2016年11月29日(火) 更新

エリア限定採用のシステムと注意点

エリア限定採用とは

エリア限定採用とは、読んで字のごとく、勤務地を一定のエリアに限定した職種の採用募集です。企業によっては、地域限定職、エリア総合職、特定職などと呼ばれることもあります。

全国展開している大手企業を中心に導入されている

エリア限定採用は、なんらかの事情により引越しや転勤を望まない人たちに活躍できるステージを与えるため、また、優秀な人材の確保が難しい現代でも選択肢を増やすことで、人材の確保と定着を目指すため、などの目的で、実施されています。地域に密着して営業力を高める効果も期待でき、全国展開している大企業を中心に導入されはじめています。

ワークライフバランスの充実や女性の活躍を推進

また、ライフスタイルの多様化などの背景から、ワークライフバランスを充実させるためにも役立っています。さらに、子育てや介護との両立を希望する人や女性の活躍を推進することにもつながっているそうです。フレキシブルな働き方が叶うため、これからますますエリア限定採用の需要が高まっていくことも考えられます。

エリア限定採用のシステム

では、エリア限定採用のシステムは、どのようになっているのでしょうか? 単純に勤務エリアが限定されているだけではないため、しっかりと要点をおさえておきましょう。

①一般職と総合職の中間に設定するケースが多い

エリア限定採用は、一般職・総合職の中間のような位置に設定して応募するケースが多いようです。とはいえ、企業により、その条件はバラバラで、一般職に近い内容で設定するところもあれば、総合職のエリア限定採用としている場合もあります。
実際の仕事内容や働き方については、あらかじめ細かくチェックしておく必要があるでしょう。

②給与は通常よりも低めに設定される

そして、エリア限定採用のシステムとして、おさえておくべき重要なポイントが「通常よりも給与が低めに設定されていること」。ほとんどの企業が、エリア限定採用の場合、同職種よりも給与が下がってしまいます。
また、昇進を限定しているケースもあるようですので、条件面についてもきちんと把握しておかなければなりません。

エリア限定採用で覚えておくべき注意点

エリア限定採用は、給与や昇給面において不利になる場合が多いものの、地域が限定されてあり安心して働けるのが、なによりのメリットです。ただし、いくつか知っておくべき注意点があります。

①転勤が含まれる募集案件もある

勤務エリアが限定されているエリア限定採用ですが、転勤がまったくないわけではありません。場合によっては、「関西」「関東」など、広めの範囲で設定されていることもあり、異動があれば転居を伴う転勤となる可能性も十分あります。この条件は企業により異なるため、応募の際によくよく勤務条件を確認しておく必要があります。

②キャリアチェンジが可能な応募もある

エリア限定採用は、銀行・証券・保険などの金融業界や、小売・サービス業、建設業、メーカーなどで主に実施されています。そのなかには、エリア限定採用の社員でも、通常の総合職へのキャリアチェンジ制度を設けている企業もあるようです。また反対に、総合職入社であってもエリア限定職へ転換できる企業もあります。
就職活動の際は、総合職を希望していても、エリア限定職へのチェンジが可能なのかどうかなどの条件も確認しておいたほうがいいかもしれません。

エリア限定採用は企業により条件がマチマチなため注意が必要

エリア限定採用は、転勤や転居を望まない人、ひとつの地域に腰を据えて末永く働きたい人にとっては、多くのメリットがある職種といえます。しかし、そのような制約があることで、キャリアの選択肢が狭まったり、同じ業務をこなす人よりも、給与が低く設定されてしまうデメリットもあります。

また、企業によって広めのエリアで設定されていることもあり、その場合、転勤の可能性も否めません。エリア限定採用での働き方を希望するなら、あらかじめ条件は細かくチェックしておくべき。さまざまなキャリアの可能性を視野に入れて、働き方を検討するといいでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

5a334849b2c88964

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント