2019年12月18日(水) 更新

ゼンショーホールディングスの選考情報で知っておくべき学歴と採用人数

ゼンショーホールディングスの選考情報①:選考の内容と流れ

ゼンショーホールディングスの選考の流れは、次のようになります。

1:会社説明会+適性検査(3時間)
2:二次選考会(グループワーク)
3:個人面接・社員面談 (約2回)
4:最終面接

会社説明会は必須で、同日に開催される適性検査は、マークシート方式です。内容は性格診断テストとIQテスト、記憶力テストで、記憶力テストは20単語の読み上げのあと、紙に書き起こします。グループワークは、6人1組で仕事体験ワークになるのです。面接は2回あり、履歴書に沿った質問と10年後の具体的なキャリアプラン、すき家の問題点と改善点などを問われます。それでは、次からゼンショーホールディングスはの学歴と採用人数について順に説明してきましょう。

あなたの面接力はどのくらい?

面接を受ける際、身だしなみやマナーも意識する必要があります。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、面接で高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

ゼンショーホールディングスの選考情報②:求める学歴は大学・大学院卒業または卒業見込み

ゼンショーホールディングスの求める学歴は大学・大学院卒業または卒業見込みです。ゼンショーホールディングスの採用実績をご紹介しましょう。ゼンショーでは、学歴を問わず早稲田大学や専修大学、大正大学など幅広い大学の学部学科生を採用しています。明るい社風のため、元気な学生や体力のある学生が好まれ、男女問わず当てはまる学生が現在も在籍しています。また文理による有利不利もありません。理系は、機器開発のエンジニアやシステムエンジニア等が該当するでしょう。それでは最後に採用人数をご紹介します。

ゼンショーホールディングスの選考情報③:気になる採用人数と配属

2014年のデータによると、ゼンショーホールディングスの採用実績は全体で約50名以上で、それ以降の採用人数も同程度の予定です。入社後の配属は、職種次第になりますが、各部署に配属され、「自分で考え行動する」を基本方針として、研修を受けていくことになります。学歴が重視されない分、いかにゼンショーホールディングスでどう働きどう貢献できるかを考え抜かないと選考を進んでいくことは難しいでしょう。逆に学歴を恐れずに、下準備をしたうえで選考に挑戦できるということです。以上で、ゼンショーホールディングスの選考内容、学歴、採用人数になります。

ゼンショーホールディングスの選考情報として求める学歴は大学・大学院卒業あるいは卒業見込みで採用人数は50名程度とおさえる

ゼンショーホールディングスの選考の流れや学歴、採用人数についての内容を紹介しました。ゼンショーホールディングスでは、学歴を問わないので、飲食業界のトップに誰でもエントリーすることができます。ゼンショーホールディングスの求める人材であるかと実現したいことをしっかりアピールしていけば、採用のチャンスとなるでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント