2016年11月29日(火) 更新

D2Cを受ける就活生が知るべき業務内容と労働時間

D2Cの労働環境について①:モバイルを軸としたワイヤレス領域の事業内容

D2Cの労働環境について、初めに業務内容を見ていきます。D2Cは、モバイルを軸としたワイヤレス領域での事業を中心に展開しています。
◆広告・マーケティング事業
メディア事業、広告販売事業、デジタルソリューション事業など
◆コンシューマ事業
コンシューマ(一般消費者)向けアプリ・コンテンツの開発・提供
◆海外事業
アジアを中心とした国々での、ワイヤレス領域における広告・マーケティング事業の展開

部門ごとの業務内容を把握しよう

それでは、D2Cの業務内容を職種別に分けて見ていきましょう。業務内容として、以下のような例が挙げられます。また、このほかにも様々な仕事や業務内容があります。

営業部門の業務内容

広告主や広告会社へ、スマホメディアをはじめとする様々なインターネット広告の企画提案を行う。広告商品の販売やプロモーション手法の提案だけでなく、メディア運営会社と協力しての広告商品の開発・改良なども手掛ける。

メディア部門の業務内容

NTTドコモのメディアについて、担当媒体の広告管理から販売促進まで一貫して行う。それだけでなく、既存広告枠の価値維持と向上、新規商品の開発、媒体のコンテンツ企画にも携わる。

プロモーション企画部門の業務内容

広告主が生活者に届けたいメッセージを、届けたいカタチにデザインする。アナリストやプログラマーと協力して、営業、プランニング、プロデュースまでを担当。仕事の全体像を理解しながら、細部に至るまでに携われる。

アプリ・Webサービス部門の業務内容

一般ユーザー向けにアプリやWebサービスなどを企画開発する。またそのリリースに伴うプロモーション戦略の立案も行う。次世代の育成や発展を意識した活動も行う。

システム部門の業務内容

メディア担当が使用する広告配信システムや、営業の売上管理システムなど、各部門で活用している様々なシステムの企画・開発・運用・保守を行う。多くの情報を取り扱うため、セキュリティに関する業務も重要な役割。

管理部門の業務内容

社内のインフラを整え、業績最大化に向けてサポートを行う。人事・総務・広報・財務・法務などがあり、会社が円滑に運用されるようするだけでなく、経営的視点をもって会社全体の発展を促進する。

D2Cの労働環境について②:労働時間

続いて、D2Cの労働時間についてご紹介します。D2Cの勤務時間は、9時30分~18時となっています。また、このうち休憩が1時間あるようです。

D2Cの休日・休暇制度

D2Cの休日・休暇制度についても見ておきましょう。D2Cは土曜日・日曜日の完全週休2日制となっており、祝日も休みとなっています。年末年始や慶弔、特別休暇のほかにも、入社1年後から1年に1度取得できる、最大5日間のリフレッシュ休暇などがあります。有給休暇は入社日に7日付与されます。年次有給休暇制度は事前の申請が必要なので、会社規定を把握してから申請しましょう。

D2Cの労働環境について③:残業時間

D2Cの労働時間の次は、残業時間を見ていきましょう。D2Cの残業時間は、職種によって異なるようです。広告業界は、繁忙期と閑散期の差が大きい業界でもありますので、注意しましょう。配属される職種がどのくらい残業しているのか、労働時間と合わせて確認できると良いですね。

D2Cの業務内容はワイヤレス領域の広告・マーケティングなどが中心で労働時間は職種によって異なる

株式会社D2Cの業務内容と労働環境、労働時間についてご紹介しました。就活生は、この業務内容やマーケティング・広告業界の一般的な労働環境を知り、エントリーしましょう。D2Cの業務内容はモバイルなどのワイヤレス領域にかかわるものが中心です。
また、残業時間は職種や時期によって異なります。このような業務内容や業界の研究は、志望動機やエントリーシートにも役立ちますので、エントリー前に把握する必要があります。入社後のミスマッチを防ぐためにも、労働時間や業務内容をしっかり把握しておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【内定獲得率5.4倍】特別推薦枠にエントリー

    12/04 (14:00~15:00) 【※オンライン面談※】

【22卒の皆さま宛て】

    都合の合う日時がない方はこちら。エントリー後、お電話で日程調整をいたします。