環境が作られた施設の中での専門トレーニングになるので、技能やノウハウを体で覚えることができるようです。東電の教育制度は福利厚生と並んで充実したものとなっており、新入社員のスキル向上をしっかりと支えてくれる体制ができています。

東京電力の福利厚生・教育制度④:休日や有休制度について

最後に東京電力の休日制度に関して紹介していきます。東京電力は完全週休2日制を採用しています。夏期休暇や年次有給休暇、特別休暇も完備されています。休日休暇制度も企業を選ぶ際には重要な基準になりますので、福利厚生としてしっかり覚えておきましょう。

特別休暇の一環としてボランティア休暇を設けている

東京電力は福利厚生としてボランティア休暇も設けており、年に5日まで取得することが可能です。こういったボランティア活動を、会社を挙げて推進することで、少しでも消費者の生活が豊かになるようにという堅実な思いが伝わってきます。

女性が働きやすい制度と男性でも出産休暇の取得が可能

ダイバーシティの社風に基づき、休暇制度も充実しています。女性のライフイベントを支える育児休暇や、子供の看護休暇、短時間勤務制度など各種休暇制度を導入しているほか、男性社員のために配偶者の出産休暇もあります。こうして社員になるべく充実したプライベートを提供する代わりに、各種研修などの教育制度を充実させ、短い時間で高い生産性を維持していこうとしています。福利厚生の中でも休暇制度については、かなり充実した内容になっているでしょう。

東京電力は休暇が充実した福利厚生や研修センターでの社員研修のように充実した教育制度が魅力

東電の社風・福利厚生・教育制度で就活生が知っておくべき事について見てきました。社風はチームワークと責任感を重視しており、体育会出身者が多いことから男性的な職場といえるでしょう。しかし、福利厚生で育児休暇などの女性が働きやすい職場作りにも力をいれているので、男女共にワークライフバランスが取れた環境が作られています。また、教育制度に関しては自社の総合研修施設を設けており、技術職の研修などはこの施設で専門研修を受ける事ができます。東電は、高いレベルで社員の働きやすさやスキルアップを支える環境を整えている会社です。東京電力は4カ月に渡る研修や教育制度が整っているので入社後にもレベルアッップしていきたい社員にはとても恵まれた環境といえるでしょう。海外研修の道も開かれていますし、お茶の専門家になる資格制度まであります。年次休暇などもきちんと取れ、福利厚生もしっかりしています。このように機会均等な社風で福利厚生にも厚く、社内教育制度も整っているのが東京電力の特徴といえるでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント