2016年11月29日(火) 更新

ビックカメラを受ける就活生が必ず知るべき福利厚生・教育制度

ビックカメラの福利厚生・教育制度①:社会保険

企業を選択するうえで、福利厚生はビックカメラには自由な社風のもと、各種福利厚生が整備されています。福利厚生を理解しておくことで、ビックカメラへの今後の就職活動や採用面接で役に立つことが多いです。福利厚生を覚えておきましょう。

雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金保険が完備されている

ビックカメラの社会保険は、雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険の保障がなされています。いわゆる「各種社会保険完備」です。保証の種類と内容についてはしっかりと把握しておきましょう。

ビックカメラの福利厚生・教育制度②:休業制度について

ビックカメラには休業制度があり、社員に実施されています。休業制度を知っておくことで、不安を持たずにエントリーができ、業務を早く覚えられる利点があります。休業制度を理解しておきましょう。

週休2日制で年次有給休暇や育児休暇等もある

ビックカメラは年間の休日制度が週休2日制になっていますので、平日を主体に月7日~10日間の休日がもらえることになります。基本的にシフト制で働くことになりますので知っておきましょう。そのほかの休業制度として年次有給休暇や育児休暇等もありますので、覚えておきましょう。

ビックカメラの福利厚生・教育制度③:社内の研修制度

会社に勤めるうえで特徴的な制度は重要な要素のひとつとなります。入ってから確認するでは遅いので、早めの確認を推奨します。また、主な研修制度を確認しておくことで、入社した暁に役に立つと言えます。主な研修制度について紹介しましょう。

OFF-JTやOJTで行う

ビックカメラの社内研修は、OFF-JTと呼ばれる職場外での教育研修をおこなっています。どのような状況下でも冷静に対処する行動管理力を培うために行う研修です。他にも、OJTによる商品知識の研究や、フォローアップ研修などもあります。

ビックカメラの確認すべき福利厚生やOFF-JTやOJT等の教育制度を知っておこう

ビックカメラの福利厚生と教育制度について紹介しました。ビックカメラには様々な福利厚生や研修制度があります。特に新人への配慮が多く、とてもありがたいものになっています。休業制度が充実しており、社員研修制度も充実しているので、安心して入社がしやすい起業であるといえます。福利厚生や教育制度を理解して、採用に向けて努力していきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント