2019年11月27日(水) 更新

東京電力を受ける就活生が必ず知るべき初任給・ボーナス・平均年収

東京電力は研修が充実している印象がある

キャリアパーク会員の就活生を対象に「東京電力に対するイメージを以下から選んでください(複数選択可)」というアンケートを実施しました。

就活生の多くは東京電力に対して、研修制度が充実している持っているようです。ライフラインに関わる東京電力は、安定した事業基盤のイメージから研修などの福利厚生が充実しているイメージがあるのでしょう。では、実際はどうなのでしょうか?東京電力の初任給、ボーナス、年収などを確認していきましょう。

毎月の生活費も考えた上で平均給料を気にする就活生は多い!

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「応募企業を検討する上で、平均給料(平均年収)は気にしますか?理由も併せて教えてください」というアンケートを実施しました。


  • 気にする。お金はやっぱりほしい。

  • する。大切だから

  • 気にする。家計の問題

  • 気にしない。

  • あまりにも少ないと病気になって治療費も払えないと困るから

  • 気にする。理由:その企業がどれだけ社員を大切にしているかわかるから

  • とくになし。金じゃない

  • 気にする。年収から月々の生活費をどの金額で過ごすかを考えるから。

アンケートの結果から、月々の生活費のことも考えて、企業を志望する際は平均給料も気にする就活が多いことが分かりました。
しかし、中には「気にしない」という就活生もおり、お金ではなく自分のやりたいことができれば良い、と考える学生もいるようです。

東京電力の初任給について

東京電力に就職を希望する場合、初任給、ボーナス、平均年収は調べておきたいところです。一人暮らしなど、新生活を始める場合は初任給が重要ですし、人生設計をする上では月収と平均年収を知る必要があります。自分の家庭を持ちたいという人も、生涯でどれくらいの給料を稼げるのかを把握するべきでしょう。まずは東京電力の初任給をご紹介します。

東京電力の初任給は4年制大学卒だと20万円程度・修士卒であれば22.5万円

ここでは、東京電力の初任給について紹介していきます。ホームページの情報によると、東京電力の初任給は、4年制大学卒だと20万円程度・修士卒であれば22.5万円です。また、短大・専門学校卒の場合の初任給は16.5万円程度になります。昇給も年に一度4月に行われます。東京電力を就職先に考えている場合は、こういった初任給に関する情報もきちんと押さえておきましょう。

初任給・ボーナスともに20万以上が就活生のステータス

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「初任給とボーナスは、それぞれいくらくらいだと「いいね!」と思えますか?」というアンケートを実施しました。


  • 25万、50万

  • 初任給20万前後、ボーナスは2月分

  • 初任給20万ボーナス50万

  • 20万

  • 新入社員なので少なくても不満を漏らさない

  • 25万以上

  • 30万

  • 初任給20万、ボーナス45万

就活生の多くは、20万以上の給料とボーナスを希望していることが分かりました。「初任給20万前後、ボーナスは2月分」「初任給20万ボーナス50万」など、給料は平均並みですが、ボーナスは少し高めの金額を期待しているようです。

東京電力のボーナス制度について

初任給の次は、東京電力のボーナスについて確認しましょう。ボーナスは臨時収入として買い物やローンの返済に使えるだけでなく、平均年収にも大きく関わります。また、どんなボーナス制度なのかを知ることで、仕事へのモチベーションにも直結するものです。

東京電力は年俸制を採用しているためボーナスはない

東京電力は、2013年度よりボーナス支給を廃止して、仕事の成果に応じて賃金が変わる年俸制を導入しました。この制度変更の背景には、優秀な人材の流出に歯止めをかけるという狙いがあったようです。

東京電力の平均年収について

最後に東京電力の平均年収について見ていきましょう。平均年収とは新卒で入社した新入社員と、退職間際のベテラン社員の総額の平均を試算したものです。平均年収が東京電力で貰える給与の目安となるわけではありませんが、将来のモデルとして確認する価値があります。上記の厚生労働省の賃金マップに基づいた賃金グラフをご確認ください。

東京電力の平均年収は約619万円

東京電力の平成25年発表の東京電力の平均年収は約619万円でした。賃金マップから推測すると、東京電力の平均年収は上記の図のようになります。また、各年代の大まかな金額は以下のようになるようです。

◆20代:336~438万円
◆30代:539~654万円
◆40代:774~880万円
◆50代:501~866万円

東京電力は業界大手の電気供給メーカー

東京電力は首都圏や関東地域を中心に事業を進めている大手の電力供給会社です。東日本大震災直後は新卒採用を行っていませんでしたが、近年採用活動を再開したようです。また、大手企業ですから、人気度も高くなることが予想されます。

もっと詳しく業界研究をする

インフラの中でも電力、ガス、石油といったエネルギー業界で働きたいという就活生は、エネルギー業界の仕組みや各企業について把握することが大切です。業績推移や各社の強みを知っておくことで、「この企業でなければならない」という入社意欲を志望動機に反映させることができるでしょう。そこでおすすめなのが「エネルギー業界大研究Book」です。今後の課題や展望についても把握しておきましょう。無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。

東京電力の初任給は20万円程度でボーナスはなく年俸制を採用しており平均年収は669万円

東京電力の初任給、ボーナス、平均年収についてご紹介しました。東京電力の初任給は、4年制大学卒は20万円程度で大学院卒は22.5万円になります。また、東京電力の平均年収は約669万円です。将来的な年収も計算に入れて、ライフプランを考えてみましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【”無限”選考対策】確実に、1社内定へ

    10/02 (17:00~18:00) 【※WEB面談※】