2016年11月29日(火) 更新

亀田製菓を受ける就活生が知るべき業務内容と労働時間

亀田製菓の主な業務内容は「菓子の製造・販売」

亀田製菓の労働環境についてご紹介します。まず初めに業務内容を見ていきます。
亀田製菓は戦後間もない食糧難の時代に、「女性や子供には楽しみといえるものがないので、生活に喜びと潤いを与えたいという想い」のもと、水飴作りから始まった企業です。今では「亀田の柿の種」や「ハッピーターン」など、老若男女から愛されている商品を製造しています。その企業の業務内容として、菓子の製造・販売が挙げられます。では、この業務内容を詳しく見ていきましょう。

営業や研究開発などの業務がある

亀田製菓の業務内容は職種ごとに異なりますので、確認しておきましょう。職種別の詳しい業務内容として、以下の項目が挙げられます。

・営業職:米菓・スナックのトールセールス、企画提案型営業などを行います。

・研究開発:米菓・スナック・ヘルスケア商品等の商品企画や開発、技術開発などを行います。

・設備開発:製造設備の設計・開発・導入などを行います。

・システム開発:ITシステムの開発・設計・メンテナンス・運用などを行います。

・生産企画:生産工場の企画戦略、生産管理、情報管理などを行います。

亀田製菓の労働時間は原則8時間

亀田製菓の労働環境として、労働時間や休日・休暇制度についてもきちんと把握しておきましょう。まずは労働時間について見ていきます。
亀田製菓はフレックスタイム制度を導入している事業所も一部ありますが、基本的8時30分から17時50分までが勤務時間となっています。労働時間は、休憩(80分)を除いた原則8時間です。

日曜・祭日は基本的に休みで年次有給休暇なども取得できる

このような労働時間の亀田製菓ですが、休日・休暇はきちんと取得できるのでしょうか。
亀田製菓は日曜、際日、盆休、年末年始、G.W、その他会社指定休日が基本的に休みです。また年次有給休暇、特別休暇(慶弔、結婚出産、病気、リフレッシュ休暇)などの休暇制度もあります。
年次有給休暇制度は事前の申請が必要なので、会社規定を把握してから申請しましょう。申請すれば、基本的に休暇が適用されます。

亀田製菓は残業時間が決められている

亀田製菓の労働時間を見ていきましたが、実際はその労働時間通りに退勤できるのでしょうか。残業時間について見ていきます。
亀田製菓の残業時間の明確な数字は、開示されていません。職種によって異なり一概には言えませんが、残業時間が決められているようで、上手く仕事を回せば残業なく退勤することができるようです。しかし、繁忙期や業務内容によっては、仕事が深夜まで掛かることになり、残業も多くなる場合があります。この情報は目安程度に覚えておきましょう。

オンとオフの切り替えができる社風が労働環境に影響している

亀田製菓は、オンとオフの切り替えができる社風の企業です。仕が終わると社員同士の飲み会が開かれるなど、仕事のオンとオフの切り替えを行っています。この社風が、残業時間を設定している所以なのでしょう。
このような社風があり、その環境の中で働くということも意識しておきましょう。

亀田製菓の業務内容は菓子の製造・販売が中心で労働時間は原則8時間

亀田製菓の労働環境の中から、業務内容と労働時間、残業時間について見ていきました。
亀田製菓は職種によって業務内容が異なりますので、ご紹介した内容をよく理解した上で就職活動を行いましょう。
また、勤務時間は事業所によって異なりますが、基本労働時間は原則8時間となっています。残業時間が決められており、定時で退勤することもできますが、繁忙期や業務内容によっては残業が多く発生する場合もあります。この点をしっかりと理解しておきましょう。
この業務内容や労働時間、残業時間は、企業選びや企業研究の参考にして下さい。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【就職浪人をお考えの方へ】卒業後の就活を内定まで徹底サポート!就活支援サービス<マイナビジョブ20’sアドバンス>

    【大阪オフィスで参加の方はこちら】 ※就活相談日時につきましては、この後ご案内するURLよりご予約ください。