2019年08月13日(火) 更新

日本郵船を受ける就活生が必ず知るべき福利厚生・教育制度

日本郵船の社風・福利厚生・教育制度①

日本郵船の社風・福利厚生・教育制度のうち、まずは社風について紹介しましょう。日本郵船グループは、全世界で約5万人の人材を抱えています。そんな日本郵船の社風とは、どういったものなのでしょうか。

社風:誠意・創意・熱意

日本郵船がNYKグループ・バリューとして掲げているのは、【誠意・創意・熱意】の3つです。企業HPを見てみると、以下のように記載されてあります。

誠意:うそいつわりのない心・私利私欲のない心。まごころ。お客様をはじめ、相手を尊重して、相手の立場を徹底的に考え抜く気持ち。思いやり。
創意:これまでだれも考え付かなかった考え。新しい思い付き。現状に満足せず、より良いものにするための『原動力』、つまり『変革』や『挑戦』。
熱意:一途にそれに打ち込んでいる気持ち。熱心な気持ち。困難なものに対して、継続して達成するまでやり遂げる熱い思い。

これらは日本郵船における社風を作ってくために、社員が日々の業務を通じて実践していくものであり、部下・同僚・新人に伝えるべき社風です。

日本郵船の社風・福利厚生・教育制度②

日本郵船の社風、福利厚生、教育制度のうち、次は福利厚生について紹介しましょう。日本郵船の福利厚生は充実しています。施設だけでも独身寮や勤務地ごとに完備された社宅、グランドやプール、テニスコートがついた総合運動場もあります。

また箱根や那須、軽井沢、木曽駒、六甲山など全国各地に保養地を持っているほか、契約スポーツ施設、社員クラブに保育室などまで完備しています。

福利厚生:保有する施設と制度は充実している

福利厚生は共済年金や財形制度、社員持ち株制度などが整備されています。給与や休日休暇も他社に比べて充実しているため、働く環境の制度的な面でこれ以上の企業を見つけるのは難しいとさえ言えるでしょう。

さて社風と福利厚生についてみたところで、最後に教育制度についてみておきましょう。

日本郵船の社風・福利厚生・教育制度③

日本郵船の社風、福利厚生、教育制度のうち、最後に教育制度について紹介しましょう。日本郵船の教育制度は福利厚生同様、レベルの高いものとなっています。

新入社員研修、ビジネス英語研修や短期海外語学研修、英語プレゼンテーション研修や財務、コンピュータ研修のほか、MBA留学やM&A研修まであります。

教育制度:世界に通用する人材育成を目指す「NYKビジネスカレッッジ」

特筆すべきは「世界で戦う力」を養成するというコンセプトで運営される「NYKビジネスカレッッジ」という教育プログラムまで用意されています。日本郵船は自分が成長したいと思った時に、そのきっかけを与えてくれる環境が整った企業です。

社風との兼ね合いをうまく取ることができれば、長く勤めても苦にはならないでしょう。

日本郵船は誠意・創意・熱意のある社風で充実の福利厚生教育制度が特徴的

いかがでしたか?日本郵船の社風・福利厚生・教育制度について見てきました。
ジョブローテーションが多く比較的頻繁に働くフィールドが変わるという大企業特有のデメリットはあるものの、それを「自身の成長のチャンス」と捉えることができれば、日本郵船で長く働き続けることができるでしょう。

冒頭でも書いたように社風、福利厚生、教育制度は仕事内容に密接に関わってくる大切な要素です。深く理解し、それが自分の会社人生の中でどのような役割を担うものなのかをよく考えるようにしましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント