2019年11月20日(水) 更新

三井不動産に採用されるための志望動機の書き方と回答例

三井不動産対策:受かる志望動機の作り方

三井不動産の主力事業はオフィスビル事業です。総合ディベロッパーとして、東京ミッドタウンや豊洲再開発など、都市の顔とも言える様々なビルディングを作り上げてきました。その中でビルだけでなく、都市そのものを作り上げるという観点から都市開発事業をおこなっています。街づくりという難しい仕事ということで、粘り強く熱い思いを持った人が採用される傾向があるので、そういったことを交えた書き方で志望動機を書くと良いでしょう。

三井不動産への魅力や特徴を交えて作成

このような場合、三井不動産の都市開発への理想像や考え方を志望動機に組み込むと作りやすくなります。下の「志望動機の書き方の例」でも紹介しますが、魅力を語るというのは、「なぜ三井不動産でなければならなかったのか」ということの理由づけにもなります。また、三井不動産ならでは特徴などを組み込んだ書き方で作成するようにしましょう。また、自分自身のスキルなどをアピールする書き方も有用です。次からは、実際に三井不動産の志望動機の「書き方の例」を見ていきましょう。

三井不動産対策:志望動機の回答例①

【回答例】
私が貴社を志望した理由は、「パイオニアスピリット」と「チャレンジマインド」が重要とする考え方に惹かれたからです。私は常に、自己成長のために何かに挑戦し続けたいと考えています。貴社は常識を打ち破る考えの基、様々な商業施設やビルディングの開発をおこなってきました。そういった考えを私も受け継ぎ、社会人としてストイックに仕事に打ち込むことこそ、自分のモチベーションにつながると確信したので、貴社を志望しました。

三井不動産対策:志望動機の回答例②

【回答例】
私が貴社を志望した理由は、三井アウトレットパークが大変好きという気持ちからです。私は、学生時代三井アウトレットパーク入間で働いていました。働いていた期間中、建物の構造や、区分、外観どれをとっても素晴らしい商業施設だと感じていました。その中で就職活動を考え始めたとき、三井アウトレットパークの開発に携わりたいと考えるようになりました。好きという気持ちは働く上で何よりも重視すべきで、自分の成長に役立つはずです。ですので、ぜひ挑戦してみたいという想いで貴社を志望しました。

三井不動産の志望動機でスキルアピールをする際のポイント

「自分自身のスキルをアピールすること」については、人によって持っているスキルが違うので、一概には言えません。ただ、学生時代に学んだことや経験を、三井不動産の業務内容とつなげることができればベターです。

業務内容とスキルを直結させて記載する

三井不動産の場合、志望した総合職、管理技術職、業務職に配属されます。入社後はオフィスビル事業、商業施設事業、アコモデーション(住宅・ホテル・リゾート)事業、不動産ソリューションサービス事業、海外事業、物流施設事業 その他などのそれぞれの部署に配属される流れです。三井不動産の業務は多岐に渡るので、将来的にどんなことをやりたいのか、しっかりと自己分析をしておきましょう。

業界研究におすすめの資料を確認する

不動産ディベロッパーに就職するためには、業界や仕事内容についてよく知っておく必要があります。不動産ディベロッパーについて調べていると、仕事の仕組みや「J-REIT」などの業界用語を聞くことがあると思われます。わからなまいまま進めると、間違った知識で覚えてしまうかもしれません。そこで活用したいのが「不動産業界大研究Book」です。この資料では不動産ディベロッパーの詳しい情報のほかにも、三菱地所で実際に働く社員のインタビューも掲載しています。不動産ディベロッパーへの就職を目指すなら、持っておきたい資料です。

三井不動産の志望動機の書き方は回答例を参考に「企業への思い」を軸に作成する

三井不動産の志望動機の書き方の例を、いくつか紹介してきました。三井不動産は、誰しも一度は見たことがあるビルディングをつくっている企業です。会社説明会に参加して、実際に先輩社員から聞いた内容はそのまま「三井不動産でなければならなかった」という志望動機につながるものですから、かなり使いやすい書き方と思われます。会社説明会に足を運び、社員の方々に話を聞くのも参考になるでしょう。しっかりと自分の情熱を伝えていきましょう。書き方の例は、あくまでほんの一例です。自分なりの書き方で志望動機をまとめることが、何よりも重要です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント